スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慣れ



※過度な妄想ネタ注意


アニメや漫画の好きなキャラ、好感が持てるキャラというのは沢山いるものですが、
そのなかで「○○タンハァハァ!!」「御無礼、ハァハァです」となりつつ真面目に真剣な感情を抱いてしまうようなキャラというのが、
個人の脳内の中で多分一人か二人くらいいるものだと考えています。(いないかも…)

その中で「○○は俺の嫁!」と言いつつ数ヶ月後には「△△は俺の嫁!」となっているケースもなかなか見受けられます。
その道の方によれば「嫁は増える物」らしいですがその考えもわからないわけではありません。
嫁を切り捨てるよりは増える方が後味もいいではないかと思うので…。

そんな風に、どんなに想いを寄せるキャラがいたとしてもいつしか慣れて心変わりしてしまうのではないかという緊迫感を自分は感じてなりません。
二次元は三次元と違い、好きなキャラが登場しているシーンというのは段々と限られてくるのが現状でありつつ、
その限られたシーンを見尽くして段々と慣れてしまい、当初感じていた情熱を失ってしまうのではないか…という風に考えてしまいます。
そのキャラの二次創作を見たり自分で創作したりするという手もありますが、
個人的な見解ですがやはりそのキャラは原作のモノホンしかありえないというような考えを持っている人間には通用しない手段だと考えています…。
慣れを感じない為には好きなキャラが出てくる漫画を見過ぎないようにある程度の間隔を掴んだり、
安易にキャラを壁紙や待ち受けにしないようにする…などの工夫が考えられそうです。
ですがそんな事をしたら逆効果なようなきもしないでもありません。
二次元は三次元と違って触ることが出来ず、ぬくもりや柔らかさを感じ取る事が出来ずしかも一方通行だというのも慣れやすさの要因なような気がします…。
似たような感じで三次元の好きな人の写真も、写真だけでは満足できないという感覚になってしまったらある意味二次元キャラと同じようなもののように思えます…。
と言いつつ好きなキャラが三次元に現れたら…っと考えるとまた微妙なものです。
二次元は二次元だからこそいいのかもしれません…。

もし好きなキャラに慣れて飽きてしまったというような事になってしまったとしたら、
俺の愛はそこまでだったという結論にもなると思います…。
以前は「○年間もこのキャラを愛していたんだー」っという風に、キャラを愛した期間の長さが自信になるものだと思っていましたが、
愛した期間はさほど関係なく…、今の気持ちが全てなのだというのを知りました。
その今の気持ちを失わない為にできる事は…、妄想でカバーし続けるか、幽体離脱をして自分が二次元の世界にいくしかないのかも知れないというのが今の考えです…。
他にもうまいこと↓のような傾奇者になる方法がないものかと模索中です。




« 魂の尻|Top|敗者のストーリー »

コメント

俺が1番御無礼のシーン追加ありがとうございました!!!私もすごいよ!マサルさん大好きです。

心変わりというのは、2次元に限らず3次元でも起こる事なんで恥じることもないし、止めることもできないと思います。カップルはたいてい1年持たずに別れますし、熟年離婚の件数は年々増え続けています。人の心は変わり続ける物なんですから、先におびえるのではなく今自分が好きだという気持ちを精一杯尊重してそのキャラを愛せばいいんじゃないですか。
 そのキャラを愛し続けなければいけないという使命感で愛するなんて、それこそキャラに対して失礼なのではないでしょうか…

>個人の脳内の中で多分一人か二人くらいいるものだと考えています。
「○○は俺の嫁」とかよく見かけましたが、そこまでいかなくても誰でも好きなキャラはたくさんいますね。
そしてその中でも思い入れの強い、一番!なキャラを誰でも持っているものでしょうかねー。
自分も好きなキャラはたくさんいますが、自分にとって女の子で一番なキャラは7,8年前からずっと変わっていません。それくらい好きな子に会えたなら幸せなんだと思いますw

もっと範囲を広げれば一番好きなキャラクターは孫悟空なんですが…ww

>「○年間もこのキャラを愛していたんだー」
前述した経緯があるので自分はまだこの領域ですね。まあ、周りに迷惑をかけるわけじゃないから許して下さいw
YRNさんの傀さんへの感情は尊敬に値します…。

>傾奇者
角田師範のこの曲は非常にイイですね。
人選も曲も素晴らしく慶次にあっていると思います。男臭さと爽快さが堪らんです。
角田師範は昔おはスタとかに出てたのを覚えていますが…いやはや歌もお上手で。
とか思ってwikipedia調べたら、英語の教員免許を持っていて英語が堪能、舞台俳優や声優も少しやられており、そういえば昨年の大河ドラマ天地人でも主人公・直江兼続の仲間として登場していました…。
そして本業の格闘家…無骨そうに見えてなんて多才なんだ…惚れてしまう…。

>矢尾板さん
こんにちは!
こんな妄想記事に神のような助言を本当にありがとうございますorz

>シーン追加
喜んでくださって何よりですよ! 公開した甲斐がありましたよ(つД`)
「マサルさん」はノリが面白いですよねw
マサルさんが肩につけているオシャレグッズは自分も欲しくなってきます…w

>心変わり
おっしゃるとおりですね…。
2次3次に関わらず心変わりってやっぱり止められないものなんだと言う事に気付きました…。
百年の恋も覚めるという言葉があるくらいですから、
ほんの些細なことで気持ちが冷めてしまう事だってあるものなんでしょうね…。
人の心は変わり続ける物…というのは本当にその通りだと思います。
そうやって人は心を入れ替えながら生きているものなんでしょうね…。
矢尾板さんのお言葉通り、先に怯えたりせず今の気持ちを精一杯尊重する事が一番良い方法だと言えるのだと思います。
好きだから失うのが怖いなどと臆病になっていましたが、臆病になっているだけでは先に進めませんよね。
おかげで目が覚めました(ノД`) いつも様々なアドバイスほ本当にありがとうございます!
冷静になって考えると二次元にマジになっちゃってどうするのという感じが否めませんが…w、
そこはもう2次でも3次もいかに真剣になれるかどうかが大切になってくるのだと思いました…w






>名無しさん
こんばんは!こんなヒド過ぎる記事にコメントありがとうございます…!

>自分にとって女の子で一番なキャラは7,8年前から
おお…そうだったんですか!!
失礼ながら名無しさんは真面目なイメージがあったので二次元に嫁がいるイメージがありませんでしたw
しかも、7、8年とは長期ですね。いざそうやって期間をお聞きすると愛の深さというものを感じずにいられません…。
そこまで名無しさんを射止めてしまったキャラが一体どんなキャラなのかと気になるものです…w

>前述した経緯があるので自分はまだこの領域ですね。
キャラを愛した期間が長くてもいつかは冷めてしまうかもしれないと怯えを感じてしまい、
必ずしも愛し続けた期間は重要じゃないなどと考えていましたが…、
愛し続けて幸せだったと思えるならそれはそれで勝ち組(?)なんだと思いましたよw
ドラゴンボール改の次回予告でトランクスが「この一瞬の積み重ねが未来に繋がるんだ」と言っていたのですが…、
時間をかけてゆっくりとキャラを堪能していくうちに、愛というのがより一層深まっていくのではないかと感じました。
愛は無限大だと思いますし愛に果てはないものだと思います…、なので「慣れ」なんて事が必ずしも引き起こるわけでもないとも考える事が出来ました。
慣れを通り越してそのキャラに対していつまでも夢中になれるのなら、それはもう幸せとしか言いようがないでしょうねw
自分もそんな領域に辿り着きたいものです…。

>もっと範囲を広げれば一番好きなキャラクターは孫悟空
好きなキャラと言っても分野(?)がありますよねw
主人公として好きなキャラや悪役として好きなキャラ、以前話題になった天才として好きなキャラなど様々だと思います…w
自分も悟空はヒーローとして大好きなキャラです!
悟空の周りでは誰もが笑顔になってしまうような特有の朗らかさを持っているところ等々色々なところに惹かれます…。

>角田師範
この傾奇者ソングご存知でしたか!w
まさに漢の中の漢の歌ですよね…。これ以上暑苦しい漢がいるものかと思わされてなりませんw
CR花の慶次が人気になったのも角田さんの主題歌が要因になっているとも聞くくらいですw

>角田師範は昔おはスタとかに
おはスタ懐かしいです!まさか角田さんもでてらしたんですかw
さぞ朝からかなりの元気を貰える事でしょう…w
自分も全然知りませんでしたが角田さんは格闘技に留まらず様々な分野でご活躍されていたんですねえ。
英語ペラペラなのが特に意外ですw
PVから感じられる筋肉の厚みや威厳は、格闘家兼歌手ならではの表現力だと思います…。
お子様のお名前がケンシロウとユリアだというのも角田師範だからこそお付けできるネーミングだと思いましたw
自分も角田師範こそ誰もが憧れる理想の男性像だと思えてなりません…!

 うぅ、なんと純粋な…(ノ▽T)
ずっと好きでいるってのも、二次元でも三次元でもなかなか難しいですよね…。

 長期連載モノですと、初期とは明らかに傾向が変わってしまったりするので、
飽きる…というよりは「がっかり」してしまったり。

 かといって短期で終わってしまうと、妄想にもなかなか限界があり…(^^;
それでも深く愛すると、今度はメアリー・スー的な感じになったりで…。

 うーん、確かに自分も、昔はこんなに好きだったのに、今はさっぱり……なキャラがいますねーw
その原因は主に「がっかりした」なのですが、
逆に残念感がないキャラは、いつまでも俺の嫁として心に残ってますwww(←勝手に)

 そこら辺は二次元も三次元も同じ感覚ですね~w
…と、訳のわからんコメントで失礼しました…orz

>ぶぼさん
ぶぼさん!こんな記事にいつもコメントありがとうございます!
純粋だなんて全くそんな事はないですよww

>ずっと好きでいる…
難しいですよねぇ…。これから嫌いになることがあるものかと思っていようと、
段々とその気持ちが薄れていってしまう可能性も秘めているものですよね…。それが辛いというかなんというか…;。

>飽きる…というよりは「がっかり」してしまったり。
わかります(つД`)
漫画は長期連載すればするほど長期連載故のマンネリというか、
キャラ崩壊というか…そういうものが少なからずでてくるものですよね…。
そういうのを乗り越えてこそ真のファンなのでしょうがなかなか上手くいかなかったりしそうなものです…。

>今度はメアリー・スー的な感じに
個人的にはこっちの方がいいような気もします…ww
いいキャラはいいキャラのまま崩されずに短期で終わってしまったほうが、
長期連載で崩れていくよりは全然良いと思いました…。
が、やっぱり仰るとおり妄想に限りがあるのでメアリー・スーにならざるを得ないものもありますね…w
メアリー・スーでも構わない、っという思い切りが必要になってくるのかもしれません…。
周りがついてこれない可能性が大ですが、やっぱり自己満足の領域ですからねぇ…w

>今はさっぱり……なキャラがいますねーw
そうなんですか!!
よろしければ今度一部始終を詳しくお聞かせしていただきたいです…wメール等いつでもお待ちしてますw

>逆に残念感がないキャラは、いつまでも俺の嫁として心に
そういうものですよねええ…。自分も全くそうです…。
私事ですが藤崎詩織ちゃんや水野亜美ちゃんは今でも心の中にあります…w
残念感の少ないキャラ、程良く好きなキャラというのはいいキャラのまま心に残るものですよね。
好きすぎたあまり、なにかの些細な「がっかり」感で急に冷めてしまうということがありそうなものですよね…。愛憎は表裏一体とでもいいますか…orz
勝手に好きになったり勝手に冷めたりあまりに自分勝手すぎるモノであるのに変わりはないのですが…w

>二次元も三次元も同じ感覚
そうですねww
そう考えると二次も三次も愛の形というものはさほど差が無い物という風にもいうことができると思います…ww
それだけに二次だろうと三次だろうと愛というのは複雑なものですね…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allkai.blog43.fc2.com/tb.php/632-d24ff044

Top

HOME

矢尾板の麻雀・アニメブログ~目指せ鳳凰卓~//矢尾板様 喪ぐら//伊東様 蒼天遍歴//MOZ様 StarShip//オリオン様 はんちく荘//ぶぼ様

YRN

Author:YRN
趣味はひとり桃鉄、DX人生ゲーム2など。
好きな作品は北斗の拳 DB キン肉マン Zガンダム
ヤマジュン作品 初代ときメモ )等。
 

当ブログはリンクフリー・アンリンクフリーです。
  
何かございましたらこちらへ!
amii_k_r@yahoo.co.jp


-天気予報コム- -FC2-

生活習慣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。