スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むこうぶち外伝 EZAKI vol.4「黄金町」 感想





近オリでやっている江崎さんの外伝の感想です。

近オリを取り扱うコンビニがどんどん減ってきています…。
このままだと入手できなくなる可能性が…;

新連載を始める際には予め3,4話ほどストックをしておくと聞いたことがありますが、
この4話目は連載が開始されてから描き始められた話なのだろうと思います。
ここから数話完結ものになっていくのでしょうか。


~あらすじ~
劉大人の下で、痺れるような勝負を求めて全力疾走を続ける江崎さん。
ある日、一戦を交えたカモ達が再戦を申し出たため翌日の同時刻に再戦を望むことにした江崎さん。
だが…その間に江崎さんは何者かの拳銃によって打たれてしまう。
かろうじて一命を取り留めた江崎であったが、髪はサラサラストレートなままだった。
犯人はこの中にいる!('∀`)<あなたを、犯人です



ごめんなさい…内容があんまり頭に入らない内容でした…。
脇で打っている人たちにスポットライトがあたらないまま、この中に犯人はいる!と言われても…という…。すみません…。


あと、特に気になったのですが、自分が言えたことじゃないんですけど…、
背景にある雑居ビルの風俗店の看板のネーミングセンスがちょっとなぁって思いました…。
「ぼっ○っき」「ぱい○んまん」等…。
これも天獅子先生が関わっているのだろうか…?
精力剤としてむこうぶち本編に登場した「強力はりもと」や「夜はクネクネ」とは違うモノを感じました…。
こうなんというか、こういった当てずっぽうなネーミングではなく…、
もっと…思わず通いたくなってしまうような、サジェスト効果のある店名がいいなぁと…。
大宮の銀座通りにある「愛の戦士セーラームーン」というお店には一度足を運んでみたくて仕方がありません;
こういった細かいところがしっかりとしているだけで、世界観ってもっとリアルになると思うんですよ。偉そうにすみません…。
この漫画の第一話で、どんな些細な脇のキャラでも卓を囲んだキャラにはしっかりと苗字をつける天獅子先生に対して、
脇キャラを「ハゲ」や「メガネ」等と簡易的なネーミングにしていたところが、実は受付なかったんです…。
この漫画の第一印象がそれで決まっちゃいました…。

せめて「ぱ○ぱんまん」と聞いて、麻雀牌の白(パイパン)が絡められた話を期待したのですが、特に何もないままでした。
といっても、外伝といえば本編とは別世界と考えるべきでしょうし、こんな細かいところにこだわっても仕方ないものだとも思います…。


それと…、なぜか自分の中で江崎さんは銃弾くらい避けられるイメージがあったので、
↓のように軽やかに避けるものかとばっかり思っていました。


         ,. ‐''三ヾ´彡シ,=`丶、ヾ´彡シ,=`丶、シ,=`丶、,=`丶、丶、
      /'".:=≡ミ_≧_尨彡三:ヽ、≧_尨彡三:ヽ、彡三:ヽ、三:ヽ、:ヽ、
     //.:;:彡:f'"´‐------ ``'r=:l------ ``'r=:l-- ``'r=:l ``'r=:l 'r=:l
     /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉 ̄ ̄,.=、 |ミ:〉,.=、 |ミ:〉、 |ミ:〉|ミ:〉
    'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{=、.___,. ==、._ゞ{,. ==、._ゞ{==、._ゞ{._ゞ{
    {´yヘl'′   |   /⌒l′  |`Y} /⌒l′  |`Y}′  |`Y}  |`Y}|`Y}   
    ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{ノ_ _;`ー‐'゙:::::l{_;`ー‐'゙:::::l{‐'゙:::::l{゙:::::l{     
.    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|!mmm、   .::|!m、   .::|!   .::|! .::|
   ,.ィ'´ト.´     ´`"`"`゙″ .::::;'`"`"`゙″ .:::;'`゙″ .:::;'″ .:::;' .:::;'
イ´::ノ|::::l \         "'   :::/   "'   :::/'    :::/   :::/ :::/
::::::::::::|:::::l   ヽ、      ..::  .:::/.、   ..:: .:::/.、 ..:: .:::/.、: .:::/.、::/.、         そっその動きはトキ!
:::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\:/..:::/!\\::/!\\ !\\ \
::::::::::: |::::::::ヽ    ``''‐--ァt''′ |!:::ヽ:::\t''′ |!:::ヽ:::\|!:::ヽ:::\:::ヽ:::\:\
:::::::::::::|::::::::::::ヽ、       /i|iト、  |l:::::::ヽ:::::\  |l:::::::ヽ:::::\::::ヽ:::::\:ヽ:::::\:\   
:::::::::::::|::::::::::::::/:ヽ、   ∧|i|i|i|〉. ||::::::::::ヽ:::::::\||::::::::::ヽ:::::::\:::ヽ:::::::\ヽ::::::\:\

「海の上の3年間は伊達じゃない!」という感じで、
江崎さんが海の上での生活を送ったことにより人鬼と同じくらいの回避力を培ったイメージもありました。
でもやはり江崎さんは普通の人間で、作中で江崎さん自身が言っていたように、
自分にできるのは麻雀を打つ事だけという、勝負の世界でしか生きられない極限な生活を強いられた人なのだと感じました。
そういった江崎さんの凄みを今後も見させていただきたいなと思います。





パール金属  アンパンマン でっかい氷かき C-7439パール金属 アンパンマン でっかい氷かき C-7439
()
パール金属

商品詳細を見る



« コミケの注意点|Top|フィンランドのサウナ我慢大会の決勝で死者 »

コメント

ごめんなさい、AAで噴出しました。

私も、江崎さんが当たり前のように被弾したのにはびっくりです。
麻雀が強いキャラは何事にも割と最強なイメージがあったんですが、
やはり麻雀漫画として麻雀ばっか打ってると麻雀の強さ=腕力みたいな錯角に陥りますね…
傀さんにいたっては、弾を避けるというよりは弾が体をすり抜ける気すらします。

>脇で打っている人たちにスポットライトがあたらないまま、この中に犯人はいる!と言われても
やはり月刊ですから、次号へ繋げるために急ぎ足にならざるを得ないんですかね。
どうみても江崎さんに再戦を申し込んだ2着の人が怪しそうですが…なんか左利きだし…

>背景にある雑居ビルの風俗店の看板のネーミングセンス
私も初見で気づきました。わざわざ写植がしてあり、即座にシモ系の単語だとわかるものなので、
「こんな柄の悪いところにある診療所だよ」をアピールするためなのはわかりますが。
「強力はりもと」や「夜はクネクネ」は数秒考えないとシモ系だとわからない仕様なので、
朝の通勤電車などで寝ぼけ眼でこの雑誌を見るリーマンあたりに、
作中でサラッと意味を理解させたいだけなら、むしろシンプルな単語のほうがいいのかもしれませんね。

思うに、外伝で脇の名前やキャラ付けを曖昧なままにしているのは、
外伝の江崎さんは傀さんより人間味がある分、
脇にもキャラ付けをしちゃうと江崎さんのキャラが目立たなくなってしまうからかも。
江崎さんは麻雀シーン以外での性格や話し方には特徴ないですし。
それに対し、傀さんは、無口で礼儀正しくて…という時点で、大抵のキャラとの差別化ができますからね。

なにはともあれ、ワシズもですが、連作になったということは、連載も近オリそのものも安定してきたということ…
次号に期待ですね。

<近オリを取り扱うコンビニがどんどん減ってきています…
 駅のキオスクで意外と売ってますよ。もしくは書店で毎月自分用に入れるよう
頼むとか、ちなみに私は大学に入ってるスーパーの正式な組合員のような物になって年に一度行われる会議でちゃんと近代麻雀オリジナルを入れるように頼みました。組合員は1割引になるので結構嬉しいです。

<これも天獅子先生が関わっているのだろうか…?
 原作天獅子となってるので普通に考えれば話をほとんど天獅子先生が作ってるわけですが、あういう細かい背景は作画担当のアドリブじゃないですかね?
<脇キャラを「ハゲ」や「メガネ」
 むこうぶちのすごい所って脇キャラに一貫性がある所だと思うんですよ。決め打ちが好きなやつもいれば、速攻が好きなやつもいる。見てると「あっこいつは結構強いんだな」「こいつ等は大分弱いんだな」と感じれる所がすごいと思うんですよ。けどEZAKIからはまだ感じられません。むこうぶちとは別物の大味な麻雀漫画だと思った方がよさそうな気がしてきました。

>伊東さん
こんにちは!
こんな憤慨もののレビューにコメントをありがとうございますorz

>AAで噴出しました
ありがとうございます!わざわざ貼った甲斐がありましたw
元ネタはスラムダンクのバスケ部の顧問の安西先生という人なのですが、
安西先生自身はこんな軽やかな動きはしません…w
色々なキャラがなぜかこの避け方をしているAAがよくネタにされているんです…w

>麻雀が強いキャラは何事にも割と最強なイメージが
ありますよね!
傀さんや江崎さんのような底知れない実力を秘めた人ほどそんなイメージがありますw
なんでなんでしょうね…。麻雀ができるとなぜかそれ以外も何でもできちゃう人にみえてきます。
哭きの竜はなぜかひ弱なイメージがありますが…w

>傀さんにいたっては、弾を避けるというよりは弾が体をすり抜ける気すら
自分もそちらの方向性で考えていましたw
傀さんは腕力よりも魔力(?)の方が優れているイメージです!
そういえば劇中で傀さんに触れることが出来たキャラっていないような気がします…w
実体があるのかも謎ですねw

>やはり月刊ですから、次号へ繋げるために急ぎ足に
なるほど…そういった事情もあるんでしょうね…。
月1のアカギ等の大物作家と違って、
新連載を始めたばかりの作家はあまり連載に余裕がなさそうな感じもしますので、
一ヶ月感覚で読者を引きつけなければならないのは大変なのことだろうと思います…。

>どうみても江崎さんに再戦を申し込んだ2着の人が怪しそう…
彼だけ周りのキャラと比べてキャラ立ちしていましたよね。
なぜか左利きでしたし、その点だけが目立って怪しかったですね。
最初読んでいた時は、もっと別の組織に江崎さんが狙われていたのだと思ったのですが、
こんな身近に犯人がいたというのは読めませんでしたw
次回ではあのお医者さんの推理が聞けそうで楽しみです!

>作中でサラッと意味を理解させたいだけなら
そういった解釈も出来ますね…orz
おっしゃるとおり、背景を作画される目的や意図が『むこうぶち』とは違うんでしょうね。
深く考えずに軽く読めるように、シンプルさを追求なさっているのがこのEZAKIなんでしょう。
看板に何か書いてあるだけでも、何も無いよりは十分世界観のアピールになっていますよね。

>脇にもキャラ付けをしちゃうと江崎さんのキャラが目立たなくなってしまうからかも。
そういった解釈もできますね…。
脇にキャラ付けしていないのは、わざと狙ってそうしていたのかもしれませんね。
むこうぶちが敗者のストーリーに対して、
EZAKIは江崎さんが主役の話でもありますし。
他のキャラの背景があまり語られない分、江崎さんに纏わるエピソードをこれから見ていきたいですよね。
海の上の3年間に何があったのか、何が彼を変えてしまったのかを知りたかったりします…w

>ワシズもですが、連作になったということは連載も近オリそのものも安定して~
近オリは過去に何度か休刊したりしていますが、
今の状況では波に乗れている方だと思うので、この勢いを保って頑張って欲しいですよね。
来月から兎の外伝も始まりますし。
外伝以外のオリジナルが育たないという点では将来が危うい気もしますが…、
外伝の中でぜひオリジナルを発揮してもらいたいと思っています!





>名無しさん
こんばんは!
文面から推測するに…矢尾板さんですよね…?w
いつもコメントありがとうございます!

>駅のキオスクで意外と売ってますよ。
なるほど!!キオスクは想定の範囲外でした…。
駅の売店で買い物はあまりしたことがなかったのですが、
もし入手困難になったときは覗いてみようと思います!情報ありがとうございます!

>ちなみに私は大学に入ってるスーパーの正式な組合員のような物に~
そういう加入制度があるんですね!初めて知りました!
会議に参加なさって近オリを頼まれるとはすごいです。
意外とそのように色々な品物の入荷を望まれる方は多いのでしょうか。
1割引きだと年間にすると値段的にもかなりお得でしょうね。参考になります。

>細かい背景は作画担当のアドリブじゃ
原作は天獅子先生でも、天獅子先生のおおらかで朗らかな性格上、
大まかなストーリーを与えて、後は自由にやって貰いたいというような背景があるんじゃないかな…って推測しています…。
と言っても編集さんが直接話の展開について加わってくるとも思うので実際はどうなのかわかりませんが…。
でもやはりこういった細かい背景の看板等は作画担当のアドリブの可能性が高いでしょうね。
EZAKIは毎回横浜の地名がサブタイトルになっていますが、
今回の黄金町というところでは実際にこういった名前の風俗店があるかもしれませんし…w

>むこうぶちのすごい所って脇キャラに一貫性がある所だと思うんですよ。
そうですよねっ。
むこうぶちの、雀荘で人間味溢れるおじさんたちが盛り上がっているところが好きだったりしますw
それと同じく人それぞれで打ち方にも個性があって面白いですよね。
後ろで闘牌を見ている人の推測を見ると、この人は弱そうだな…などと思えるのがいいですよね。
1巻で日蔭さんの闘牌を観察していたマスターは、
日蔭さん同様に瞬時に待ちの受け入れの枚数を計算できたりなかなかのやり手だと思いましたw

>けどEZAKIからはまだ感じられません。
江崎さんのキャラを立てるためにあえてそうしている可能性もありますが、
もう少し今後で心強い引き立て役等がでてくるのを期待しています。
むこうぶち本編のキャラがでてきてもまた面白いと思いますし。
個性的な脇役がいるから主役が引き立つものだとも思うので…。
ドラゴンボールでもクリリンは欠かせないキャラなのと同じように…w

>むこうぶちとは別物の大味な麻雀漫画だと思った方がよさそうな気がしてきました。
「大味」という単語は味があるみたいな意味合いだと思ってしまったのですが、
逆に味気ないという意味なんですね…。勉強になりました!
むこうぶちの世界を完全に引き継いでいるわけではなく、
全く別の手法や新たな視点で江崎さんのストーリーを描いているという、
別の物だと考えたほうがいいかもしれませんね。
本編に勝る外伝は無いに等しいですし…。ワシズは凄いですが。
EZAKIはEZAKIで楽しむべきなんだと思ってきました。

ミスりましたwwすいませんw

>矢尾板さん
やっぱり矢尾板さんだったんですね!
違ったらどうしようとちょっとだけ心配でした…w
わざわざ名乗りでてくださってありがとうございます!
名前を入れ忘れることってよくありますよねw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allkai.blog43.fc2.com/tb.php/552-885546ea

Top

HOME

矢尾板の麻雀・アニメブログ~目指せ鳳凰卓~//矢尾板様 喪ぐら//伊東様 蒼天遍歴//MOZ様 StarShip//オリオン様 はんちく荘//ぶぼ様

YRN

Author:YRN
趣味はひとり桃鉄、DX人生ゲーム2など。
好きな作品は北斗の拳 DB キン肉マン Zガンダム
ヤマジュン作品 初代ときメモ )等。
 

当ブログはリンクフリー・アンリンクフリーです。
  
何かございましたらこちらへ!
amii_k_r@yahoo.co.jp


-天気予報コム- -FC2-

生活習慣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。