スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サミタ64bitOS対応へ





http://www.777town.net/news/news_details_all_conts.jsp?NEWS_ID=3110



パソコンで実際にパチンコ店に並んでいるパチンコ台が打てるという777タウン.net(略してサミタ)というゲームサイト(有料)があるのですが、
6月11日からWindows VistaとWindows 7の64bit版対応がついになされるというニュースがありました。
サミタは今まで32bit版にしか対応しておらず、新しいPCを買ったはいいものの64bitでは起動することすらできずに
「なんて骨体」状態だったのですが、これでパチンコが擬似的に打てまくれます…。
好きな作品のパチンコ機種の演出を見るのが好きですが、お金を賭けるのが怖く、負けるのが分かっているので手を出せずにいましたが、
これは実際のお金は賭けないのでギャンブル要素がなく、本当にゲーム感覚で遊べるので非常に重宝しそうです。
打てるのはほぼSAMMYの機種に限られるので、個人的には北斗の拳か蒼天の拳しか打つものがないのですが…。

64bitでは未だうまく起動できないと噂されていましたが、
実際にプレイしてみるとこれといって不具合もなく普通にプレイできました。
演出を楽しむほかにも、初当たりまでに注ぎ込んだ金を確変中に取り戻せるか…など見ていくのも面白いです。
「北斗」の確変のバトル中にラオウに天将奔烈をされて絶望的になっても、トキ避けするケンシロウの演出がきたら「おおお…」と泣きそうになります。
実際のパチンコ店でみたらもっと凄いだろうなぁと考えちゃいます…。


パチンコを普段打っている人にパチンコそのものをプレイする事は面白いかどうかを尋ねたら、面白くないという答えが返ってきました。
パチンカーの方の大半がパチンコを遊戯としては楽しんでいないのだそうです。
確かに…ハンドルを握って画面を眺めているだけですから面白いわけがありません。
知らない作品の機種だとしたら尚更…。「CR料理の鉄人」がどの層をターゲットにしているのか疑問でなりません…。
雀荘で負けても楽しい!という方は見たことがあるのですが、
パチンコで負けても楽しいという方はいないと思われます…。
パチンコは麻雀とは違い、店(?)との戦いですからひたすら個人戦になってしまうというのもあるかもしれません。
やはりお金を賭けて勝負に勝つ事が全てで、お金を増やすことが楽しいといった感じなのだろうと思います。
単純作業で一瞬で大金が得られるかもしれないという感覚が、人の心を惹きつけてしまうのでしょうか。
でも一度打ってしまうと、注ぎ込んだ負けを取り戻そうとして逆に金を飲まれてしまうという最悪なパターンにハマってしまいそうで恐ろしい限りです…。
ギャンブルにハマってしまう人は、自分自身がギャンブル依存症ではなく、いつでもやめられるものだと思ってしまう傾向にあるそうです。
僕のように意志薄弱な方は絶対手を出すべきじゃないとひたすら思います。



笑ゥせぇるすまんの『的中屋』というお話が、ギャンブルにハマリこんでいく人間の心をリアルに描いていて恐ろしかったです。
喪黒さんは90%の確率で競馬の予想が当たるらしく、その機能に付け込んだゲストが来週一緒に競馬の予想を立てて欲しいと哀願するのですが…。
このお話では喪黒さんが正論ばかりを言っていて非常にタメになりました。
「競馬で絶対に負けない方法を教えてあげましょう。馬券を買わないことです。」
「競馬に限らず、ギャンブルは余裕のある遊び金でやるものです。」
 生活のかかったお金を賭けては勝てません」
等々…耳が痛いです…。
沈まない為には「あと1回だけ!」となる気持ちを潔く切り上げられるほどの神経が必要なんだと思います。
むこうぶちのゲストにも、そうやって歯止めが効かなくなるキャラが多い印象です…。
傀さんはその心につけこんで勝負の続行を促し、どんどん自滅させていくという悪魔的プレイを披露するのしょう…ああ、ヒドイ…。
傀さんも、喪黒さんのおっしゃるようなギャンブルの鉄則をよく分かっているんでしょうね。
ゲスト自らがその鉄則を破った場合には、容赦なく地獄まで追い詰めていくという…ある意味自業自得な話です…。
ごく一部、地獄の底から蘇って復活を果たすような強い精神力を持ったキャラも登場しますが…。
逆に、1巻の巻末に登場したようなギャンブルとは無縁な純粋な幼女には傀さんは敵わないのかもしれません…。


真面目で、完璧主義に近い人ほど負けを取り戻そうと必死になる傾向が強い気がします。
額にもよりますが、そういう時は「初めから何も失ってない」と開き直ると、自分の場合はそれほど気にならなくなりました。
それでも、老後にでも余裕ができたら今までの負け分をチャラにしたい等と考えてしまうのですが…。
僕は…あの人(サウザー様)に…勝ちたい…ッ


« 御無礼の麗人|Top|親知らずの脅威 »

コメント

 64bitは、将来的に全てコレに移行すると言われてますが、まだ色々と対応していなくて不便ですね…。
なんでこんな面倒なOSが世界基準なんだ…!と憤りを感じずにはいませんw

 自分は根っからのゲーム好きですが、家庭用パチンコは滅多にやらないですね~。
やっぱり臨場感がないと…っていうか、お金がかかってないと当たっても嬉しくないといいますか…。
かといって、つまらない台はやっぱりつまらないので、演出が上手な台じゃないと打ちたくないですww
隣に座ってたおばちゃんは「当たりゃなんでもいいのよ~」と言ってましたが、そ…それが真実かもしれません…w

 >CR料理の鉄人

 当時見ていた人間としてはウホッ!なんですが…ww
知らないヤングには訳がわからなそうですね…ww

 喪黒さんのお言葉…身にしみて痛すぎです…(ノ_<。) 
でもギャンブルって大抵、貧乏だからこそやるんですよね…。

 昔はパチ屋に朝一で並び、閉店まで打ってるって生活をしていましたがw
負けが込んで来ると、後に引けなくなるんですよね…。
どっかのギャンブル中毒の人が「博打の金は博打でしか取り返せない」って言ってましたが、正にそういう感覚ですw

 僕もサウザー様に勝ちたいですw

 

>ぶぼさん
こんばんは!いつもコメントありがとうございます!

>64bit
今の時期に新しいPCを買うとなると、今のうちに64bitにするか、使いやすい32bitにするか悩みどころですよね…。
早く色々と64bit対応になってくれればいいのですがorz
そのうち128bitがでてきたらイヤですね…w

>家庭用パチンコ
確かにww当たってもそれほど嬉しくないんですよね…w
プレミア演出とか、弱い予告でまさかの大当たり、などを見つけたり無理やり楽しんでいる感じも否めません…w
サミタは実際にパチンコ店に入って打つ感じで、
他にも結構打っている人がいて、彼らがどれくらい回しているかも見ることができたりして、
その辺はちょっとリアリティがあるようなないような感じがしますw
やはり、つまらない台は本当につまらないです…ww 
それを大きな演出もないまま長時間打たなければならない状況になったとしたら拷問かと思うくらいです…w


>CR料理の鉄人
すみません…。
「知らない台なら尚更。CR料理の鉄人とは誰得」という書き方はよろしくなかったですねorz
自分もこの番組が大好きで、セガ版のゲームも持っていたくらいなのですが、
さすがに10年以上前の、22時頃やっていた番組なので知っている人が今もいるんだろうかと疑問でした…。
そしてこの番組ですらパチ化するのがとにかく意外だったものでつい例にあげてしまいました。すみません…。
当時見ていた人にとっては記憶に新しい台なんですね。そこがターゲットだったとはorz
あの番組の流れといい、「私の記憶が正しければ!」というキャッチフレーズといい、
今の番組では見られないほどのインパクトがありましたよねw
誰得な台というのは存在しませんよね。少なからずどこかに需要はあるもんですよね…。
CR中森明菜は自分特すぎますorz

>「当たりゃなんでもいいのよ~」
でしょうね…ww
普通のおじさんが『おぼっちゃまくん』に座って「ともだち○こ」をしていたりするくらいですし…w
ほとんどの人は演出うんぬんよりも、回れば何でも…という感じがしますw

>喪黒さんのお言葉…
喪黒さんは実に人間ができてらっしゃると感じた台詞でしたw
でも、ギャンブルは貧乏だからこそ一発逆転を図りたいと思ってしまうものですよね…。
あまり関係ないんですが…、貧乏アイドルの上原美優という人のお母さんが、
あまりに貧乏すぎるので一発逆転を図って全財産の500円でパチンコで勝負したら大当たりしたというエピソードが世界仰天ニュースでやっていたんですが、
http://www.ntv.co.jp/gyoten/oa/090527/01.html
ちょっと嘘臭いなぁと感じずにいられませんでした…w
番組では美談になってますが、聞くところによると両親はパチンコ通いの親失格な親だったとか…w
なので…、初めてパチンコに手を出した貧乏な人が、
突然フィーバーして大金を手に入れるというのはまずありえないのかな…と…w

>負けが込んで来ると、後に引けなくなる
わかります…。絶望的になって、もう当てるしかないと考えちゃいますよね;
当てて連チャンさえすれば取り戻せるなんて思っちゃいそうですよね…。
でもそれが単発だったりすると本当に終わりを感じます…w

>博打の金は博打でしか取り返せない
そうなっちゃいますよね…。
こつこつ働いて貯めるのが一番なんでしょうが、
一瞬で失った金なら一瞬で取り戻したいというような感覚にもなると思います。
勝てるときは勝てると考えちゃいそうですよね…。
半年前ですが、GAROで腰の高さまで、30箱くらい積んでいる方がいて、
こんな奇跡も起こるもんなんだとか考えちゃいました…w

>サウザー様に
北斗は「CR無敵のサウザー様」と言われているくらい、聖帝様が無敵ですよね…。
サミタの甘デジでも、30回転のうちに5回サウザーリーチがきたのですが全部ハズれましたw
新台のサウザー様はより尋常じゃない強さを誇ってそうにも見えますw
新台はリーチの後半発展がなくなったそうで、リーチの時間もそこそこ短くなり、
アミバの存在そのものが大当たり確定になったそうです…w
でも絶対打って勝てる気がしないので打てません…;

<雀荘で負けても楽しい!という方は見たことがある
 私もこの考え方ですね~麻雀っていうゲームそのものが大好きな上にあくまで喪黒さんの言うところの遊び金でしか麻雀をしないんで(たまにオーバーしますがw)金はおまけって感じなんですよね。私にとってのギャンブルの収支は天鳳のレートのような実力を測る目安なんですよ。

 パチンコはやらないことにしてるんですけど、大好きな北斗の拳などの演出の話を聞いてるとたまに心が折れそうになりますw

<初めから何も失ってない
 取り戻そうと考えて必死になるくらいならこっちの方がずっと健全だと思いますよ。店とやるギャンブルは控除率でギャンブルは勝てないようにできてますからね。

>矢尾板さん
こんばんは!いつもコメントありがとうございます!

>私もこの考え方ですね~
いやぁ、矢尾板さんのような方が正にそうなんだろうなあって思いながら記事を書いていましたw
純粋に勝負だけを楽しんでいる方は素敵です。
そのようにゲームとギャンブルを切り分けて考えることのできる方は、
ギャンブル的な要素にのめりこむことが一切ないのだと思います。
なので、アツくなって身を滅ぼすことがないのだと思います。
特に、お金を増やす目的でなく、あくまで目安として考えてらっしゃるのが凄く理想的です。

>北斗の拳などの演出の話
矢尾板さんも北斗の拳が大好きでしたか!嬉しいですw
演出をお楽しみになりたいだけでしたら、
ニコ動などにパチンコのプレイ動画が多数あるのでそちらを御覧になることをおすすめします。
『北斗の拳』の場合は…サウザー様ばかりがでてきて、本当に傀さんくらい強いので、
実際に打つとしたらヒドイ目に遭う確率が高いのであまりオススメできません…w
麻雀ならまだ悪戦苦闘できますが、
パチンコだと無抵抗なうちにやられてしまいますから…orz

>店とやるギャンブルは控除率でギャンブルは勝てないようにできてますからね
そうなんですか…。
そうお聞きすると、絶対勝てない気がしてなりません…w
パチンコで、トータルで勝ち越している方は全体の3%と聞いたこともあります。
それでも打とうとしてしまうのは、それでも負けを取り戻したいとか…、
今回は勝てるかもしれないという風にアツくなってしまうからでしょうね;
「初めから何も失ってない」という考え方を健全と言っていただけてよかったです!
考え方を少しでも変えないと、ちょっとした出来心でギャンブルに延々とのめりこんでしまうんだと思います…。恐ろしいです;


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allkai.blog43.fc2.com/tb.php/506-bb51b14c

Top

HOME

矢尾板の麻雀・アニメブログ~目指せ鳳凰卓~//矢尾板様 喪ぐら//伊東様 蒼天遍歴//MOZ様 StarShip//オリオン様 はんちく荘//ぶぼ様

YRN

Author:YRN
趣味はひとり桃鉄、DX人生ゲーム2など。
好きな作品は北斗の拳 DB キン肉マン Zガンダム
ヤマジュン作品 初代ときメモ )等。
 

当ブログはリンクフリー・アンリンクフリーです。
  
何かございましたらこちらへ!
amii_k_r@yahoo.co.jp


-天気予報コム- -FC2-

生活習慣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。