スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みうしなあったあああっっ




「傀は哀しみしか生まぬ…なのになぜ哀しみを背負おうとする、
 なぜ苦しみを背負おうとする」


ふとこんなことが気になりました。
一体なぜ人々は大きな代償を負いつつも、傀との再戦を望むのでしょうか…。


それはおいといて…、
なんというか、脳内の二次元嫁と呼ばれるキャラの像を見失う瞬間というのを少し感じてしまいました。
今までの「萌えー」という気持ちの高ぶりが、
突然「あれ…?」っとなってしまうような…うまく言葉に出来ないような喪失感を味わいました。
相手の嫌いなところなんて一つもない、と考えているにも関わらず
心のどこかで説明しようがない心変わりというのを感じてしまったら…、
自分の方が変わってしまったら…、それは終わりなんじゃないかと、
本当にそうなっちゃったらまるで手の施しようがないと愕然としました。

二次元キャラが教えてくれた歓びや、ときめき、メモリアルを失ってしまったら…、
それと出会う前の元の生活に戻るなんてことを考えたら、とても耐えられないものがあります。
あみちゃん無しの生活なんて考えられませ…

でも、二次元キャラは絵です。
絵だからこそ姿を変えずにずっとそこにいてくれるのです…。
もし自分の心が変わってしまったら、
また元の気持ちに戻るように心変わりすればいいじゃないか、と段々ヒャッハーしてきました。

あと、『キン肉マン』において

「オモイヤリ+ヤサシサ+アイジョウ=友情」

という計算式が出てくるのですが、
なぜ愛情に思いやりと優しさをプラスすると友情になってしまうのかが長年の謎であります。
愛よ…

« 加齢に御無礼!年齢が未設定なキャラの歳をどう考えるべきか!!|Top|エロすぎる歌詞とは »

コメント

…何かありましたか?あった…ようですね。

>キャラの像を見失う瞬間
自分にも、いつかその時は来ると思っています。
ただ遅いか、早いかの違いであって。
「萌え」で補正されていたけれど、実は不満に思っていた点が
積もり積もって閾値を越えた時、ソレは決定的なものとなって襲うのだと。

ですがYRNさんが仰るように、確かにキャラは
絵の中に変わらずその姿を留めてくれます。
また自分の場合、そのキャラが自分の中でどういった役割を
果たしているのか見極めるようにしています。
例えそれが、はたから見れば自己陶酔的な行為であっても。
そうすれば、例え『二次元嫁』の姿形は変わってしまっても、
必ず彼はその中で生きているのだと、どこかで温かな邂逅が
あるのだと…。

>「オモイヤリ+ヤサシサ+アイジョウ=友情」
な、難解な計算式ですね…。
キリスト教でも、仏教でも「アイジョウ」には色々な種類がありますからねぇ…。
一方的な、独善的な愛情を諌めて、相手に対して思いやりや、優しさを
持つことが真の『友情』の一歩ですよ、といった感じでしょうか…。
拝読したことがありませんので、この作品における『友情』が
どの位の価値を持っているのかがわかりませぬ。
もし『友情』が最大のテーマであるなら一般的な友情とはナットイコールで、
キリスト教における隣人愛とかアガペーとかフィーリアとかの意味に
近くなるのかもです。

例え貴方から自分がどのように見えていたとしても、
自分は変わらず貴方の心の安寧を願っております。
それでは。

>伏さん

こんにちは!
コメントありがとうございます…!


>…何かありましたか?
そ、その…ww、
このブログにアミバ様の考察を書こうとして…w、
書きつつ、アミバ様はこうだからこそこうなんだなぁ…っとしみじみ感じて、
自分の中のアミバ様像が明確になりすぎたために…ww、
逆に、あれ、今まで自分の中にあったアミバ様像はどこに…、っと、
ほんの些細な間…、凄い喪失感を感じてしまったのです…。
最初はなんで喪失感を感じるのかがわからなかったので…、
自分が心変わりしてしまったのか…っと不安でしょうがなかったのです…。
でもやがて「あれ…?」となってしまった理由がハッキリとわかってくると、
そうだったのかーwwwっと笑って済ますことができていましたw
そんな風に今はもう、順応していってますw
こんな風にしてキャラを知っていくんだなぁ…なんてほのぼのしています…w。

>そのキャラが自分の中でどういった役割を
この考えはしっかり持っていることは大切でしょうね…。
自分がなぜそのキャラを好きなのか、
そのキャラは自分に何を与えてくれるのか…というのがハッキリしていると、
とても安心できるし、気持ちに自信が持てるというものです…。

>姿形は変わってしまっても
環境の変化の激しい連載の中で、
最初の頃とキャラのイメージが変わっている、というような事があるものですよね。
その変化の全部を受け入れて、それをひとつのキャラとして自分の中で保つのはなかなか難しいことだと考えます…。
個人的には、ありのままを受け入れたい…、困難がつきまとうからこそいい、と感じますけども…w。

キャラが自分にどんな役割を果たしてくれているのかを念頭において、
例えキャラへ自分の理想を若干ながら見出しても、
自らの中でキャラが生きていてくれるのであればそれはそれで問題ないと思います。
キャラが生きていてくれるからこそですし…。


>もし『友情』が最大のテーマであるなら一般的な友情とはナットイコールで、
>キリスト教における隣人愛とかアガペーとかフィーリアとかの意味に
>近くなるのかもです


す、すごいですね!!ww
キン肉マンって本当にそういう漫画です!
友情が最大のテーマな漫画なんですよww。
ここでいうアイジョウというのは確かに、男と女などとは別の愛ですねぇ…w
この計算式の解釈がやっとうまくできましたよ~!!
これは…、キン肉マンにおいて、ロボットでも超人(人間とは別の種族…)でもないウォーズマンというロボ超人がでてくるのですが、
彼が自分を見失って残虐な戦いをしている時に、
この計算式を自問自答して友情という答えを導き出したしたことで正気を取り戻すという時に使われたものです…w

>自分は変わらず貴方の心の安寧を
いえいえそんな…、うう…ありがとうございます!
こちらこそ同じ気持ちでありますorz
絵は形を変えることはありませんが、
人間同士というのは一般的にはもっともっと複雑なものなんでしょうね…。
そんな中でそんなふうに思ってくださるなんて有難すぎるというものです(つД`)

>一体なぜ人々は大きな代償を負いつつも、傀との再戦を望むのしょうか…。
正しい答えなどないのかもしれませんが、やはり第一巻での安永さんのセリフに尽きます。
「出会ってしまえば惹かれるしかない…か」と…。

>突然「あれ…?」っとなってしまうような…うまく言葉に出来ないような喪失感を味わいました。
幸い、自分がずっと好きでいるキャラに対してはまだそんなことはないので、共感はできませんが…。
もしそうなったらと思うと、寂しいですな…。
もう何年も好きでいるので、それが冷めてしまうのかと思うと…。

>また元の気持ちに戻るように心変わりすればいいじゃないか、と段々ヒャッハーしてきました。
確かに…二次元であるがゆえに触れられませんが、ずっと変わらないでいてくれる、ということは一理ありますね。
そこで待っていてくれると思えばいいんじゃないでしょうか。

>「オモイヤリ+ヤサシサ+アイジョウ=友情」
きっとキン肉マンの世界では、全てを包括しているのが友情なんですよ。
ほら、復活したウォーズマンにインプットされた「氷の精神」を溶かしたのも「友情」だし…。

>名無しさん

コメントをいつもありがとうございます!orz

>「出会ってしまえば惹かれるしかない…か」
なるほどーーーっ、激しく納得致しました!
正にこの台詞につきますよね…。
ギャンブルという、生き死にの激しい世界だからこそまた…。
なんというか、熱い勝負を求めること自体がギャンブラーの本能なのではないかと感じます…。

>もしそうなったらと思うと、寂しいですな…。
考える事自体が恐ろしいものですよね…。
好きという状態に慣れてしまったりすると、
その状態がもう普通になってしまって、
ひとつの例ですが…w、好きだからこそそのキャラの関連グッズを眺めるという行為が、
いつしか、日課だから関連グッズを眺めなくてはいけない、っとなってしまったりしそうなのが怖いものです…w。
気持ちが変わってしまった理由がわかればいくらでも解決できそうなものですが、
それが説明できないようになってしまったら…と考えると、やはり怖いです…w。
いつまでも、好きなキャラを好きと心から言えるような気持ちでいたいものですよね(つД`)

>そこで待っていてくれると
いいご表現ですね…。
月日を経ると人も環境もどんどん変わっていきますが、
二次元キャラは、自分がどうなってもずっとそこで待っていてくれるんですよねorz
「ヨっちゃんかなこにしかモテないよ」というような…w、
そんな風に、ずっと待っていてくれる存在なんだなぁって…泣けてきましたw

>「氷の精神」を溶かしたのも「友情」
友情によってウォーズさんが正気に戻るシーンは感慨深いです…。
ルールに反してますがw、キン肉マンがウォーズマンの助けに入ったことで、
例えロボットのような氷の精神もっていたとしても、
その瞬間で友情の大切さに目覚めるところは泣けてきますw
よく思うのは、日蔭さんの氷の精神も友情等によって溶けることがあるのかな…ということです…w。

後にアタル兄さんが、友情ひとつにしても、
それ以上の深いつながりも存在していることを身を持ってスグルに伝えようしていくところが本当いいですよね…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allkai.blog43.fc2.com/tb.php/750-f3fea3ee

Top

HOME

矢尾板の麻雀・アニメブログ~目指せ鳳凰卓~//矢尾板様 喪ぐら//伊東様 蒼天遍歴//MOZ様 StarShip//オリオン様 はんちく荘//ぶぼ様

YRN

Author:YRN
趣味はひとり桃鉄、DX人生ゲーム2など。
好きな作品は北斗の拳 DB キン肉マン Zガンダム
ヤマジュン作品 初代ときメモ )等。
 

当ブログはリンクフリー・アンリンクフリーです。
  
何かございましたらこちらへ!
amii_k_r@yahoo.co.jp


-天気予報コム- -FC2-

生活習慣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。