スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失踪の理由




   194 名前:焼き鳥名無しさん[sage] 投稿日:2008/08/27(水) 22:53:35 ID:???
      ゲームの最後で人鬼に勝ってプレイヤーがなぜか失踪した後、安さんがこう言うんだけどうまく解釈できない…

      「俺が雀荘についた頃、二人は対戦を終えて去った後だった。
      「興味が沸いて卓をチラッと覗いたが一方の方があがっていてもう一方は伏せたままだった」
      たぶんあれがあの二人の手牌だったんだろう
      あがったほうの手はまさに人鬼のような手だったが……
      本当の鬼は最期に牌を伏せていた方だ
      そいつがどっちかはわからないが何を思ったかはわかる
      戦いをやめたくなかったんだ。だから少しでもゲームを伸ばそうとした
      その結果……そいつは負けた。そして、あいつは消えた」






↓の記事の、このエンディングの謎がやっと解けました…。
手牌を伏せていたのも、戦いをやめたくなかったのも、プレイヤーではなくて傀さんの方だったんですね…。
このエンディングを初めて見た時は、プレイヤーが傀さんと勝負を続けたくて負けたのだと思っていて、
ゲーム的にはプレイヤーが傀さんに勝っているのに、なぜ負けたことになっているのか謎でしかたなかったのですが、
傀さんがわざとアガリを見逃して負けた…負けたけど実は負けていなかった…っということだったんですね。
それに気付いたから、プレイヤーは何らかの思惑を抱いて失踪してしまった…。
なんて素晴らしいエンディングなんだああ…あああ…ああ…ああああーー!!。・゜・(/Д`)・゜・。

傀さんは22巻で安永さんと真っ向勝負した時も、最後に手牌を晒さずに脇のタブロンで安永さんを殺したりしていて、
手牌を晒さない…最後に己を見せない…というような事は実際にやりそうですし、
このエンディング場合も傀さんの方が手牌を伏せていた可能性もなくはなさそうです…。

傀さんに手牌を伏せ、戦いをやめたくないと思わせたのは、水原祐太に名前を尋ねた時のような…、
相手を認めたかのような…そんな心情が見え隠れしていたんじゃないかと感じました。
実際そこまで登りつめることができたのもゲームだからこそできた事なのでしょうが…。

プレイヤーが、傀さんが勝負を続けたがってたことや、
その結果で偽りの勝利を手にしてしまった事を悟った時…どんなことを思うんでしょうか…。
プレイヤー=自分なので、自分が思ったことそのものが答えなのでしょうが…。
自分がもし同じ立場だったとしたら、結局傀さんには勝てなかったけど、
ゲームを伸ばそうとして、自分との勝負を楽しんでくれた事が素直に嬉しい…ってなっちゃいますね…。
それで結局我が生涯に一片の悔いなし!となって失踪という結末に…。

かといってこのエンディング自体もそのまた逆にも捉えることもできますし、
やはりどちらが勝者か敗者なのか…見る者自身で判断して欲しいという事なんでしょうね…。


今回この解釈をコメントしてくださったぶぼ様、本当にありがとうございました!
このゲームは比較的糞ゲーと呼ばれている有様ですが、やはり終わりよければ全て良し!な隠れた名作ゲームなんですね。


« 人生の目標|Top|ゲーム版むこうぶちのラスト »

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allkai.blog43.fc2.com/tb.php/509-852b62da

Top

HOME

矢尾板の麻雀・アニメブログ~目指せ鳳凰卓~//矢尾板様 喪ぐら//伊東様 蒼天遍歴//MOZ様 StarShip//オリオン様 はんちく荘//ぶぼ様

YRN

Author:YRN
趣味はひとり桃鉄、DX人生ゲーム2など。
好きな作品は北斗の拳 DB キン肉マン Zガンダム
ヤマジュン作品 初代ときメモ )等。
 

当ブログはリンクフリー・アンリンクフリーです。
  
何かございましたらこちらへ!
amii_k_r@yahoo.co.jp


-天気予報コム- -FC2-

生活習慣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。