スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イレーヌちゃん、そして既存の漫画への自己投影について…





■絵のモデル女性を探し続けて10年、見つからず絵と結婚した男性
  http://news.2chblog.jp/archives/51593773.html





なんて悲しい話なんだ…。
例え現実で会う事ができなくても、その女性は絵の中で生き続けていると思うと泣けてきます。
絵はただのインクの集まりだとは言いますが、いくらそうであったとしても絵と結婚したっていいかと思います…。


そして↑のスレで「僕はイレーヌちゃん!」とおっしゃる方がいらっしゃいましたが、
そのイレーヌちゃんと呼ばれる絵を見た瞬間、思わず変態になってしまいそうでした。




    6 名前:名無しさん@涙目です。(三重県)[] 投稿日:2011/04/22(金) 20:03:45.09 ID:X33nS66P0
      僕はイレーヌちゃん!



    
ルノワール「イレーヌ・カーン・ダンヴィル嬢」 プリハード 世界の名画 目安サイズ8号 額縁Dルノワール「イレーヌ・カーン・ダンヴィル嬢」 プリハード 世界の名画 目安サイズ8号 額縁D
()
世界の名画

商品詳細を見る





   264 名前:名無しさん@涙目です。(大阪府)[] 投稿日:2011/04/22(金) 23:57:55.62 ID:YXhLzH4X0
      >>6
      この絵が大阪に来たときに見に行った
      俺の前にいた詳しそうな親父共が
      「死んだ魚の目とかいうけどそれほどでもないねえ」とか
      ぬかしてたがよく見ると手が赤と肌色のまだらになってるんだよ
      ちょうど凍えた手に血が流れていく感じで
      俺は彼女の手にはっきりと「生」を感じたね
      あああああああああああああああああああかわあいいいよおおおおおイレーヌちゃああああああああんんんん






イレーヌちゃんは1880年にルノアールの手によって肖像画が描かれた銀行家ルイ・カーン・ダンヴェールの末娘なのだそうです。
100年前の作品なので、もうこのイレーヌちゃんはこの世にいないのかと思うと悲しいです。
それでもイレーヌちゃんはこの絵の中で、その清楚で上品な姿のまま永遠と生き続けているのだと、
その何か↑のおっしゃる方のような「生」のものを感じると儚くなってきます…。
美術館に自主的に行った事は1度もありませんが、この絵だけは生で是非生で閲覧したいとすら思ってしまいました。
可愛いよおおおお


絵は、死なない…。絵が死ぬことなんてない…。
イレーヌ嬢をみて、そんな気持ちが強くなりました。
絵は死なない、というのは二次元のキャラにも言えるんじゃないかと思います…。
一度生み出されたキャラは、後に人の手で非公式にどんな設定を付け加えても元のキャラが崩れることも、自分の手でどうこう変わる事もない、という当たり前のことを今更感じました。
そして自分自身がいくら歳をとっても…、二次元キャラはずっと…若いまま…。
絵の中では永遠に時間は止まったままなのでしょう…。
うまくいませんが、そういった停止した時間の中の世界にいる二次元キャラというものに儚くも美しいものを感じます…。


そんな風に考えると、絵と永遠に過ごすことは難しいんじゃないかって…。
このニュースの、絵と結婚された男性も、自分の寿命がある限りしか絵と一緒にいることができないんじゃないかと思ってしまします。
絵と一緒になって永遠に暮らすには、自分が絵になって絵の世界にいくしかないじゃないかーッ
ドラえもんの道具に『絵本はいりこみ靴』というのがあるのですが、そ、それさえあれば…。




…話はそれますが、既存の作品にオリキャラ(自己投影)を投入することをは、一般的には忌み嫌われていると聞きます。
やっている方は気分はいいかもしれませんが、見ている側にとっては「なにやっ天皇?」という状態になってしまい、
「原作が好きならばなぜ世界観を壊すことができるのか?」という風になってしまう事が推測されます。

一時期(ちょっと前まで)、それをやろうとしていた時期がありました…。
自分がこの世界にいたら、とか、もし自分がこのキャラに会ったら相手にすらしてほしくない…等、いろんな夢を見つつ、
それを具現化しようと試みていました…。タイトルまで考えて…。う、うう…。
夢を見るだけならまだいいかもしれませんが、それを形にするのはやっぱりヤバすぎた事だと今は冷静に(?)考える事ができます。

メアリー・スー(既存のキャラに自分の考えたキャラを万歳してもらう事)、さえ気をつければ良さそう…とか、
もういっそ、現実世界を舞台にしてその既存の漫画を読んでいる設定にして、完全にキャラや対象の世界を雲の上の存在にしてしまおうとか、
あれこれ考えてみてみたものの、うん、やっぱり痛々しいという結論にたどり着きました…。
こういうのはもう、布団の中で自主的にやるのが一番なのでしょう…。むしろそれをこうやって言うこと自体を控えるべきなものなのだと…。

オリキャラを既存の作品に登場させる場合は、オリキャラが主体になるのではなく、
オリキャラはあくまで既存のキャラを盛り上げるための「たくわん」のような存在であるべきだと、どこかで読みました。
まったくもってその通りだと思います…。

前にむこうぶちのゲーム(主人公がプレイヤー)を主体にした同人を描きたいと思ったのも、その世界に自己投影がしたいがためでした…。
むこうぶちにでてくる賑やかなおじさん達の間でひっそりしている中で傀さんの事を「シビれる憧れるゥ!」と思いつつ、
ゲーム通りに傀さんと闘った強敵達の生き様を目の当たりにして、自身の雀風や生き方を見つめなおしていく的なものを考えていました…。

でも例えばEZAKIにオリジナルのキャラが登場して、そのキャラが江崎さん等と肩を並べるくらい強かったり目立っていたとしたら…、
それはとても許されざるを得ない事だと、「何やっ天皇?」と考えてしまった時、自分が何をやろうとしていたかがよくわかりました。
安易な気持ちの、自己満足での自己投影は避けるべき…っと強く思いました…。




まとめ(?)
・絵は何百年も生き続ける
・その絵と永遠に生活を共にするには自分が絵になるという方法もありそう
・かといってその作品の中に自己投影するとなかなか痛々しい
・自分を絵にしたり投影したりせず、自分の生きている範囲で現実世界で絵を楽しむべき…


ならば、現実世界で絵をもっとダイレクトに感じるようになるためにはどうしたらいいのか…
これが今後の課題にななりそうです(?)


« 愛とは、優しい先生とは…|Top|カタッツの息子 »

コメント

 リンク先、大変興味深く読ませていただきましたww
イレーヌタンも(;゚∀゚)=3ハァハァなのは言わずもがな…!ですが、(つか、ルノワール先生は生粋のろr(ry)
僕的には162番キタ━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━!!!な感じです。
グイドレーニ作「ベアトリーチェ・チェンチの肖像」。
この絵には心底惚れました…w
モデルの女性が死刑台に向かう時、ふと振り返った瞬間を捉えたそうです。
とても悲劇的な話が背景にありますので、興味が湧きましたらググってみて下さいw

 …と、話が大きく逸れましたが(^^;

>停止した時間の中の世界…

 激しく同意であります!!
だからこそ二次元は美しい…です…w


 二次創作で自己投影は、布団の中なら割りと多くの方がやっているかと(勝手に)思いますwww
そういえば昔は僕も…(遠い目)
なので、恥じる事はありませぬ!!

 …が、公表するのは中々覚悟がいりますよね…(^^;

>むこうぶちのゲーム(主人公がプレイヤー)を主体にした同人

 この企画、なくなっちゃうんですか~。
それは残念です…w
でもYRNさんがご決断なさった事ですし、仕方ないですよね(^^:

>ぶぼさん

ぶぼざん!!こんな記事にコメントをありがとうございます…!

>リンク先

おお…、ぶぼさんもこういった絵に関心がおありでしたか!
イレーヌちゃんは可愛すぎますよね!!もう本当に時間が止まって見えますw
(ルノワール先生は宮崎駿先生のような感じだったのですね…w)


>>162
おおっ、これは良いですねえ…。
グイドレーニという絵師の存在も初めて知りました!
初めて見た時はとても死刑台に向かう女性の姿とは思えませんでした…。
早速詳細を調べて見たのですが、なんとも悲しい話ですね…。
彼女自身の精神が凶器の殺戮に及んだわけではなく、
虐待に及んでいた父親に対して恨みが根本にあったのですねぇ…。
人殺しが許されるわけじゃありませんが、これは仕方がないとすら思ってしまいますよ…。

>だからこそ二次元は美しい…
同意してくださってありがとうございます!!
二次元キャラが現実に現れるよりも…、
絵として楽しむ方が何倍も楽しい!wwという事が実感できましたw
本当に、絵は絵だからこそ美しいんですよねえ…。
イレーヌちゃんといい、ベアトリーチェさんといい、絵の中の美しさは永遠ですよね(つД`)

>二次創作で自己投影

聞くところによると、やはり子供の頃は皆やるものなんですねぇ…w
ぶぼさんも昔に経験がおありですか!
しかし…自分は大人になってもそのクセが抜けなくて…どうしたものかと思ってしまいますwww

>公表するのは中々覚悟が
うぅぅぅ、なんだかんだいっていつかどうにか痛くならない方法(?)で公開してみたい、という気持ちがあります…w
自己投影するキャラをもうすっごいムサいキャラにするとか…w、
名前を設定しないとか…w

>>むこうぶちのゲーム(主人公がプレイヤー)を主体にした同人
うぅぅ、期待してくださっていらしたなんてありがとうございます…。
こちらも「むこうぶちが終わってしばらくたってから」なんて淡く企画を練っていましたが、
結局自己投影だしなぁ…なんて、考えちゃうんですよね…w
それでも「自己投影でいいじゃない!」と開き直ってでもやってみたい気持ちの方が強いのですがww
ぬおお、なんだかもう、完全に開き直っちゃおうかと思いましたww誰が見ているわけでもありませんしね…ww
うう、激励のお言葉を下さって(勝手にそう思ってしまってすみませんorz)ありがとうございます…!
もう痛々しさの極みを突き抜けてしまおうかと思いましたよ…ww
完全オリジナル作品を作るより…、既存の作品の中で夢を見るのが…自分は好きなのです…。
かといって元の作品を汚すのだけはしたくはないのですが…、
うまいことどうにかして、夢を叶えたいなと思いましたよwwもう本当痛々しくてすみませんw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allkai.blog43.fc2.com/tb.php/699-5aa007bd

Top

HOME

矢尾板の麻雀・アニメブログ~目指せ鳳凰卓~//矢尾板様 喪ぐら//伊東様 蒼天遍歴//MOZ様 StarShip//オリオン様 はんちく荘//ぶぼ様

YRN

Author:YRN
趣味はひとり桃鉄、DX人生ゲーム2など。
好きな作品は北斗の拳 DB キン肉マン Zガンダム
ヤマジュン作品 初代ときメモ )等。
 

当ブログはリンクフリー・アンリンクフリーです。
  
何かございましたらこちらへ!
amii_k_r@yahoo.co.jp


-天気予報コム- -FC2-

生活習慣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。