スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コナン=新一




考えても考えても、答えがだせない…
答えが出たと思ってもまた考えてしまう
誰かに相談したい等と思ってしょうがないのですが、こんなことを誰に相談したら良いのか…ww。

ああ、例えば最初はカッコいいキャラがいたとして、
何かを境に突然そのキャラがちょっと間抜けになってしまい、
実はそのキャラは本来存在したキャラに他の誰かが模倣ししていた偽物だった事が明らかになってしまったとします…。
そのキャラは本当の本当はカッコいいまま死ぬハズであったにも関わらず、
突然の大人の事情で路線変更のために突如偽物として扱われたまま、ちょっとカッコ悪い死に方をしてしまいます。

そうなってしまうと、必然的(?)に、
本来のカッコイイままだったキャラと、
正体がバレて間抜けになってしまった偽物のキャラ、
という二つのキャラが存在してしまっている事になってしまっているんじゃないかな?っと、自分は思ってしまうのです…。

そう考えると、自分は、もちろんどっちも、どっちも好きですが、好きですが、
そのキャラといえば自分にとって最初のカッコいいままだった方のイメージが強いので、
ちょっと、両者を一つのキャラとして考えることができないよう!っというような現象に陥ってしまうのです…。

(;´Д`)…

いくらカッコいいキャラが突然カッコ悪くヘタレになってしまっても、
そのキャラが同一のキャラであることに変わりはないのだから、
そのキャラはヘタレにもカッコ良くもどっちにもなれる、っという風に考えているのですけれども、
そのイメージがなかなか固まらない…というところでしょうか…。

例えば、『アンパンマン』に出てくるバイキンマンとドキンちゃんは、
よくアンパンマン一味の誰かの姿にちょっと変装をし、アンパンマン達を陥れることがあります。
不思議なことに、誰がどう見てもバイキンマンだとわかりそうな簡単な変装であるにもかかわらず、
アンパンマン達は変装を一切疑うことなく変装したバイキンマンと自然に接してしまうのです。
この場合は、「ああまたバイキンマンが変装してるんだな~」っと視聴者側もスムーズに受け入れる事ができますが、
例えば…、コナンの正体が新一である、というのは誰もがスムーズには信じられない場合が多く、
その度に混乱を招いてしまうような、何かこう、変装と本来の姿との間に物凄いギャップがあるんです。
こういうのは…、そのギャップをいかに受け入れるか…という事にかかっているのかもしれません。

たかが二次元のキャラにいちいちこだわりすぎだろ…っと思ってならないのですが、
このように書き出してみると少し冷静になれる気がしますヽ(゚∀。)ノ





キッズホイールバーローキッズホイールバーロー
()
ラジオフライヤー

商品詳細を見る

« 傀さんとアミバ様と人生…|Top|「俺のオ○ニータイム」という考え方 »

コメント

こんばんは~!

>ああ、例えば最初はカッコいいキャラがいたとして、
何かを境に突然そのキャラがちょっと間抜けになってしまい
漫画だと、敵だったときは強かったのに
仲間になったとたん、弱くなる
という現象が良く起きますよね
ふと、その現象を思い出しました。

>突然の大人の事情で路線変更のために突如偽物として扱われたまま、ちょっとカッコ悪い死に方をしてしまいます
…アミバ先生が頭をよぎりましたw

>そのキャラはヘタレにもカッコ良くもどっちにもなれる
二面性のあるキャラクターの場合は
自分の好きなほうをメインに考えちゃいますw

それか、戦闘の時はカッコイイ日常はへタレ
みたいにシーンごとに性格を分けるというのは如何でしょうか?

>コナンの正体が新一
これはリアルで自分が体験したら
かなり混乱しますよね!
背格好が全然違いますもんね!

自分の目の前で、コナンが新一の姿に戻ったら
信じると思います。
でも、普通に接せるようになるまでに、かなり時間がかかりそうですよね。

>オリオンさん

おはようございます!!
コメント本当にありがとうございます!
こんな悩み(?)に親身に相談に乗ってくださいまして非常にありがたいです!!

>敵だったときは強かったのに仲間になったとたん、弱くなる
この現象は本当によくありますよねww
バトル漫画などの競う漫画だと後々どんどん強い敵がでてきてしまうので、
味方になったキャラは容赦なく解説役になり下がってしまったりしまうのがよく見受けられます…w
漫画だけでなくゲームでも良く見受けられる気がします…w
逆に仲間になったら強くなるキャラっというのがいるのかどうか気になるくらいですw

>…アミバ先生が
……もはやバレバレですねwww
今回の件はすべてアミバ先生の事です…w
素直にアミバ先生の事だと書くのが恥ずかしくて遠まわしな言い方をしてしまいました…w
今回に限らずいつもいつもアミバ先生関連の事に言及下さってとてもありがたかったです(つД`)
こういう事は普段はリアルチラシの裏に書いて気持ちを静めているのですがw、
堪え切れなくなってついこのブログに気持ちを書かせて頂きました…。
助け船を出していただいて本当にありがとうございます!

>二面性のあるキャラクターの場合は自分の好きなほうをメインに考えちゃいますw
おおっ、オリオンさんはそのように考えられるのですね!
漫画やゲームには必ずと言っていいほど二面性のあるキャラというのは多数存在していますよね。
ジョジョのディアボロ等は凄く極端な例だと思いますw
二面性のあるキャラは「もうしょうがない」と割り切って、
自分の好きなほうをメインに考えてしまっても問題ないのかもしれませんね!
段々、こうして色々書き出した事とオリオンさんにそれを聞いていただいた事によって、
アミバ先生の像が自分の中で固まりつつあるのを感じました…wwもう勝手にやってろという感じですみません…ヽ(^o^;)ノ

>戦闘の時はカッコイイ日常はへタレみたいにシーンごとに性格を分けるというのは
やる時はやるけれど、日常はヘタレで面白いキャラというのは和みますよねw
そういう風にバリエーションを膨らませてキャラのイメージを確立させるのも面白いでしょうね!
色々なアドバイスをありがとうございます(つД`)

>背格好が全然違いますもんね!
コナン=新一というのはニワカには信じがたいですよねww
おっしゃるように背格好が全く違いますし、
突如「身体は大人、頭脳は子供!」と言われてもアブナイ子供にしか見えませんし…w
どこかのサイトでコナン=新一だというのを完全に否定しているものもあった気がしますw

>普通に接せるようになるまでに、かなり時間が
普段良く接しているクラスメイトや友達が突然大人or子供の姿になったとしたら、
やっぱりこう、瞬時には現実を受け止められなさそうですよねw
または「俺は今は子供の姿だけど本当は大人なんだ!」と突然言われてもやっぱり現実的には信じないと思います…ww

コナンくんって、新一兄ちゃんだったのかって、それは、嘘ですよねww

ということは、新一兄ちゃんがコナンくんということじゃないですか

まさか、そんなことww

 自分のイメージと違う2次創作を見て落胆するという話でも感じましたけど、色々なメディアや時期のキャラをすべて同じ物としてとらえるから、ごちゃごちゃになっちゃうんじゃないんですかね。見た目と名前が同じでも魂がこもってなかったら、それは偽者思います。例えばドラえもんは、先生の死後様々な作者が小学館の公認を受けて「公式」としてドラえもんを書いていますが、内容が陳腐な上にのび太にもドラえもんにも魂が全くこもってない偽者です。アニメにしたってそうでしょう、今のドラえもんのアニメは原作のドラえもんとは遠くかけ離れた物になっているように感じます。しかし、以前話題になったあの「ドラえもん最終回」は二次創作なのにも関わらずキャラが生き生きしていました。
 いままでは言わないようにしていたんですが、おそらく傀というキャラクターは安藤さんの中にだけ生きていたキャラで安藤さんが死んだ時に一緒に死んだんだと思います。自分にとって都合の悪い側面なんて無視しちゃえばいいじゃないですか。

>信たまさん
いつもコメントありがとうございます!
おっしゃるようにコナン君が新一氏と同一であるとは特別な根拠もないわけですし考えにくい事ですよね~。
最近ではよくコナンと新一が同じ画面上に存在しているかのような描写も多いので、
残念ながら100%コナン=新一とは言い難いですよね…。
コナンが成長すれば新一っぽい高校生になるのかもしれませんけども…W






>矢尾板さん
こんにちは!こんな記事にコメントをありがとうございます。


>色々なメディアや時期のキャラをすべて同じ物としてとらえるから、
>ごちゃごちゃになっちゃうんじゃないんですかね。
>見た目と名前が同じでも魂がこもってなかったら、それは偽者思います


的確な助言を誠にありがとうございます…orz
自分にとって大きな道標となるようなお言葉でございます。
見た目や名前が同じであっても、描き方や描く人間や気持ちの入れようが違ってしまえば、
やっぱりこう別物になっちゃうんでしょうね…。
F先生死後のドラえもんの例や、いくら公式的に外伝として扱われたものでも(ハリウッド版ドラゴンボール,EZAKI等…)、
何かが間違ってしまっていれば、本来の元の作品を受け継ぐことってそうそううまくいかないんだと思います…。


>「ドラえもん最終回」

この作品は素晴らしいですよね。
このキャラならきっとこういう事を言うだろう、っというのが凄く伝わってくるというか違和感を感じさせないんですよねぇえ…。
きっと作者のドラえもんを愛する気持ちが、その完成度の高さを生むんだと思います…。

>傀というキャラクターは安藤さんの中にだけ

よくわかるお話です…。
安藤さんの頃は、安藤さん自身の実体験があってからこそ話や設定や登場人物にリアルさがありましたよね…。
主に内面を外にださないキャラという設定の傀ですら、凄みというか、重厚感があったように思います。
そんな風に考えると、安藤さんがいたからこそ傀さんというキャラは成り立っていたんだなってしみじみ思います…。

>自分にとって都合の悪い側面なんて無視しちゃえば
ありがとうございます。
一見周りから見れば利己的に思われるかもしれませんが、そういう風に考えるのが一番だと自分も思います。
個人個人で一人のキャラに対するイメージは必ずしも一致せず十人十色なワケですから、
例え色々なイメージが飛び交う中でも自分自身のイメージだけを貫いて考えても問題ないかもしれない、と思いましたよ。
いつもいつも本当にありがとうございます…。
おかげで今後キャラのイメージで悩む事はなくなりそうです!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allkai.blog43.fc2.com/tb.php/686-647b39a0

Top

HOME

矢尾板の麻雀・アニメブログ~目指せ鳳凰卓~//矢尾板様 喪ぐら//伊東様 蒼天遍歴//MOZ様 StarShip//オリオン様 はんちく荘//ぶぼ様

YRN

Author:YRN
趣味はひとり桃鉄、DX人生ゲーム2など。
好きな作品は北斗の拳 DB キン肉マン Zガンダム
ヤマジュン作品 初代ときメモ )等。
 

当ブログはリンクフリー・アンリンクフリーです。
  
何かございましたらこちらへ!
amii_k_r@yahoo.co.jp


-天気予報コム- -FC2-

生活習慣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。