スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vシネマむくぉうぶち9 感想

むこうぶち9  麻将 [DVD]むこうぶち9 麻将 [DVD]
(2012/10/19)
袴田吉彦、ガダルカナル・タカ 他

商品詳細を見る



先日父がむこうぶち9のDVDをレンタルしてきたため、自分も釣られて視聴しました…。
以前1巻あたりを自分がみていたのをきっかけに、家族の方がハマるとは思っていませんでした…。
漫画の方も薦めてあげたいところですが…、父親的なおじさんが漫画などは読まなそうな気がしてなりません。

今回は、原作21巻~でやっていた謎の中国人・張氏の物語を実写化させたものとなります。
青龍會の若きメンバーである藤永も交え、張の素早い食い仕掛けに翻弄され、負けを披露していく展開でした。
そこに人鬼が現れ、日本の麻雀でありながら中国麻雀の役で無理やりアガるという戦法により、
張率いる中国人メンバーの心を折っていくというエンディングを迎えていきます…。

そうそう原作もこんな話だったなあ!っとVシネマを見ながら懐かしくなってしまいました…。
イケイケの中国人相手に人鬼がどうやって挑むんだろうと原作初見ではなかなかワクワクしたものですが、
人鬼が中国役をアガリまくる展開だったのは展開が読めませんでした。
人鬼となれば中国役だろうとなんだろうと朝飯前なのだと思いました。

中国人達の心が折れていくまでの課程が見どころだと思う今回のストーリーですが、
その過程は漫画のほうが写実的だったなぁと思いました。
あまりに人鬼が中国役で中国人等を翻弄するため、ギャグ的要素にまでなりかけているのが良かったのですが、
Vシネマは終始シリアスムードというか、緊張感が欠けてたかなぁなんて思いました…。
張さん等が中国役ならいい手なのに!!と最後に自身も中国役に翻弄されて負けるという場面が省かれていたのもちょっと残念かなぁと。

あと…、上のパッケージの右に映られている金子さんの方が人鬼役にあってそ…いえ、なんでも…。
しかし袴田さんの演技も凄く磨きがかかっているのが感じられました。(偉そうにすみませんが…。)
い、以前、人鬼レベルなら手元を見ずに演じてほしいなんて事を思った事があったのですが…、
今回はそれを見事になさってくださっていたのを感じます…。
勝負の分岐点に差し掛かる瞬間の人鬼の笑い方や、
勝負に潜んでいる時の静けさや、それに相反するかのような凄みを発揮する場面など、
なんといいますか…影が濃くなったなぁと思うものを感じます。

物語的なところに対してのツッコミとして、
最後に人鬼が張に「麻雀に日本も中国も関係ない」と指摘するシーンが展開されるのですが、
今まで散々中国役を披露していた人鬼がそれを言うのはあまり説得力がない?かなぁと思いました…。
あと、東空紅の本棚に天牌があったのが気になりました…。


続いて、今号の近代麻雀むこうぶちの感想も書きたいと思います。
第315話「食い残し」、今回は一話完結モノでございました。
今回のむこうぶちを読んでいて思ったのは、
北斗の拳のケンシロウと人鬼の姿が重なって見えたということです…。わけわからなくてアレですが…。
今回傀は、イケイケのおじさんからお金をむしり取るために、
対戦後にわざと尾行させたり駅前のコインロッカーから金を引き出すところを見せたり、
自分の行動を相手にみせつけるという行為をかって出ていました。
人鬼が卓の上以外で包囲網?を張って、相手を殺しにかかるというのがいつもとは新鮮に思えました。
ケンシロウは、めちゃくちゃ強くて余裕があるにも関わらず、
時々相手の攻撃をわざと?食らったりするかのようにも思えるシーンがある気がするのを感じるのですが、
今回傀がコインロッカーから金を出そうとしているところをおじさんに見られているシーンも似たようなものを感じたというか、
わざと、見せてたんだなぁと改めて感じました…。
ケンは余裕めいているけど実際には負けてるっぽいところもあるので微妙なところですが……。

近代麻雀 2013年 3/15号 [雑誌]近代麻雀 2013年 3/15号 [雑誌]
(2013/02/15)
不明

商品詳細を見る


あと、表紙の人鬼のポーズがオネエっぽいと思いました…。

« 【考察】アミバ医師は女性の木人形が連れて来られた時どのような研究を行ったのか?|Top|スピードワゴン君…!!! »

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://allkai.blog43.fc2.com/tb.php/1018-d6f5bf7a

Top

HOME

矢尾板の麻雀・アニメブログ~目指せ鳳凰卓~//矢尾板様 喪ぐら//伊東様 蒼天遍歴//MOZ様 StarShip//オリオン様 はんちく荘//ぶぼ様

YRN

Author:YRN
趣味はひとり桃鉄、DX人生ゲーム2など。
好きな作品は北斗の拳 DB キン肉マン Zガンダム
ヤマジュン作品 初代ときメモ )等。
 

当ブログはリンクフリー・アンリンクフリーです。
  
何かございましたらこちらへ!
amii_k_r@yahoo.co.jp


-天気予報コム- -FC2-

生活習慣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。