スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこまでが本物なのか…





  「時代は、医学より暴力を必要としている」



北斗の拳において、アミバ様はこのような名発言をしています。
力のみが世を制する世紀末な時代を生き抜くために、
医術よりも力を手にすることが先決であると悟ったアミバ様は、
北斗神拳をさらなる殺人拳に発展させるため、人体実験を通して新しい秘孔の究明を勤しむことを選んだのです。
そこにシビれる!あこがれるゥ!


…っと思っていたのですが、

この台詞はアミバ様の真意ではなく、
あくまで、トキがもし世の中に失望したならこういう事を言うだろうと考えて、
アミバ様なりに、悪に染まったケンシロウの兄の姿を演じた結果なのではないか…?っと考えたら、
(゚д゚)となってしまいました…。

アミバ様は…模倣とコピーの天才と呼ばれるお人であり…、
その変装技術を持って、ケンシロウという人の兄・トキの姿に化け、
ケンシロウを途中まで完璧にトキと信じこませたコスプレの達人であります…。

アミバ様は、トキの背中に大きい古傷があると知ればそれをも完璧に再現し、
一子相伝の北斗神拳をも独学だけでほぼ完璧にマスターしてしまうほどの熱い情熱と高い執着心を持っておられる人であります。

そんな中、自分はある疑問を感じてしまいました。
おいどんは今まで、アミバ様すべてを見てきたつもりで…、
実はその本質を全く掴めていなかったのではないかと…。
自分が観てきたのは、あくまで「トキを演じていたアミバ様」なのではないかと…。

リザードンに変身したメタモンが好きなのか、
メタモンそのものが好きなのか…。みたいな感じでしょうか…。
(メタモンそのものが好きですけれど…。)

アミバ様の登場から華麗なる散り際までが一挙に収録されているJC北斗の拳6巻を読み返しても、分からないんです…。
どこからどこまでがトキを演じていたアミバ様なのか、本来のアミバ様の姿なのか…。

…むしろ、トキがもし世の中に失望したならこういう事を言うだろうと考える事自体が、
アミバ様の考えなのではないか…。
それこそがアミバ様の本来の姿と言えるのではないか…。
相手の身も心も完璧に変装で再現する!それがアミバ様の個性なのではないか…。
わ、わからない…。
アミバ先生のことを知りたいのに…その本質が全くわかりません…。
凡人が天才を理解しようとすること自体が間違っているのかもしれませんが…。
なんだかそんなことで頭がいっぱいで物事に集中できません…/(^o^)\


例えば、「アミバ様のマネをしているトキ」と、
「トキのマネをしているアミバ様」がいたとしたら…、
個人的にはやっぱり後者のほうが魅力的に思えます…。
トキがいくらアミバ様のマネをしても…、それはアミバ様ではないからです…。
ああ…そんなふうに考えたらなんとなく分かってきた気がします…。
自分はやはりアミバ様そのものが好きなのです。
トキを演じていたアミバ様が好きですし、
トキを拭い去った本来のアミバ様も好きなんです…。
「どこからどこまで」なんて考え方自体がおかしかったのでしょう…。

「アミバ様が演じていたトキ」は、アミバ様の中で、
医学よりも暴力を求めるという理由で悪事を働いているというキャラ設定だっただけで、
本来のアミバ様の真意は、もっとそれとは別に存在している…という感じ…でしょうか…。

ああ…なんだかやっと考えがまとまったきがしますwwこれで安心して練れます…。
っといっても…、「それはちがう!」とおっしゃるようなアミバ様マニアの方がいらしたら是非色々教わりたいものです…。




模倣犯〈上〉模倣犯〈上〉
(2001/03)
宮部 みゆき

商品詳細を見る

« 125ページ|Top|世紀末麻雀伝説 »

コメント

お久しぶりです、最近応援団に入った矢尾板です。毎日が非常に忙しく、コメントが滞っておりました。

 どんな事すぐに八割方覚えれるという能力は、現実にいたらすごいんでしょうけど、どうもフィクションの世界で体のいい噛ませ犬にされる場合が多いように感じます。一つの事を熱心にやりつづけた努力家が最終的に成功をつかむ事のできるフィクションの世界では、天才型のキャラは単なる越えるべき壁でしかないんでしょうねえ。

アミバ様の真のキャラクターとのことですが、なんだか鏡の本当の色はなんなのだろう?みたいな話ですねw あれほどまでにキャラが変わってるにも関わらず実の弟であるケンシロウが気づかなかったわけですから、やっぱりあのキャラはアミバが計算して作ったキャラクターなんですかねえ?

>矢!尾!板!さん!

こんばんは!!お久しぶりです!
こんなブログを見捨てないでくださっていらして本当にありがとうございます(つД`)

>最近応援団に
そうなんですか!
ガチムチな矢尾板さんのことでしょうからとてもパワフルな応援をなされるのだと思います。
自分も応援されたいものですw
テレビの特集等でみたのですが応援団の練習って相当過酷らしいですよね…。
どうかがんばってくださいね。

>噛ませ犬にされる場合が
いわゆる器用貧乏なキャラというのは、噛ませ犬になってしまう運命なんでしょうね…。
才能がないわけではないのに、真の才能を持った相手には絶対にかなわないというサイクルが悲しく思えます…。
それでもしっかりとキャラクターが立っていれば例えかませ犬でも魅力的に思えたりしますよね…w

>一つの事を熱心にやりつづけた努力家が最終的に成功を~
やはり多くのバトル漫画は、主人公が努力家だったりとんでもない才能を秘めていたりしていて、
どんな強敵が現れても最終的に主人公が勝つようになっているんですよねぇ。
デスノートは主人公がやられてしまいましたが…w。

>鏡の本当の色はなんなのだろう?
うう、そんな風におっしゃってくださってありがとうございますw
自分もなんだか迷宮入りしちゃっていっぱいいっぱいでした…w

>あれほどまでにキャラが変わってるにも関わらず実の弟であるケンシロウが気づかなかったわけですから~
おお、鋭いですね…。
自分もそこ気になってたんですよww
長年付き添った兄が突然あんなになってしまったにも関わらず、
ケンは呆気無く騙されてしまったんですよね…w
優しくて物静かだったトキが、「フハハハ!」と高笑いするようになってしまうとはとても思えないハズなのですが…ww。

>あのキャラはアミバが計算して作ったキャラクター
そうなのかもしれませんね………。
ケンに対して「(技のキレが)確かに鋭くなったな」…など、
あたかも過去にケンと会っているかのような口ぶりが多く目立っていたり、
ある程度は計算して「悪に染まったケンの兄」を演じていたのかもしれません…。
奇跡の村に野盗が襲撃した悲劇が本当だとして、
そこから色々な想像力を経て、トキが殺人鬼に変貌した…というストーリーを考えたのはアミバ様なのですから…、やっぱり…計算されたものなんでしょうかね…ww
考えれば考えるほど分からなくなってきます…ww。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allkai.blog43.fc2.com/tb.php/723-a51009a6

Top

HOME

矢尾板の麻雀・アニメブログ~目指せ鳳凰卓~//矢尾板様 喪ぐら//伊東様 蒼天遍歴//MOZ様 StarShip//オリオン様 はんちく荘//ぶぼ様

YRN

Author:YRN
趣味はひとり桃鉄、DX人生ゲーム2など。
好きな作品は北斗の拳 DB キン肉マン Zガンダム
ヤマジュン作品 初代ときメモ )等。
 

当ブログはリンクフリー・アンリンクフリーです。
  
何かございましたらこちらへ!
amii_k_r@yahoo.co.jp


-天気予報コム- -FC2-

生活習慣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。