スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪役の魅力とは…



 >ダメな部分しかない人間というのは地球上にも漫画界にも少なからず存在している。
 >なぜか分からないけれどそんなダメな人間に惚れてまうやろーとなってしまう人もいる…。


この謎が頭から離れず数日間ずっと考えていました…。
なぜ性根が腐っているようなダメな人に惚れてしまうようなことが起こってしまうのか…と…。
ただダメなだけならいいですが、根っから悪い人だった場合それでも惚れていると言い切れるのだろうかと…。

塚田さんは…初登場時は普通のこ憎たらしい脇の脇役でちょっとワルっぽい人でしかありませんでした。
なので一緒にいた陶芸の胴元のおじさんに駄目人間呼ばわりされていたのです。
しかし塚田さんは紀子さんにとって優しく面倒見のいいおじさんでもあり、ヤクザとは思えない人の良さを見せる一面があったのです。

完全に個人的な考えですがそういった愛嬌のあるシーンをのりピーや読者が目のあたりにすることによって、
何の魅力もなかったちょっと悪い感じで駄目っぽいキャラなだけだった塚田さんに愛着を持てる…というような事が起こるのだと思われます。
愛嬌があるから愛着が持てるというか…、それがダメ惚れの起源になっていたのではなかろうかと思います…。


北斗の拳の悪役・ジャギがなぜ世間からジャギ様と呼ばれるのか…。
なぜジャギ様のフィギュアが一番購入者数が多いのか…。
ジャギ様は基本的に悪い事しかして無くて人間味があふれる優しい一面などを見せたことすらない本当に悪いキャラでもあります。
にも関わらずメインキャラに匹敵するほど人気が高いのは、なぜなのだろうか…。
それはやはり…どんないい加減な理由でどんな悪事を働いていようと少なからず愛嬌があるからなんだと思います。



特にこのケンシロウに相手に手も足も出ずに一方的にやられてしまうシーンのヤラれ方が凄く華があるように思えるんです。
むしろケンシロウが悪役にしかみえないような、そんな可哀想な追い詰められ方に好感が持てるのだと思いました…。
「や…やめてくれ!た…たのむ! そ…そんなもの刺されたら死んじまう!なっ!」というところは同情の念にかられます…。
そういえば原哲夫先生もいいともでジャギが一番お気に入りで理想通りに描けたとおっしゃっていたそうです。
心から悪に染まってしまった悪役を描くのも描き手にとっては楽しいものなのかも知れません。

こういったヤラレキャラがいてからこそ主人公がより光るものなんだなと思いました。
むこうぶちは傀が絶対強者なので必然的に相手がヤラレ役に堕ちてしまいますが、
佐野さんや小暮さんや初期江崎さんなどのコミカルなヤラレ役を兼ね備えてこそ傀の強さや魅力がより引き立っているんだなぁ…と。

« プリケツ過ぎて死にたい|Top|アミバ天才手帳2011レビュー »

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allkai.blog43.fc2.com/tb.php/615-296b49a8

Top

HOME

矢尾板の麻雀・アニメブログ~目指せ鳳凰卓~//矢尾板様 喪ぐら//伊東様 蒼天遍歴//MOZ様 StarShip//オリオン様 はんちく荘//ぶぼ様

YRN

Author:YRN
趣味はひとり桃鉄、DX人生ゲーム2など。
好きな作品は北斗の拳 DB キン肉マン Zガンダム
ヤマジュン作品 初代ときメモ )等。
 

当ブログはリンクフリー・アンリンクフリーです。
  
何かございましたらこちらへ!
amii_k_r@yahoo.co.jp


-天気予報コム- -FC2-

生活習慣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。