スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛の証明



二次元の醍醐味…、それは
三次元で出来ないことを二次元で叶えることができつつ、
二次創作であれば原作で得たイメージを、もしかしたらこうかもしれない、
こうだったら面白い、っという湧き上がる妄想に変えて表現する事にあるのだと思っています。

人には色々な嗜好があり、
その嗜好を忠実に取り入れた絵が例え原作のイメージを超越していたとしても、
キャラそのものに人権があるわけでもなく、誰に迷惑をかけているわけでもなく、
絵だから、絵だから何をしても許されるという、自己表現の領域と呼べるのだと思います。
二次元は夢であり、妄想であり、なんでもアリな産物であって、
どんな表現をしようと自由自在なのが受け売りというか…、
そういうのが三次と二次の決定的な違いなのだと思います。
3次元でやってしまったら犯罪的なことでも、2次元であれば実現可能であるというように…、
そういった考えをしっかり持っている人ほど二次元と三次元の線引きができているのだと思わざるを得ません。

そのように、個人がキャラや原作へ持っているイメージは十人十色としか言えず、
共有できるものもあれば入り込めないものもあったりするのが現状であり、
もし「これは無理だ~…」というのがあったとしても…、
互いにその違いを認め合いつつ、それぞれがそれぞれで自分の持っているイメージを貫くのが最善なのだと思います。
原作に忠実な二次創作こそが至高なのだと勝手に思っていました。
しかし、どんな二次創作が原作に忠実であるか、原作の流れに沿っているかなどは、
個人で一概に決め兼ねないのだということに気付きました。
ならば、その個人が思うイメージをひたすら形にしていく事が、キャラへの愛の証明と言えるのではないかと…。

ではその愛の証明を、ネット上の人目につく場所でアピールすることはどういうことなのかと疑問に思いました。
自分の、キャラへの湧き上がる妄想を形にして…公開して…、アピールして…、
このキャラにはこんな魅力もあるよ!とか…、自分の思うキャラ像はこんなだよ!とか…、
自分のキャラへの愛を見て欲しい!とか…、誰かに認めて欲しい!とか…、そんな事を僕は思ってしまいます。
このブログを「傀一色の日々」なんてタイトルにしてしまったのも、
「俺は○○だー!」などと、「傀は俺の嫁」というようなアピールをしたかっただけだったのだと思います。
そんなアピールが果たして愛と呼べるのか否か…などと考えさせられます。
まさに…、チラシの裏に描いておけばいいじゃないか、というような考えにいきつきます。

でもなんていうんでしょう…、
落語家の桂歌若(42)さんのような、サクラ大戦の神崎すみれさんに対する強い思い入れをみていると、
なんだかすごく尊敬できるというか、素晴らしいものを感じずにいられません…。
これこそがが愛の証明といえるのではないかと思ってしまいます。


!!…二次元は絵だ…これは…絵だ…。
愛とかそういう以前の問題であって…ああ…。
二次元の相手から見返りがあって、両思いになって初めて愛は証明されるのではないだろうか。
見返りが得られない二次元の世界で、愛をどうこう叫んでも無意味ではなかろうか…。

そもそも愛を証明する必要なんてあるのだろうか…。ないかもしれない…。
結局は自己満足になってしまうかと…。
そうだ…結局は自己満足なのだ…。
俺は…傀を愛していると言いたいだけのヘタレ野郎だ…。

でも、出来事を人と共有することでそれは情報になるみたいな話を聞いたことがあります。
誰かに話を聞いてもらうことで、それがあたかも事実として記録上に残るというか、証明されるというか…。
「俺は○○だ!」と周りに知って貰う事で、自分はこうでこうなんだと自分の考えに自信が持てたり、
成果がでればさらに高みを目指したくなったり、世に何かを知らしめることには何かしら意味があるのだとも思います。
結局は自己満足かもしれませんが、それが無意味であるかといえば無意味じゃないかもしれませんし、
人生無駄無しというように、何事も経験と言えるのかも知れません…。
だからこそ…一体何が愛の証明と言えるのか、
二次元キャラへの愛というのがそもそも実現するのかどうかというのもわかったものじゃないのが現実なので、
何かしらの行動をとる事は全く無駄ではないと言えるのかも知れません。
…今、ナメック星人が孵りました。
この命が無事に育つことを願って、我々はこの地を後にしました。
数年後、この森が彼らの故郷となっていることでしょう…。

« サムソンティーチャー|Top|むこうぶち外伝EZAKI感想 vol.9横須賀 »

コメント

こんにちは~(^^)

以前、2次元との溝についてお話させて頂いて
現実逃避が悪いことだ、みたいなニュアンスになってしまったんですが
2次に対する考え方は、ぶぼさんが書かれていた
現実で辛いことがあったら、自分には2次がある
2次で辛いことがあったら、2次だからと割り切る
みたいな感じです!!
文章で自分の気持ちを表現するのは、難しいですね;


>「俺は○○だ!」と周りに知って貰う事で、自分はこうでこうなんだと自分の考えに自信が持てたり
ブログで、自分の気持ちを書いていると
頭の中が整理できる気がします。

ブログに自分の好きなキャラの話を書くときに
自分はキャラの性格が好きだ、顔が好きだとか書いて
キャラのどんな所が好きだったのか再認識できる気がします。
後、自分の意見に賛同してくれる方が現れたりすると
凄く嬉しいですよね(^^)キャラに対する愛を皆で共有して
盛り上がるみたいな感じで。

>愛の証
愛の証は人それぞれで
絵を描いたり、キャラと同じ格好をしてみたり
考察をしてみたりetc・・・
人様に迷惑をかけなければ、どんな形で表現してもいいですよね!
反対に、表現しなくても別に問題は無いと思います!!

問題なのは、他人に愛を証明しろと強要することです。
最近、姉と共にハマっているものがありまして
そのハマっている物のイベントに行かないと言ったら
「本当に***のことが好きなの?」とキレられ
ドン引きしたことがありますorz
***が好きだったら、こうするべきだとか強要されると
すごく萎えますよね;

長々と乱文を失礼しましたorz

<<チラシの裏に描いておけばいいじゃないか
私の考えではインターネットは巨大なチラシの裏みたいなもんだと思います。ブログやツイッターなんてのも完全にそうですし、インターネットができる前は机にしまい込むしかなかったどうでもいい考えを不特定多数の人間に見せる事が出来てあわよくばレスポンスが貰えるみたいな、だからあんまり気にしなくてもいいんじゃないですかね?

<<原作に忠実な二次創作
私は結構な2次創作大好き人間なんですが、自分のイメージに合う物が見つかったら見て自分のイメージや趣向と合わないものがあったらすぐに見るのをやめるといった具合で楽しんでいます。

<<結局は自己満足なのだ
いいじゃないですか!自己満足で!自己満足っていうとなんか悪いイメージありますけど、自分を満足させるのなんて普通の行動じゃないですか。他人に迷惑さえかけなければ自分の欲求を満たすために多少社会的に不道徳な行動をしてもかまわない、という自論を私は持っています。YRNさん誰にも迷惑かけてないじゃないですか!いいんですよ自己満足で!

はじめて書き込みます。いつも楽しく拝見してます!
何となくこのコピペを思い出しました。


107 名前:既にその名前は使われています 本日のレス 投稿日:2008/03/28(金) 13:20:30.03 5Ei5I+AZ
あのさー、「アニメはただの絵」なんて言葉には何の意味もないわけよ。当たり前すぎる。
ただの絵って、そりゃ絵だよ。そんなの誰にでもわかるって。
これは言い換えるとね、例えば友達が彼女の写真を見せてくれたとして、
「これはただのインクの集合だ」と言ってるのと同じなわけよ。
もっと言うと、友達の恋人を指差して、「こいつはただのタンパク質だ」と言ってるのと同じなわけよ。
別に間違ってないよ。写真はインクだし、人間はタンパク質だ。でもそれがなんだっての?
インクだから感情を抱くのは間違いだ、タンパク質だから好きになるのは間違いだ、とでも言うの?
それはちょっとバカすぎるね。バカすぎる。「アニメはただの絵」ってのはそういうのと同じなんだよ。
好きになるのは人格としての、存在としての彼女だろうが。物理的構造なんてどうだっていいんだよ。
そんな当たり前のこともわからないわけ?
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/gline/1206200964/


人を好きになるのに二次元とか三次元とか関係なかったんや!

>オリオンさん

こんにちは!!
こんな妄想記事に親身にコメントをしてくださって本当にありがとうございます!

>現実逃避が悪いことだ、みたいなニュアンスに
あああ…そうだったんですかあ…!
自分の読解力が無いあまりに誤解を招いてしまって申し訳ないですorz
まさにぶぼさんが仰っていたことと同じ意味合いだったのですね。
3次が嫌になったら2次元の世界を堪能しつつ、
それで2次元で嫌なことがあったらやっぱり自分には3次元がある、みたいにw、
自分の都合よく解釈して自由に楽しめるのが2次元の醍醐味、というような事ですよね!
現実逃避が悪いことではなく、割りきって楽しむ分には全く問題はないですよね。
本当に没頭してしまうのは問題ですけれども…w

>キャラのどんな所が好きだったのか再認識できる気がします。
おっしゃるとおりだと思います。
メモ帳や日記に書いておけばいい内容かもしれませんけども、
人目に触れる場所に書くことによって、それを再認識できたり、気持ちに自信が持てたりするものですよね。
もしも自分と同じ感想を持たれた方に出会えたらそれもまた嬉しいことですよねえ…。
そういう楽しみがあるからこそネット上にこうして公開する意味があるんですね…(つД`)


>人様に迷惑をかけなければ、どんな形で表現してもいいですよね!
>反対に、表現しなくても別に問題は無いと思います!!


おおお…ありがとうございます。
愛情表現には本当に色々な形があって、その形の何がいけないとか何が正しいとかそういう決まりは一切ないんですよね。
自由に表現することに意味があり、「自分がやろうとしている事なんて周りから見たら…」等と気にすることなんてないんですよねorz
逆に愛情表現を無理にすることもないんですよね。
それくらいの楽な考え方で二次元と接していきたなぁと思いましたよ!

>問題なのは、他人に愛を証明しろと強要すること
全くその通りだと思います…。
○○のファンならこうするべき!っというような自分ルールを他人に押し付けるのだけは良くないですよね…。
その作品を好きな気持ちというのが人それぞれで違うということをしっかりと考えておく事が、
二次元と三次元の狭間で生きていく上で大切な事なのだと思いました。
ううぅ、、色々なご意見をお聞きできて大変勉強になりました!
いつも貴重なお言葉をかけてくださってありがとうございます!orz





>矢尾板さん

こんにちは!いつもコメントありがとうございます!(つД`)
こんな事に付き合ってくださっていつも申し訳ないですorz

>インターネットは巨大なチラシの裏みたいなもんだと
…ああ…おお…おおあおあ…そのお言葉のおかげで自分の中で考えが変わりました…。
確かに…今のネット上のツイッターやブログには、誰が見ているかもわからないようなチラシの裏的な内容でごった返していますよね…。
このブログだってその中のひとつに過ぎませんし…w
例えネット上と言えど結局はチラシの裏とそう変わりない、っと楽に簡単に考えてしまえば、
最低限のマナーさえ守りさえすれば、何も恐れることはないかもしれませんね…。
それくらい楽な姿勢で考えてみたいと思います!本当にありがとうございます!


>自分のイメージに合う物が見つかったら見て
>自分のイメージや趣向と合わないものがあったらすぐに見るのをやめるといった具合で


そうですねぇえ…。
全部を見ようと、受け入れようとしなくてもいいんですよね。
自分のイメージに合うものだけを受け入れて楽しめばいい話なんですよね…。
自分のイメージに合わないものが存在していたからと、落ち込むことなんて無いんですよね…w
それこそ相手に失礼になってしまいますし…。
矢尾板さんのように物事を楽に考えられるようになりたいです…。

>いいじゃないですか!自己満足で!
うぅう…ありがとうございます。
上でネット上そのものがチラシの裏みたいなものだと仰っていたように、
自己満足万歳で全く問題ないんですねorz
現実では到底曝け出せないような事を自分の欲求を満たすためだけに、
ネットという手段を使って自分の考えや妄想を好きなだけ曝け出したりするという、それだけの事なんですよね…。
おかげで、深いことを気にせずに好き勝手やってしまおうという清々しさを感じることができましたorz
ありがとうございます(つД`)
矢尾板さんのご意見にはいつも唸らせてもらってばかりです。






>紀州犬さん

はじめまして!こんにちは!
いつもこんなブログを見てくださっていらっしゃるなんて嬉しいです!
今回はわざわざコメントをしてくださってありがとうございます!

そのコピペは素晴らしいですよね。
二次と三次というものの確信をついているかと思います…w
「生物であろうと架空の物であろうと好きになるのに理由は無い」という事なんでしょうね…。
キャラクターは確かに意志がなく、人の手によって造られたものに違いありませんが…、
作者が絵という手段でキャラに命の吹き込んでいる事に変わりはないと思います…w
それを好きになってしまったならもう仕方ないですよねw。
仰るとおり二次とか三次とか関係なく、一度好きになってしまったらもう仕方ないものだと考えてしまっていいのかもしれません…ww
自分ももう二次元への愛を貫けるだけ貫いてしまおうという気持ちになれましたw
紀州犬さんもどうか心置きなく二次元への愛を貫いてください…!

 遅ればせながらこっそりと…

>出来事を人と共有することでそれは情報になる

 おおお、素晴らしいお言葉…(T▽T)
正にその通りですよね。

 サイトやブログにUPするのってつまり、他の人と情報を共有するため…ですよね。
で、共有してくれる人がいれば楽しくなるし…

 …しかし逆もまた然りで。
ネットっていう匿名性ゆえ、
自分と嗜好が違うと、嫌ならスルーすればいいものを、
一々批判してきたり、自分の嗜好を押し付けてくる輩もいる訳ですよ。

 そこら辺とどう折り合いをつけていくかが難しいと思いますが、
好きなことは好きだーーーー!と堂々とUPしていいと思いますよ~。
公共の福祉に反しない限り、精神の自由、表現の自由は保障されるのです(`・ω・´)b

 で、嫌なものは見ない、と(^^;

 愛の証明…って何でしょうね。
二次元を深く愛します…!
…と、ここで宣言してみるテスト。

 …失礼しました(^^;;;

>ぶぼさん

ぶぼさん!!
いつもコメントありがとうございます!

>「出来事を人と共有することで~」
情報系の授業で講師の人がこのような事を言ってらしたんですよw
単純な言葉でしたが、自分の身の回りだけで起きた出来事を誰かに話すことで、
なんだかそれが存在しうる情報に変わる、みたいなそんなイメージを持ちましたw
そういったやりとりを簡単にできるのがネットという場所なんですよねぇ…。
チラシの裏と言えど、誰かに聞いてもらえたらいいなっという、
そんな心情から人はブログやtwitterを利用しているんでしょうね…。

>一々批判してきたり、自分の嗜好を押し付けてくる輩も
そうですよねええ。
好きなことは好きだと、
自分はこのキャラについてこうだと思う、っというような事を強く思い続け、
それを堂々とUPしたって構わないわけですよね!
それでも批判されてしまったらその時考えたいと思います…w
そのへんの折り合いは難しいところですね…w

>で、嫌なものは見ない、と(^^;
そのへんをしっかりと割り切れるようになりたいものです…。
二次創作である限り、原作がそれによって変わる事なんて絶対にないですし、
所詮は、自分のものを含めてその全てがファンによる偽物の創作物にすぎないっというような事を頭に入れておきたいものです…w

>愛の証明…
一体何なんでしょうねww
三次元なら結婚式やらなんやらがありますけれども…ww
二次元の場合は、やっぱりひたすらグッヅを集めたりや絵や文などで愛の深さを人目にアピールして証明するみたいな事になりそうなものです…w
でもそれで、自分が満足ならそれでいいんでしょうねw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allkai.blog43.fc2.com/tb.php/646-1be65505

Top

HOME

矢尾板の麻雀・アニメブログ~目指せ鳳凰卓~//矢尾板様 喪ぐら//伊東様 蒼天遍歴//MOZ様 StarShip//オリオン様 はんちく荘//ぶぼ様

YRN

Author:YRN
趣味はひとり桃鉄、DX人生ゲーム2など。
好きな作品は北斗の拳 DB キン肉マン Zガンダム
ヤマジュン作品 初代ときメモ )等。
 

当ブログはリンクフリー・アンリンクフリーです。
  
何かございましたらこちらへ!
amii_k_r@yahoo.co.jp


-天気予報コム- -FC2-

生活習慣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。