スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山奥の部屋とは




■タコ部屋から逃亡してきました 1/4
http://gkbr2ch.blog129.fc2.com/blog-entry-64.html

■1年間、山で監禁されてて先月社会復帰したけど質問ある?
http://hamusoku.com/archives/3676631.html

■蛸部屋にいた話するわ・・・・・・
http://vipsister23.com/archives/4598876.html


最近よく、こういった部屋の話をネット上で目にするのですが…、
その惨状というのが凄まじくて目も当てられないくらいになってしまいます。
普通に自由に毎日を生活できるという事自体が有難いものであると思い知らされました。

これらのお話では、狭い部屋に収容され借金返済のために強制労働を強いられる経過が記録されています。
生きるために必要な最低限の食事代や布団代ですら高額な費用が請求され、
それは借金返済に当てられる金額はもはやマイナスになるほどヒドイもので、
いつ出られるのかもわからないまま生きる歓びを失い…労働者が人間らしさを失っていく過程が恐ろしかったです。


個人的に印象的だったのは…
↑の一番上のエピソードの中で、給料日の際に月1度の宴が行われるという展開において、
一人の熟女が情婦として現れる、というところです。
その情婦は、避妊具ナシでも構わんというおじさんと交わしてしまうのですが、
実は情婦は病気を持っていて、運の悪いことに病気がおじさんのちん○んに感染ってしまい、
それが毒キノコのようになってしまうという話が壮絶に思いました…。
避妊具を買うだけでも高額な費用を請求されつつ、
もし病気を感染されたら、その環境では治すことができない、という事実がただ恐ろしく思いました。
病気だけでなく、虫歯なども問題になりそうなものです…。

DQN「お前殴られたいのか ぶっ殺すぞ」
川口「やれるもんなら やってみろよ」
川口「俺は天涯孤独の身だ 生きるも死ぬも関係ない」
川口「失う物など何も無い お前と刺し違えて死んでやるさ」
DQN:・・・・・・・・・・」



同エピソードの中でこういったやり取りも交わされていました…。
その壮絶な覚悟には言葉を失ってしまいます。


…………フィクションですけれども、『むこうぶち』という作品において、
麻雀で多額の借金を作ってしまった江崎さんという人が、
密航船の上で3年間働いた後に地上に降り立つという展開がなされています。
船を乗る前と乗った後では、江崎さんの性格に大きな違いが生じていて、
江崎さんは誰がどう見てもワイルドになっていました。
密航船での労働環境というのが、↑にでてくるようなエピソードのような過酷なものであったとすれば、
江崎さんのその変貌ぶりには大きく納得してしまいます…。
逃げ出したくなるような過酷な環境で江崎さんを支え続けたのは、
自分をこんな目に合わせた男への復讐心だけだったのだと思います。

そんな江崎さんの海の上での心情や、
陸を上がった後の江崎さんの漢の姿というのを深く読んでみたい…っと思ってしまいました。
噂だと、江崎さんの外伝が来月で終了してしまうようで少しショックを受けています…。

« 2次元と3次元の境界とは|Top|ナメコ汁 »

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allkai.blog43.fc2.com/tb.php/785-093464af

Top

HOME

矢尾板の麻雀・アニメブログ~目指せ鳳凰卓~//矢尾板様 喪ぐら//伊東様 蒼天遍歴//MOZ様 StarShip//オリオン様 はんちく荘//ぶぼ様

YRN

Author:YRN
趣味はひとり桃鉄、DX人生ゲーム2など。
好きな作品は北斗の拳 DB キン肉マン Zガンダム
ヤマジュン作品 初代ときメモ )等。
 

当ブログはリンクフリー・アンリンクフリーです。
  
何かございましたらこちらへ!
amii_k_r@yahoo.co.jp


-天気予報コム- -FC2-

生活習慣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。