スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄色人種



ちょっと絵について考えてみたいと思います。
絵というかPC上のイラストというか、個人的で身近で素朴なところの問題ですが。

・アニメ塗りについて
・デッサン力を向上させる方法とは
・肌色とは
・「緑の使い方が観念的で巾(?)がない」


普段気になっているのはこんなところでしょうか…。


まず、イラストによくみられる塗りの手法の一つであるアニメ塗りについて考えてみたいと思います。
自分はこう、アニメ塗りが好きです。
アニメが好きだからアニメ塗りが好きという理由です…。
自分が描いた絵がアニメにでてくるような感じに仕上がったとしたら、すごくワクワクではないか、などと考えてよくアニメ塗りをします…。
なおかつ、個人的に柔らかいブラシを使った塗り方だと、色が濁ってしまって汚くなるというのがよくあります。
アニメ塗りって一体何が凄いんだろう…、ア、アニメ塗りにも限界があるのではないか…?、
一般的な塗り方との違いやメリットとは…。そんなことがふと気になりました。

今気付いたのですが、アニメ塗りというのはアニメというのを主として描き上げる塗り方であって、
(PC上での)絵画的な塗り方とはまた別の次元というか土俵が違う塗り方ではなかろうか、ということを思いました。
だからこう、アニメ塗りは他の塗り方と比べようがないというか、
絵画的な塗り方などとは技法そのものが違う、のかな、っと…。
技法が違うと言ってもPC上で絵を描くという点においては、アニメ塗りでもいわゆるCG塗りでも変わらないのですが…。
そこまで言ってしまったら、日本画や油絵や水彩画やフレスコやテンペラや版画とかとか、
とかをそれぞれ比べるのと似たような感じになってきそうな気がします。
こういった技法にはそれぞれの良さがありつつ、
優れた人物がどの技法で絵を描こうと素晴らしい作品が生まれるというものです…。
技法そのものに疑問を抱くよりも、自身のセンスというのを磨くべきなのだと悟りました。


次はデッサン力を向上させるには、ということついてちょっと考えてみたいと思います。
聞いたところによると、美術解剖学の本を読んだり学んだりするとよいらしいです。
そして動物園に行き…動物の筋肉の動きを観察して…筋肉を意識してデッサンすることが…効果的らしいです…。
自分にはそれができなくて、できなくて…。

次は肌色について考えてみます。
また個人的な話ですが、人物の肌を塗る時、日本人的な人物であれば、
今までな・ぜ・か・赤みが強い肌色を選んで塗っていたのですが、
日本人は黄色人種と呼ばれるだけに、もっと黄色みの強い肌色を塗った方が日本人ぽくみえる気がしました…。
日本人ぽく見えるっと言うか、色が落ち着いて見えるというか…。
赤みの強い肌色で塗ると、ザ・テリーマンというか、欧米系の人種を彷彿させるかもしれないと気付きました…。それはそれでよいのですが…。

次は「緑の使い方が観念的で巾(?)がない。リズムが悪い」 という言葉について考えてみます。
この言葉は先生的な人物に実際に昔自分が評価された時の言葉であります…。
木を描いた油絵に対して、このようにおっしゃっていただきました。
観念的という言葉がわからず辞書で調べたら、気持ちが定まってない、というような意味合いでありました。
何も考えずに葉っぱの部分を塗っていたのを正に悟られたと思い、やはりわかるんだ!!っとびっくりしてしまいました…。
絵にもリズムがあるとは思ってもみませんでした…。
これ以来、PC上で何かを塗る時には観念的にならぬように気をつけようなどと思うようになったものです…。
それでも何も考えずに塗る時の方が多いのですが、
やはり何かしらを考えながら塗ると、見る人が見ればなんらかのリズムを感じてくださることがあるのかもしれません。
まずは自らがリズミカルになる必要があると思います…。



そう、2008年頃黄色人種育成ゲームというのが発売されたそうです。


【2008年】☆イエローW(わっはは)☆【発売】
 http://mimizun.com/log/2ch/gamenews/1147464763/


育成がうまくいくと黄色人種のアンドロイドが自宅に送られてきたり、
オンラインゲームで黄色人種を横綱に仕立て上げたりできるゲームらしいのですが、
未だに手に入らなくて残念に思っています…。とてもおもしろそうなゲームであります。

« 流線形|Top|ここに建てた病院と○○!! »

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>非公開のお方

こんばんは!いつもコメントをありがとうございます!

>YRNさんのイラストを見ているとどうしてこうワクワクが収まらないのかなと常々疑問に思っていたのですが、

えぇぇぇぇ!そんな風に仰って頂いてありがとうございます…!
自分はただアニメが好きという理由でアニメっぽい塗りをしていただけなのですが、
そのアニメ塗りが、動きや躍動感のようなものに繋がるとは思ってもいませんでした!
身に余るお言葉ばかりを頂き、思わず照れてしまい申し訳ないほどでございます(´Д⊂ヽ
動きのある絵というのは、様々な高度な技術を要されそうでありますが、
自分ももっとしっかりと動きというのを意識して絵を描いていけたらなと思いました!
本当にありがとうございます!

>デジタルはアナログよりも色がツルツルして見えるという
そうですよね!
アナログは画用紙等に描きますから、画用紙のザラついた感じがよく絵に反映されるんでしょうね~。
なおかつ、デジタルよりも人の手を感じさせる出来栄えになるのを感じます。
アナログでデジタルをも震撼させるような絵を描かれる方は本当に凄いと思います…。

>仰るような日本画とか油絵とか、よく分からないのですが
自分もほんのちょっと囓った程度でありましてw、
ほぼ何も知らないのと同然でございます…orz。
日本画が材料や手間などの問題で、思ったよりも大変だと聞いたことがあります…。
フレスコというのを1回だけやったことがあるのですが…、
いわゆる壁画のようなもので、壁になる材料を手頃なサイズの木の枠に流しこんだりしながら絵を描いていった記憶がありますw
絵を描くよりも壁を作る作業そのもののほうが印象的でした…w

>人でも動物でも筋肉を意識して描くだなんて別次元の考え方に思えるくらい凄い着眼点ですし
どこにどの筋肉があるか等をしっかりと把握した上で描かれる絵というのはとても凄そうですよね…。
筋肉だけでなく骨や器官など、身体の内側を意識して描けるほどのレベルに憧れます…。
医学的に人体に詳しい方などは人体の絵がすごく上手そうですw

>黄色と黒と白の三色でも皮膚にするとやっぱり各々違うものなんですね
仰るとおり人種で肌はそのように分類されますが、
それぞれでまた違いがでてくるものなんでしょうねっ。
日本人でも色黒な人や色白な人と沢山いらっしゃいますし…。
思えば"肌色"というのはひとつじゃないんですよね。
その人しか持っていない肌色というのがこの世に多数存在していると思うと、
キャラの肌色を塗る時なども、他のキャラと一緒にしちゃいけない!っと思えてきますw

>私の手の平は、冬に蜜柑を食べ過ぎて真っ黄色になっちゃいます
わかりますww
お正月中にはコタツなどで沢山頂いてしまいますよねw
足の裏も黄色くなると聞いたことがあります!
これも黄色人種の定めというものなのでしょうか…。

>緑の使い方やリズムの良し悪しに至るまで…
アートの世界はレベルが高すぎて、一筋縄ではとても理解できないものがあると感じます…。
人によって絵の評価の仕方や解釈の仕方が全然違っていたりするのもあって、
奥深さや未知を感じずにいられません…w
絵なのにリズムという単語がでてくるのがまず凄いですよねぇw

>作曲に久石譲さんを充てるというのが
ジブリ等で有名な方ですよね!
それにしても久石先生の無駄遣いとしか思えないようなゲームですww
でも本当に存在したら意外にも流行りそう(?)なゲームだと思いますw

ではでは、コメントありがとうございました!
いつもありがとうございます(ノД`)










>そげ沢様

こんばんは!コメントくださりこの度もありがとうございます!


>個人的な意見なんですが~
>ものすごく本家様に近いのに、そこにまたヨラノさんの描くオリジナルの色気が配色されるというか…


お褒めのお言葉を誠にありがとうございます(ノД`)
自分の絵に色気があるなんて思ってもみないお言葉でありましてビックリしてしまいました!orz
ただキャラを頑張って描こう!と思っているだけで、
色気をだそう!と意識できるほどではないのですが、
キャラの自然な色気というものもし出すことができていたとしたら凄く嬉しいと思いました!
ありがとうございます…!
色気というものをもっと意識して描いていきたいと思いました!

それにしても色気って未知ですよねw
ただ普通に胸元や下半身(?)を出しただけではなかなか色気って出ない気がするのですが、
そこに何かプラスアルファが加わって初めてセクシーと言えるような気がします…。
自分自身が色っぽくならなければこの感覚は掴めないのかも知れません…ww

>ほ、本当に大好きです。はい。これしかいえなくてすいませんw
そうまで言って頂いて、自分には勿体無いほどのお言葉であります…うぅ…。
そげ沢にお気に入りいただけるような絵を描くことができて自分もとても嬉しいです!
素敵なラブコールをありがとうございました(´Д⊂ヽ

>実は私も絵を描いたりサイトがあったりするのですが、もんのすごく参考にさせてもらっています
さようなのですか!!
そげ沢様は絵を描かれるお方なのですね!
自分のような絵を参考にしていただいているなんてもう感謝で頭があがりません…。ありがとうございます…。
そ、その、よろしければそげ沢様の御サイトを拝見させていただきた…いえ、無理にとは申しません…。


>例えばデッサン、配色等全てにおいてカンペキな絵描きさんがいたとしても、
>なんとなく描く方の滲み出る色気が無いと魅力も半減じゃないかな…とか、とか、恐れ多くも思ってしまいます;:


!!!
そういった現象もあるんですね!!
今まで絵を描いてきた中でとても衝撃的に思わせて頂きました…。
じ、自分は数年くらい絵をだらだら描いてきたのですが…、
人物のデッサンがその数年前と比べてもうまくなった気がしなくてw、
自分にはデッサンはダメなんだな、って諦めてたんです…w。
でも、デッサン以外でも、別に何かその欠点を補えるものがあったとしたら、
そこにまた別の価値が生まれるのかもしれない…っと、今思いました!
なにか、そういうことが本当にできたら素晴らしいなって思いました。
うぅ、革命的なお言葉をありがとうございます…!

>私も絵はすごく勉強中なので、こんな事言うのもすごくおこがましいんですが^^;
おお、絵を勉強中でございますか~!
絵は見るのも描くのも楽しいですよねっ。
是非頑張ってください!!


>あと、前コメントの美樹さやかちゃんスキーで親近感を持ってくださった事がすごく嬉しかったです///
>さやかちゃんありがとうwwwしかしお互いほむほむに行かなかったのはなんだか以外ですね^^
>(ほむらちゃんはなんとなく一番人気?のイメージがあって…!)


こちらこそありがとうございます!orz
厚かましいことを言ってしまったかなと思ってしまっておりました…w。
好きなキャラが一緒というのはとても喜ばしいことだと思います!
ほむらちゃんは、身のこなし等がカッコイイですが、その言動が全てまどか中心なのがな~なんてちょっと思ってちょっと苦手です…w。
ほむほむも人気なイメージですが、マミさんも凄く人気があるイメージですw

>いつもお相手してくださりほんとにありがとうございます…!!
いえいえ、こちらこそ何度も本当にありがとうございます!
そげ沢様とお話ができてとても光栄でございます!
それでは!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allkai.blog43.fc2.com/tb.php/932-d47cd52c

まとめtyaiました【黄色人種】

ちょっと絵について考えてみたいと思います。絵というかPC上のイラストというか、個人的で身近で素朴なところの問題ですが。・アニメ塗りについて・デッサン力を向上させる方法とは

Top

HOME

矢尾板の麻雀・アニメブログ~目指せ鳳凰卓~//矢尾板様 喪ぐら//伊東様 蒼天遍歴//MOZ様 StarShip//オリオン様 はんちく荘//ぶぼ様

YRN

Author:YRN
趣味はひとり桃鉄、DX人生ゲーム2など。
好きな作品は北斗の拳 DB キン肉マン Zガンダム
ヤマジュン作品 初代ときメモ )等。
 

当ブログはリンクフリー・アンリンクフリーです。
  
何かございましたらこちらへ!
amii_k_r@yahoo.co.jp


-天気予報コム- -FC2-

生活習慣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。