スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異世界




■俺が異世界に行った話をする
  http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4226604.html



たまたまリンクをたどってこういったスレッドに行き着きました。
異世界ってホンマなのかなと半信半疑でしたが、
空の描写が出てきた辺りで、リアルだなぁと思いました…。

聖戦士ダンバインなどのように主人公が異世界に行くアニメや漫画って結構ありますが、
実際は、言葉が通じなかったり世界情勢が違いすぎたりで、
異世界に速攻で馴染むことは難しいんだろうなぁと思いました…。

こう、スレッドに出てくる異世界が、現代に少し似ているようで違うところがまた怖いと思いました。
本当にそういった平行世界的な世界は存在するんじゃないかと思えてきます。

調べてみると異世界に言ったという報告スレッドは多数存在するのが伺えます。
ふとした瞬間にオーラロードは開かれるものなのでしょうか…。

しかし、こういった奇妙な話を見るのは面白いものです…。
背筋が凍るような感じが現実逃避できるものがありますw
スポンサーサイト

オーラ力とは


■CR聖戦士ダンバインが評価急上昇中!?右打ち中の煽りの少なさとスピード感が好評!!
  http://pachinkolist.com/archives/44431485.html

ダンバインもパチンコ化されるとは…。
どんな評価になるのか気になりましたが意外と評価が高いのが驚きです。

ショウさんの声が中原さんのままだというのがすごいと思います。
これは打ちたくなってきます。
MIOさんのダンバインとぶは流れるんだろうか…。

ダンバインはスパロボでしか概要を知らなかったのですが…、
アニメの方も見てみてみたいなと思います。
デビルマン…。

リアル麻雀パチンコとは






■老舗パチンコメーカー「奥村遊機」が破産…「CRうる星やつら・南国麻雀・宇宙をかける少女・アカギ」などを手がける

  http://www.watch2chan.com/archives/44301131.html


マジかー…。
奥村といえばアカギもですが、
麻雀モノのCR華牌II「ミスター麻雀」小島武夫の戦略が良作すぎて、続編がでないかなと待ち望んでいたのですが、
非常に残念であります…。

華牌といえば、対局中に放火や腕相撲が始まったり、
小島プロがアニメと融合して実写で登場したり、
言いがかりをつけて敗北したり、
「(お前の)焦った顔がみたいのう」「見せてやろうじゃねえか!!!」などと、
対戦相手とのどこか噛み合っていない会話が印象的な台でした。

主人公の翔さんも、麻雀道を極めすぎて、もはや敵がいないという最初から強い設定であり、
どんな安手であろうと人生を賭けたり、「これが俺の手だ!!」と自信満々で言い放つスタイルがとても華やかでした。

翻数に応じてラウンド数も変わるというところも凝っていて好きでしたし、
登場人物たちも個性が強すぎて漫画原作があるくらいなんだと思うほどでしたし、
このまま終わるのはもったいないと思います…。


って、調べてみたら2011年に翔さんが南国に旅立つ続編出ていたみたいです。

「南国麻雀」

こ、これは…。

さらにこの続編である大南国麻雀というのが近々でるみたいだったのですが…、



ざ、残念過ぎる…。(´;ェ;`)・・・
「放火したかった」って…w

キン肉マン感想




■キン肉マン 第125話 死地に臨むのは誰だ!!の巻
   http://bookstore.yahoo.co.jp/free_magazine-136077/



ついに次なるトーナメントが始まった始祖編…。
組み合わせがどうなるのかハラハラしていましたが、このようになるとは…。

ブロッケン大丈夫だろうか(・。・;)
でも、バッファとのいばらの道のやりとりが素晴らしかった…。
深いやりとり無しに血盟時代の二人が蘇っているのが感じられます…。
それでもブロッケンならやってくれると信じております。
サイコマンも連戦を重ね、そろそろやられてしまいそうな気配もあります…。

バッファはガンマンなら倒してくれるんじゃないかとなんだか安心ができます。
スニゲーター教官との因縁もありますし。

ラーメンマンも心配です…。
ネメシスはもはやキン肉マンと戦うためのカードのように思えるので、
噛ませ犬的ポジションとなってしまうのではないかと…。
しかしキン肉マンが本当に倒すべき敵は他にもいそうなので、
ネメシスもここでリタイヤする可能性も否定できなくありません。
ラーメンマンのウォーズへの語りかけも良いと思います…。
とても死にに行く顔には見えません。ラーメンマンさんならきっと…。

今回感動したのはアシュラの仇を誰が打つかというところですね…。
テリーマンがアシュラのライバルを自負しているところや、
それに対抗しようとサインシャインが名乗り出つつも、
それでもテリーに仇討ちをまかせるところがなんとも熱かったです…。
テリーでどうにかなる相手ではなさそうですが、
多分アシュラがジャスティスマンに与えていた腕の筋のダメージが活きてきそうだと予想します。

あと、実質ニンジャはやはり退場となってしまうのでしょうか…。
戦闘に勝っただけでもニンジャにとっては御の字なのかもしれません…。

江崎ング





■『むこうぶち』著者:天獅子悦也先生 一問一答
  http://www.mangazenkan.com/special/1143.html


むこうぶちの単行本の描きおろし収納ボックスというのがあることを発見しました。
特に天獅子先生の作業風景がyoutubeで見ることができたり、
一問一答があったりとても興味深かったです。

一問一答で先生が「自分のキャラクターに思い入れは全くしないタイプ」とお答えされてるのが意外に思います。
傀さんなど思い入れ凄くありそうだなと思っていたのですが違ったとは…。

収納ボックスの作業工程で使われている黒ペンは何を使われているのかきになります。
そちらのペンでほとんど作画をされているのかと思うと職人技を感じずにいられません…。

Top

HOME

矢尾板の麻雀・アニメブログ~目指せ鳳凰卓~//矢尾板様 喪ぐら//伊東様 蒼天遍歴//MOZ様 StarShip//オリオン様 はんちく荘//ぶぼ様

YRN

Author:YRN
趣味はひとり桃鉄、DX人生ゲーム2など。
好きな作品は北斗の拳 DB キン肉マン Zガンダム
ヤマジュン作品 初代ときメモ )等。
 

当ブログはリンクフリー・アンリンクフリーです。
  
何かございましたらこちらへ!
amii_k_r@yahoo.co.jp


-天気予報コム- -FC2-

生活習慣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。