スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傀一色の日々



…先日、傀さんとの日々を振り返ったことによって、
なんだかこう、気持ちに終止符を打てたような感覚を感じました。
真の意味で、自分の中で作り上げた傀さんの幻想に別れを告げることができたような気がします。
傀一色の日々…、それは傀さんのニセモノとの日々に他なりませんでした。

長期連載を経て変わっていく傀さんの姿に疑問を抱くようになってしまってから、
自分は『むこうぶち』とずっと向き合えないでいました。
後堂さんや麦チョコを抱えた江崎さんが登場して話が盛り上がっても、
その内容に深く入り込めませんでした…。
なんかこう、自分の中にあった傀さんの像を捨てられませんでした…。

そしてそんな蟠りを抱えるようになってから、
いつしか自分の中の傀さんの像や、現在連載中のむこうぶち、というものを…、
心の奥底に封印していた…というのを今になって感じます。
(毎号近代麻雀を読んではいたのですが…。)
ちょっと文学的ですがそうやって封印したものを今になって紐解いた…という感じです…。

ずっと、心から「むこうぶちが好き」と言えませんでした。
でもやっと…その言葉を言えます…。
過去のハードボイルドなむこうぶちも、今のほんわか路線(?)のむこうぶちも、
むこうぶちは、むこうぶちなのです。
どんなに変わってしまっても、傀さんは傀さんのまま、むこうぶちの中で生きているのです。
それを見守りつつ、気になった所があれば今までどおり語っていきたい、っと尚更そう思いました。

むこうぶちブログ復活!!…とまではいかないまでも、
ブログ説明などに「むこうぶち」という文字を戻すことができました。
自分にとって、詳しい漫画といえばやはりむこうぶちなのです…。
何かを例える時や考える時もパッと思いつくのはむこうぶちにおける物事が多いと言うか、
むこうぶちは自分にとって凄く話のネタにしやすいんですよね…。
むこうぶちにおける水戸黄門的でありつつバリエーションの多い内容がそうさせているのかもしれません。


「深く暗き孤独を背負い、堕天使は闇夜に降り立つ――。」(むこうぶち1巻表紙の見返し部分より)


傀さんの孤独と、人間が持っているような孤独は、とても共有できるものでは…ない…。
人間をやめて真のむこうぶちになる以外には…。(元むこうぶちという剽軽なおじさん等もいますが)
自分は傀さんの孤独な生き様を、遠くで見守りながら、
自分は、自分の孤独というか自分の道を噛み締めて進んでいきたい…と感じました…。
その道の先で出会ったトキのニセモノさんの木人形になる妄想をする日を夢に見ながら…/(^o^)\

傀さんに出会ったから今の自分がある…。
な、なんかこう、自分がむこうぶちのゲストキャラになって、
傀さんと出会ったことで人生の岐路に立たされたような気分に浸れました…w。
そういう意味で、このブログは「傀一色の日々」のままでいいんだ…っと思えました…。わああああ!!

むこうぶちはこんな風に、読者に生き方について考えるきっかけを様々に与えてくれるような漫画であります…




むこうぶち 1 (近代麻雀コミックス)むこうぶち 1 (近代麻雀コミックス)
(2000/11)
安藤 満

商品詳細を見る

« "もしも"と二次創作|Top|天才と独学 »

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>非公開のお方
はじめまして、ご来訪ありがとうございます!
祝福のお言葉を一言述べて頂いて、とても心が温まりました…。
わざわざコメントをくださって嬉しい限りです。ありがとうございました!orz

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allkai.blog43.fc2.com/tb.php/790-8e54ba8e

Top

HOME

矢尾板の麻雀・アニメブログ~目指せ鳳凰卓~//矢尾板様 喪ぐら//伊東様 蒼天遍歴//MOZ様 StarShip//オリオン様 はんちく荘//ぶぼ様

YRN

Author:YRN
趣味はひとり桃鉄、DX人生ゲーム2など。
好きな作品は北斗の拳 DB キン肉マン Zガンダム
ヤマジュン作品 初代ときメモ )等。
 

当ブログはリンクフリー・アンリンクフリーです。
  
何かございましたらこちらへ!
amii_k_r@yahoo.co.jp


-天気予報コム- -FC2-

生活習慣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。