スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SMとは




 ■「SM診断テスト」
  http://www.sanwapub.com/sm_shindan/index.html



※18禁注意…。
三和エロティカという出版社様の公式サイトにこのような診断があり、興味深く思いました…。
質問内容が本格的な感じがして、結果の信憑性が高いように見受けられます。
自分がやってみたら何度やってもマゾヒスト的な結果にしかなりませんでした。
どうやったらサド的な結果がでてくるのか謎です…。
結果の文章に「きっと虜になるだろうから、一度SMプレイを試してみるべきです」といった事も書かれていて、
ヒョエーっとなってしまいました。SMの世界ってど、どんな感じなんでしょう…。

イメージ的にSMプレイというのは、"プレイ"と言う名の通り、愛情表現のひとつのように思います。
『笑ゥせぇるすまん』の喪黒さんも、SMこそが究極の愛情表現だというような事を聞いたことがあると言っていらしたように、
通常のコミニュケーション以上の交友を図ることが出来る行為なのかも知れません…。
で、でも、自分が興味があるSMというのは、(あくまで2次元の話ですが)、
そこに愛がないのがいいというか…、こ、こう、
ご、ご主人様が奴隷の事を本当にモノみたいに扱ったりしつつ、
ただただ奴隷が恥辱にまみれている姿を御主人様が楽しんでいるような感じのものに興味があります…。
に、肉体だけの関係というか…、愛情表現というわけではないような感じの…。
以前、そんな感じの官能小説を読んでから、そんな感じのものに興味がでてしまいました…。こういうのはSMというのだろうか…。
といっても実際に自分がそういう風なのをやられたいかというと謎です。
アミバ様のような御主人様がいたら…。


他にも…、この、三和エロティカという出版社に、
カルテ通信」とい名の日本唯一の医者マニア雑誌というのがあって興味深く思えてしまいました…。
こんな雑誌が発売されていたなんて、世界は広いと…。
一体どういった層に需要のあった雑誌なのか気になります。
お医者さん自身が購入するようには思えない感じがします…。


…そういえば以前こんな書き込みを見かけてなるほど!っと思ったことがありました。


産婦人科医ってお×××見ても興奮しないの?
 スレより
http://unkar.org/r/hosp/1289147685

29 :卵の名無しさん[sage]:2010/11/17(水) 17:05:04 ID:vMG9znFp0
    漏れが以前とある産婦人科医に同じ事を聞いた時に返ってきた答え。

    例えば、銀行員は仕事で毎日のように札束を見てるが、それにときめく事はない。
    でも、プライベートで札束を手にすれば興奮するだろう。
    それと同じだよ。

    だそうな。

30 :卵の名無しさん:2010/11/18(木) 12:06:25 ID:KPvBNu9Z0
    分かりやすいね。
    たまに横領する人もいるものね。

31 :卵の名無しさん:2010/11/20(土) 20:17:20 ID:URggUU0i0
    確かに分かりやすいw




仕事とプライベートは別…、たしかにその感覚がわからないでも無いです。
プライベートを満喫している産婦人科医の先生を想像すると微笑ましくなってしまいます…。

とにかく、SMや医療系プレイというのは体験したことのある方にしか分からない激しい情熱を秘めたものなのだと感じました。
オタク的な自分には、そういった世界もある、っというのを遠目で感じつつ、
妄想や空想だけで満足するのが一番いい方法だと感じました…。

« 紙に描かれた男の人って…|Top|大嫌いだけど大好きという感覚 »

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allkai.blog43.fc2.com/tb.php/815-6bff0d63

Top

HOME

矢尾板の麻雀・アニメブログ~目指せ鳳凰卓~//矢尾板様 喪ぐら//伊東様 蒼天遍歴//MOZ様 StarShip//オリオン様 はんちく荘//ぶぼ様

YRN

Author:YRN
趣味はひとり桃鉄、DX人生ゲーム2など。
好きな作品は北斗の拳 DB キン肉マン Zガンダム
ヤマジュン作品 初代ときメモ )等。
 

当ブログはリンクフリー・アンリンクフリーです。
  
何かございましたらこちらへ!
amii_k_r@yahoo.co.jp


-天気予報コム- -FC2-

生活習慣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。