スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪役が正論を言う漫画




   53 名前:名無しさんにズームイン![sage]:2010/05/24(月) 22:09:40.70 ID:tA8PxjXe
      伊集院が好きなセリフは、カイジをいじめる敵役が言うこの言葉。

      「「明日からがんばろう」という発想からはどんな芽も吹きやしない。
      そのことに20歳も過ぎてまだわからんのか?!明日からがんばるんじゃない。
      今日…今日だけがんばるんだ!今日をがんばった者、今日をがんばり始めた者にのみ
      明日が来るんだよ!」

      この言葉が敵役から出るところにこのマンガの深さを感じた。

   60 名前:名無しさんにズームイン![sage]:2010/05/24(月) 22:13:39.39 ID:klUhMSNp
      >>53
      福本作品はいい台詞おおいぞ

      質問すれば答えが返ってくるのが当たり前か・・・?
      バカがっ・・・!
      とんでもない誤解だっ・・・!

      世間というものは、とどのつまり・・・・

      肝心なことは何一つ答えたりしない・・・!
      とか

   62 名前:名無しさんにズームイン![sage]:2010/05/24(月) 22:20:50.52 ID:S5wkA55F
      ダメな人間を説教する漫画だから当然多くなるだろう

   64 名前:名無しさんにズームイン![sage]:2010/05/24(月) 22:23:14.30 ID:KBL33+fW
      悪役(といっていいかどうかわからんが)のが正論言うんだよなw

   67 名前:名無しさんにズームイン![sage]:2010/05/24(月) 22:28:35.89 ID:S5wkA55F
      テニプリでも主に悪役が正論を言う



                      人生が変わる1分間の深イイ話 マンガ・アニメSP5
                          http://unkar.org/r/liventv/1274705073



普通の漫画は主人公側が悪を正していくのが主流ですが、
主人公が逆に正されるのがカイジの面白さだなぁと思います。
漫画を読む時は主に主人公側に感情移入しながら読み進めるものだと思うので、
自分自身をダメ人間だと思っている人にはよりこういった敵役の言葉が身に染みるように思います…。

デスノやロスブレのような、主人公が悪な漫画も最終的に主人公が正しい人に粛清されてしまう運命にある気がします。
月は月なりの概念で人類を正しい方に導こうとしていたにも関わらず、
最後の方でニアにクレイジーな大量殺人犯と称されていたのは衝撃的でした。
こういったダークヒーロー的な漫画は主人公が正論を言わない漫画と扱うべきものかもしれません…。


むこうぶちも、ある意味悪役(傀)が正論をいう漫画だと思います。
傀というか、傀と各話の主役との一部始終を見ていた人がその惨劇を見ながら最後に一言何かを言うというパターンが多いですが、
それでも時々傀さんが発する発言は人間的に正しくて理にかなっている内容のものが多い印象です。
「わかりませんか?使い切ったのはあなたの人生の残額です」
「孫を犠牲にしてトップを取りにいきますか?」、
「運が良かったからだ…と思いますか?ご自分の運が尽きたからだ…とは思いませんか?」等…。
むこうぶちは傀との出会いによって主役が何かを得たり何かを失ったりする漫画ですから、
立場的に主役が傀に正されていくという内容が主流となっているのだと思います。
ただ、物語での傀の言動が果たして本当に正しいものなのかどうかは謎…というか、
ああ…なんというか傀さんにはこれといった性格がないので何を理念に生きているのかもわかりませんから、
彼が対戦相手に何を吹きこもう(?)としているのかも大いなる謎のように感じます。

傀はただ神出鬼没に麻雀を打ちに来て勝って去るだけの男ですが、時々何かを喋るのでそこがどういう事なのか掴みにく厄介な存在です。
ですが、その正しいのか良く分からない謎めいた傀の言動によって、
対戦相手が自分の間違いや過ちを認めて破滅したり生き延びたりいく様が面白いというか、
結局傀は何がしたいの?何が目的なの…?っというようなうやむやなところがむこうぶちの面白さと呼べるのだと思います。

特に、個人的に傀さんが相手を強く正したと思われるシーンは、
7巻の『リンダ』の話でしょうか…。
正すというか…、傀が対戦相手(前野)や周りの人間に深く関与していた物語だったと思います。
フィリピン語を囁いてリンダや安永にヒントを与えたり、
この話では一度も御無礼を言わずに安永に活躍の場を提供してあげたり…。
結局傀は何がしたかったの?という部分が様々に混ぜ込んであり、
その傀の謎めいた部分の中に高レートでの容赦ない怖さや仄かな優しさを感じ取ることができたり心が温まる物語でした。

デスノのようにいつか誰かに傀さんが成敗される話が来ること無く、傀は傀の形状を保っていて貰いたいものです。
誰かに成敗される話も見てみたいかもしれませんが…。

« 伝承者への道|Top|謎のレポート »

コメント

私の大好きな「杖下に死す」という小説でこんな台詞があります「あの人のいう事は正論だ、最もな事を言っている。しかし、正論すぎて納得出来ない。」人間は綺麗なものだけで出来てるわけじゃないから、正しいだけでは人の心を真に変える事は出来ないという意味ですね。カイジの悪役の台詞も、私は見るたびに「んなこたあわかってんだよ!けどできねえんだよ!」みたいな気分になります…;;

<<主役が傀に正されていく
私は傀は間違った人間を正すのではなく、間違った人間をただ食い殺すのだと思います。そして傀に間違ってる部分を突かれ、食い殺されそうになっている中で、自分の間違いに気づきそれを自分で正す事の出来た人間は新たな人生を手に入れることが出来ます(三都州、郷原さん等)。しかし、自分で間違いに気付けなかった人間はそこまでです(佐野、兼子等)
 安藤さんが生きてる頃の敵は自分の生き方や性格を反映した打ち筋が多かった気がします。傀は麻雀を通して相手の人生に判決をくだしていたんですかねえ。

<<傀は傀の形状を保っていて
今の傀はなんだか麻雀に負けた瞬間に体の中心から少しずつ黒い霧になって消えてしまいそうなきがしますw

余談ですが相撲の八百長の仲介役は番付の低いベテラン力士が行う場合が多かったらしいという話を聞いて三都州さんしか思い浮かびませんでした。

>矢尾板さん

こんにちは!いつもコメントありがとうございます!orz


>「んなこたあわかってんだよ!けどできねえんだよ!」
自分も綺麗事?な台詞を見るたびに心のどこかでこのような事を考えてしまっていたと思います…w
口だけならどうとでも…特に漫画でキャラに台詞を言わせるのは結構容易な事なのではないか…等と考えたりも…。
しかしまぁ…いかにそういった教訓的な台詞をキャラにドラマチックに言わせるかが重要な事なのでしょうけれどもw。
「杖下に死す」という小説はそのような面白い台詞がでてきたり、内容もどんなものか気になってまいりました。
amazonであらすじを調べてみようと思いますw

>私は傀は間違った人間を正すのではなく、間違った人間をただ食い殺すのだと思います。
そうですね…。そのとおりです。
傀は基本的にただ麻雀を打っているだけで、対戦相手達が勝手に色々解釈をして思い悩んだり開放に向かったりするんですよね…。
傀が普段やっている事や時々喋る内容が果たして人間的に正しいのか、
傀と対峙した人間が傀によって正しい方向に進むのか、などを今回考えていましたがそれ以前の問題だったのですねw
傀が時々何かを喋るのも(「作る為、見せる為に作った手です…」「マイナス千円…」等)、対戦相手に何かを吹きこもうとしているわけではなく、
ただなにかこう相手をちょっと小突いて追い討ちをかけているだけなのかと思われます…w

作中で、「(傀が現れると)誰もが人間性を丸裸に向かれて卓の上に放り出される」という台詞がありますが、
矢尾板さんの仰るように、そういった状況の中で自分の生きる道を見つけることのできた人だけが生き延びられるという事なんでしょうね…。
そういった対戦相手達にとって傀は自分を映し出す鏡というか影のような存在でしかないのでしょう…。
おおお…なにか大切な事を思い出しました。


>自分の生き方や性格を反映した打ち筋が多かった
確かにそうですよね…。
麻雀の闘牌とストーリーがリンクしてからこそ麻雀漫画として締まるというか、
漫画内で麻雀をする意味がでてくるものですよね。
昔のむこうぶちはこの掛け合わせが上手いものが多かったですよね。
9巻の未亡人の話やボクサーの話も、人間性と闘牌の具合がうまく絡んでいたなぁと思わされます。

>麻雀に負けた瞬間に体の中心から少しずつ黒い霧になって
今の傀さんはむしろ負けるところが見てみたいくらいの強さというか怪しさが漂ってますよねw

>番付の低いベテラン力士が行う
言われてみれば確かに三都州さんが条件にぴったりですね…w
やけにリアリティのあるのがまた恐ろしいです…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allkai.blog43.fc2.com/tb.php/662-a9c934d2

Top

HOME

矢尾板の麻雀・アニメブログ~目指せ鳳凰卓~//矢尾板様 喪ぐら//伊東様 蒼天遍歴//MOZ様 StarShip//オリオン様 はんちく荘//ぶぼ様

YRN

Author:YRN
趣味はひとり桃鉄、DX人生ゲーム2など。
好きな作品は北斗の拳 DB キン肉マン Zガンダム
ヤマジュン作品 初代ときメモ )等。
 

当ブログはリンクフリー・アンリンクフリーです。
  
何かございましたらこちらへ!
amii_k_r@yahoo.co.jp


-天気予報コム- -FC2-

生活習慣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。