スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魂の在り処



761 名無しステーション[sage] 投稿日:2012/06/27 20:36:42  ID:4rOdWVgr(4)
  >690
  どう考えても最後のこれで猿の内臓は破裂してるんだよなぁ
  何も命まで奪うことはないのに

800 名無しステーション[sage] 投稿日:2012/06/27 20:38:38  ID:mwx+PRWM(4)
  >761
  殺されたくなかったら悪いことするな

  という教え。
  今の本はぬるくて、猿が謝罪して許して終わる、というように作り替えられているものもある。

844 名無しステーション[sage] 投稿日:2012/06/27 20:40:32  ID:MvdAYaBz(5) 
  >800
  本来なら登場した奴全員死んでるんだよな

  カニは潰れて
  猿も潰れて
  クリは弾けて
  蜂はミツバチ
  臼はヒビが入って
  糞はぐちゃぐちゃになって

  でも、今は謝って終わりの話

863【東電 77.6 %】 [sage] 投稿日:2012/06/27 20:42:02  ID:/phomKrZ(6)
  >844
  糞をとりあげるなら柿もとりあげてくれよ(´・ω・`)

http://desktop2ch.org/liveanb/1340795893/




以前、あるクイズ番組でさるかに合戦についての問題が出題されていて、興味深いと思いました。
この合戦には、復讐劇の果てには何も残らない、といったメッセージが込められている事を改めて感じます。

復讐をしたところで同じ過ちを繰り返すだけ、ということはわかるのですが、
この中で生命が宿っているのはカニと蜂だけな気もします…。
この物語では牛の糞が登場するのですが、
あたかも、まるで牛の糞にも生命が灯っているような描かれ方がされているのが興味深いところです。
どんなものにでも生命があるものとみなしてキャラクター化するのは昔話に多い気がします。
牛の糞は果たして、ぐちゃぐちゃになったら死んでしまうのか謎です…。
一体どこからどこまでが牛の糞という生命なのか…。

うぅ…とはいえ、この中で生命が宿っているのはカニと蜂だけのようにも思えます。
臼やクリも割れたり中身がでちゃったりしたら生命維持に問題が生じてしまうのだと思います。

ドラえもん等のロボットにおける魂はどこからくるのか、そういったことにも通じるものがありそうです。
その他にも、オリジナルをもとに作られたクローンの魂というのは、
オリジナルと同一なものなのか等々、疑問に感じています。
そもそも魂なんてものが存在しているのか、そこからが謎です…。

« 美人薄命とは|Top|タイトルなし »

コメント

>>ドラえもん等のロボットにおける魂はどこからくるのか
魂の存在を考えるのは夢がありますね、ドラえもんなど色々な発言をシミュレーションされているだけとかだと悲しいですがががが、siri?みたいにー
http://tamashii.jp/item/1563/

>信たまさん

こんにちは!コメントありがとうございます!
ドラちゃんがプログラムか何かで喋らされているのだとしたら悲しいですよね…w
最近はsiriっというアプリケーションもあるんですねー。
ネットにも何かを単語を書くとそれに伴って何か喋って反応してくれるページなどがある気がしますw
たしかに残念ながらそういったアプリには心はないような気がします…;
ドラちゃん並みの心を持ったロボット、いつかできてほしいですw

リンク先見させていただきましたが、
ロボット魂にドラえもんもあるんですね!
ロボットであることに変わりはありませんしw。
ドラえもん関連といえば最近はよく綺麗なジャイアンなどもフィギュア化されてますよね…。
結構欲しいです…w



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allkai.blog43.fc2.com/tb.php/989-35e97942

Top

HOME

矢尾板の麻雀・アニメブログ~目指せ鳳凰卓~//矢尾板様 喪ぐら//伊東様 蒼天遍歴//MOZ様 StarShip//オリオン様 はんちく荘//ぶぼ様

YRN

Author:YRN
趣味はひとり桃鉄、DX人生ゲーム2など。
好きな作品は北斗の拳 DB キン肉マン Zガンダム
ヤマジュン作品 初代ときメモ )等。
 

当ブログはリンクフリー・アンリンクフリーです。
  
何かございましたらこちらへ!
amii_k_r@yahoo.co.jp


-天気予報コム- -FC2-

生活習慣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。