スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリアスとギャグのギャップとは







↑は、『TANGO NOIR』を歌う明菜のハプニング映像なのですが、
歌を歌っている時と、ハプニングを起こした瞬間のギャップがものすごくて、衝撃的に思えました。
歌っている時は超クールな女性を演じているのですが…、
そうじゃない時は、さっきの人は一体どこにいったのかと思ってしまうかのような可愛らしさがあって、
物凄い、こう親近感を感じてしまうようでした。
手が届かない遠い存在のようなカッコよさを披露する裏で、
こんな風な、親しみやすさを感じさせるのも、人としての魅力の一つなんだなぁ…っと思わざるを得ませんでした。
明菜の場合はそのシリアスな部分だけでも好きですし、
こういうギャップがあるのもまたいい、というような感覚を覚えました。


…………。
アミバ様は…、……。
アミバ様が北斗の拳に初登場した時、
最初は、アミバ様ではなく本物のトキだったらしいのです。
優しかったトキ兄さんが、突然悪に染まってしまったという…本物の堕天使だったのです…。
連載当時、本編の回想シーンに登場する物腰柔らかなトキに人気が集中したために(?)、
このままトキを悪者にするのはイクナイ!ということで、
急遽、これは偽物ってことにしよう、ということでアミバ様が誕生したらしいのです…。
その名残りで、
アミバ様になる前の、トキだったアミバ様はむちゃくちゃカッコいいのです…。
クールで冷静で残酷で冷徹で…、たやすくケンシロウをあしらうところなんかは、ひたすらハァハァなのです。
これだけだとよくある普通?の悪役なのですけども…、
自分が最初初めて北斗の拳を読んだ時も、
この人がトキなんだと騙されてしまったくらいのカッコいいオーラがありました。

そんな人が、突然ある話を境に「えひゃい」となってちょっとカッコ悪くなってしまいます。
毎回、さっきのカッコイイひとはどこに!?っと…、
Σ(゜o゜;)と笑いつつも驚きを隠せずにいます。
最初の頃は…、そのギャップを受け入れられず、わーっとなっていましたが、
↑で書いた明菜のギャップの話のように、
普段は超カッコいいのに、ちょっと取り乱すとギャグキャラになってしまうような、
アミバ様はそんなギャップがたまらんのではないかと、日々ワッショイしています…。

そんな風に、北斗の拳の漫画とアニメ版では、アミバ様はシリアスとギャグのギャップが激しく描かれているのです。
しかし、それ以外の派生作品(ゲーム、パチンコ等)では…、
最初からアミバ様は正体がバレている前提であり、
ひたすらやられキャラとしての印象が強いまま描かれているのです。
それもそれで実に親しみやすさが湧いて面白く感じます。
アミバ様がいかにもパチモンとして描かれているので、
なんでこれをケンシロウはトキと見間違えるのか?と、
いうくらいにツッコミがし放題なところが特に笑えてきます。

で、でも…、自分でいざ、そういうギャグテイストな…ちょっと焦っているアミバ様を描こうとしたら、
こんなアミバ様嫌ああああ!っと耐えられなくなりました…。
ギャグチックで親しみやすいアミバ様も好きですけれども、
アミバ様を自分の手でそんな風に描くのは耐えられませんでした…。
自分の手では…自分の中では…、自分の前では…、
アミバ様のような素敵な男性は、ただカッコ良くいて欲しいと感じているからでしょう…。
メアリー・スー状態…。

ドラゴンボールのセルさんなんかも、
カッコイイ時と冷静さを失っている部分の落差が激しいところがありますが、
セルさんといえばカッコイイ悪役…というようなイメージが世間で定着しているように思います。
セルさんはやられている時よりも、悟空一味を圧倒している時のイメージの方が強いからでしょうか。
個人的にも、セルさんの場合もギャグキャラというよりシリアスなキャラでいて欲しく感じます…。

他にもDBの孫悟空や、キン肉スグルさんや、トライガンのヴァッシュ…映画版ジャイアンなどのように、
普段にぎやかムードな人が、戦いや緊張感が高まる展開になると、
突然シリアスになるような、正義キャラに多い感じのギャップというのもまた魅力的に思います。
ジャイアンは映画ではよく漢になるから困ります。

もし傀さんが突然「えひゃい」となったら…自分は…。

« 変態になるには|Top|近代麻雀 むこうぶち感想 278話「王子の麻雀・2」 »

コメント

自分もわざわざ己の手で傀さんを汚したいとは思いませんなぁ…。
原作で彼の「えひゃい」を見た日には…色々と早まった真似を…
したくは無いので起こらない事を願います。
彼のギャップは精々、面白げな本を読む程度で十分です。
あれがファンサービスとキャラ崩壊のギリギリの匙加減かと。

…ただいま、です。

>伏さん

こんばんは!コメントありがとうございます!
お元気そうでなりよりであります!
伏さんが休止されている間、
自分がうかうかとブログの更新なんてしていていいんだろうかと迷いを感じておりました…。
無事にお戻りになられて本当に良かったです。

>自分もわざわざ己の手で~
同意なさってくださいますか…!
人に認めてもらえると、自分の考えに自信が持てるというものです。
傀さんはカッコ悪い部分なんて劇中で一切ありませんから、
尚更自分でそれを汚すなんてできそうにありませんよね…。

>彼の「えひゃい」を~
傀さんがそんな事になったら、自分はまず言葉を失うだろうと思います…ww
あのカッコいい傀さんが…っと…。
次回の近麻では王子が「えひゃい」しそうですけれどもww

>面白げな本を読む程度で
ですよね!
傀さんのギャップといえば麻雀をしている時と、待ち時間の間に読書する本の内容にありますね。
普通の人がコミックドンドコなんて読んでいるだけじゃ特に変わったところはないですが、
傀さんみたいな人がそういう本を読んでいる、というのがものすごく面白いんですよねぇw
傀さんはそのギャップがまたいいですよねw

伏さんの、傀さんがロシアの新聞を読まれていたという考察も興味深かったです…。
ロシア語も普通にスラスラ読んでしまうんですねぇ傀さんて。
世界情勢や経済などの博識にも優れているんでしょうか(´Д`;)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allkai.blog43.fc2.com/tb.php/747-f9ed765b

Top

HOME

矢尾板の麻雀・アニメブログ~目指せ鳳凰卓~//矢尾板様 喪ぐら//伊東様 蒼天遍歴//MOZ様 StarShip//オリオン様 はんちく荘//ぶぼ様

YRN

Author:YRN
趣味はひとり桃鉄、DX人生ゲーム2など。
好きな作品は北斗の拳 DB キン肉マン Zガンダム
ヤマジュン作品 初代ときメモ )等。
 

当ブログはリンクフリー・アンリンクフリーです。
  
何かございましたらこちらへ!
amii_k_r@yahoo.co.jp


-天気予報コム- -FC2-

生活習慣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。