スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眉なしの兄ちゃんとは



近代麻雀オリジナル新連載 『レッドドッグ・ノガミの秀』 これはコケる(´・ω・`)
  http://ameblo.jp/mj-book/entry-11135110757.html    


麻雀本を斬る!麻雀ゲームを斬る!!』のG・ウザク様が『レッドドッグ・ノガミの秀』のレビューをされていて、
そのご内容というものに刮目させて頂きました(´Д⊂ヽ

自分も以前この作品のレビューをさせていただいたのですが…、
『レッドドッグ・ノガミの秀』は麻雀漫画で、なおかつむこうぶちの外伝である、というのがほぼ頭に入っていたいなかったのを思い知らされました…。
自分では気付かなかったところを見事にご指摘なさってくださっていらしてました。
麻雀漫画という観点…、むこうぶちの外伝であるという見方でこの『レッドドッグ・ノガミの秀』を見た場合、
なかなかちょっとチャーミングポイントというのが抑えられていないのを的確に感じさせて頂きました。

レッドドッグ・ノガミの秀を読んでいて、闘牌の描写が結構省かれているのを感じました…。
闘牌よりもだいたいのストーリーを重視する系なのかなっと、
赤名修先生の『TATTOO』のようなテイストなのだろうと気にしてなかったのですが…、
やっぱり麻雀漫画として楽しめるのは闘牌とストーリーが絡み合っているようで、
なおかつ読者自身がレクチャーとしても楽しめて活用できるようなものだろうと思うのでありました。

あと、この漫画は34歳の若かりし秀さんのお話なのですが、
その秀さんの姿というのが、確かに似ていないことがよくわからせていただいように思います。
若い頃だからこんなものだろう…っと初見の時は思っていたのですが…、
むこうぶち本編の秀さんには眉毛がないのに対し、
『レッドドッグ・ノガミの秀』の秀さんには眉毛がしっかり描き込まれているのが大いなる相違点だと感じました。
秀さんの若い頃だから眉毛もその時は生えていたんだろうと思いましたが、
むこうぶちに出てくる多河のお兄さんなどは、若いにも関わらず眉毛がないという事実が蘇りました。
眉毛があるかないかだけで、顔から滲み出る悪人っぽさというのが変わってくるようにも思います。
眉毛はないよりはあるほうがいいかもしれませんが、眉毛がない男の人も大変素敵だと思います(;´Д`)
(でももしかしたら秀さんは、時を経て超サイヤ人3のようになって眉毛が無くなってしまったのかもしれません…。)

でも眉毛のあるなしに関わらず、『レッドドッグ・ノガミの秀』は見守っていきたいと考えています。
良い方に進んでいってくれれば良いのですが…。
で き れ ば ロケットでつきぬけろ!とならないことを願います。

« おっぱいおっぱい|Top|絶倫になるには »

コメント

闘牌漫画としてはアレですが

万が一傀がその漫画に出てきたら不老説が確定で胸熱なので、どこかのコマの端に出現してないかチェックすることにします。

>斎藤さん

お久しぶりです!
コメントありがとうございますorz
『レッドドッグ・ノガミの秀』はネット上だとあまり人様の感想や反応が見受けられないので、
世間の反応はどんなものか興味があっただけにコメント嬉しく思います!
確かに闘牌漫画としてはアレですよね…w

ファンサービスとして傀さんがモブで出てきたら面白いかもしれませんね!
傀さんは痩せている安永さんと会っている時から変わってないのを考えると、
秀さんが34歳の時でも変わらずあの形態を保っていそうに思います…w
自分もくまなくコマの隅っこを確認したいと思いますw
本当に不老説がでてしまったどうなることか想像つきません…w

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allkai.blog43.fc2.com/tb.php/854-47f4b7cd

Top

HOME

矢尾板の麻雀・アニメブログ~目指せ鳳凰卓~//矢尾板様 喪ぐら//伊東様 蒼天遍歴//MOZ様 StarShip//オリオン様 はんちく荘//ぶぼ様

YRN

Author:YRN
趣味はひとり桃鉄、DX人生ゲーム2など。
好きな作品は北斗の拳 DB キン肉マン Zガンダム
ヤマジュン作品 初代ときメモ )等。
 

当ブログはリンクフリー・アンリンクフリーです。
  
何かございましたらこちらへ!
amii_k_r@yahoo.co.jp


-天気予報コム- -FC2-

生活習慣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。