スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い子のキン肉の日とは



キン肉マン 39 (ジャンプコミックス)キン肉マン 39 (ジャンプコミックス)
(2012/06/04)
ゆでたまご

商品詳細を見る



1日遅れましたが11月29日は良い肉の日ということでキン肉マンを語りたいと思います。
この表紙のカッコよさったらたまらないものが有ります。
キン消しが流行ったのが頷ける造形美やキャラの熱さが伝わってきます…。

実は最近までワケあって初代キン肉マンが連載再開されているということを知らずにいました…。
37巻~を一気に買って読みました。
なんでもっと早く気が付かなかったのかと後悔ばかりが残りました…。。

そんな中、作中において「遅すぎる出会いは無いぞ!!」というラーメンマンさんの台詞があり、
それを見てなんだかすごく奮い立つものを感じました。
もっと早く○○していれば、とよく思いますが、
遅すぎる出会いとかそういったものは無いのかもしれません。

新編は、無量大数軍という完璧超人達の軍団が新手として戦いを挑んでくるというところから始まります。
一昔前に侵略を試みた完璧超人達はネプチューンマンの人狼煙(自害)によって去っていきましたが、
それらは下っ端な超人達でしかなく、本格的な部隊はもっと後ろの方にいたことが明らかとなりました。
長期の間が開いた続編とはいえ、無理がなく本編の流れにも忠実で、
本当にキン肉マンの続きなんだな!っと読んでいてとても胸が熱くなりました。
その新たに現れた数々の刺客に対して正義超人はまだ全員揃わずテリーマン一人で立ち向かおうとする中で、
そこにまるで助太刀のような形で7人の悪魔超人達が勢揃いする展開というのは涙が止まりませんでした。
カッコよくて泣けてくる漫画ってあるんだなぁ…。

7人の悪魔超人達、当時はバッファローマン以外ヒールなイメージしかなかったのですが、
今回はその裏側の熱意や悪魔同士の絆が垣間見れて全員に好感をもってしまいました。
なのでもう、戦いの中で一人また一人と彼らが死んでいくのか見ていくのが辛かったです…。
しかしその過酷な状況で少なからずとも勝利を手にしていくというのがとても読み応えがありました。


キン肉マン 43 (ジャンプコミックス)キン肉マン 43 (ジャンプコミックス)
(2013/07/01)
ゆでたまご

商品詳細を見る


個人的に4次元殺法コンビが活躍するこの巻が良かったです。
悪魔超人のどんな手を使えば勝てばいいというスタイルを観客や完璧超人に批判される中、
その姿勢を貫くか否か苦悶するブラックホールの姿が印象的でした。
自身のチームメイトとはいえ正義超人であるペンタゴンの力を借りることに躊躇するところは、
悪魔のスタイルに正義超人のペンタゴンを巻き込みたくないという筋が感じられて感動的でした。
しかし最終的にはセコい手ではありそうなものの二人で勝利を納めたのは名シーンに思いました。

      r ‐、
      | ○ |         r‐‐、
     _,;ト - イ、      ∧l☆│∧  良い子の諸君!
    (⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l  ゲームは一日一時間って言ってた人は
    |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒)  普通に数時間やってたんだぞ!
   │ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /|  大人ってそんなもんだ!
   │  〉    |│  |`ー^ー― r' |
   │ /───| |  |/ |  l  ト、 |
   |  irー-、 ー ,} |    /     i
   | /   `X´ ヽ    /   入  |

wikiで知ったのですが、彼らは従兄弟同士だったのだそうです。
二人が悪魔と正義の両極端でありながらチームを組んだ理由も、
ペンタがBHに肩を貸した理由も一気に納得してしまいました。
風貌からしても従兄弟でなきゃおかしいくらい似通っているように思います。

今発売されている最新刊の44巻から、
現在webで連載されている将軍様の話とどれくらい話が開いているのか気になっています。
早く続きが読みたいと思いつつ、リアルタイムに追いつきたいものです…。
スポンサーサイト

肉マン



■“ラーメンマン”が中華まんに、ファミマ×キン肉マンの第2弾。
 http://www.narinari.com/Nd/20131123883.html


先日発売されていたウォーズまんもすごかったですが、
今度はラーメンまんが発売なされるとは…!
意外にラーメンマンさんにそっくりなのが面白いです。

超人の中でもラーメンマンさんはカリスマ性に溢れているというか、
そこいるだけで事態が良い方向に進んでしまいそうな頼れる魅力があるように思います。
得意技のキャメルクラッチは結構残酷な技ですが、そこがまたカッコ良いと思います。

1月には第三弾が発売なされるそうですが、いったいどのキャラの肉まんになるのか気になります。
間をとってカナディアンまんが来そうな予感であります。





未だにカラオケに行くと北斗ソングであるサイレントサバイバーを歌っているのですが、
その時に流れるアニメ映像にでてくるケンシロウ様が実にスポーティーで男前な作画で描かれているのです。
ついつい、やけにセクシーだなぁとそこばかりを意識してしまって歌に集中できなくなってしまいます…。
そのスポーティーなケンシロウ様がいったい何話にでてくるケンシロウ様なのか今後も東京MXの北斗アニメをチェックしたいところであります。

ピエロ



dk02.png


なんかちょっと女子を描いてみました。
顔のパーツの位置などのバランスについてまだまだ勉強中であります。
俯瞰やアオリなどのように顔に角度がつくと、つかなくても、おかしくなるほどであります…。
こういったものはやはり練習あるのみでしょう。
前も似たような構図を描いた気がww





小学校の頃等は時間が経つのが遅く感じるけども、大人になると早く感じるというのは、
子供の頃はやることが特に無く、暇な時間を持て余していたことに関係があるのだそうです。
確かに暇な時ほど時間が経つのは遅く感じるものです。
自分が子供の頃はパソコンもなく、確かに1日中暇を持て余していたのを思い出します。
その頃からもっと時間を有効に使っていたらなぁと思ってなりません…。

日記



■自分のこと頭いいと思ってる奴と話すのは疲れる
  http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4566863.html


こちらの>>1をみて吹き出してしまいました…。

確かにこう、学校等の先生はわかりにくいことを凡人にもわかりやすく教えてくれるお方が多いように思います。
わかりにくければ一般市民の日常にありがちなケースに例えて説明してくださったり、
時々雑談を交えて飽きさせない工夫をしてくださったり、
思えばそれこそ頭のいい人間の話し方というものなのだと思いました。
私めも自分のことを頭いいなんて絶対思っちゃいけないと思いました。

講義形式の授業における教師と生徒の関係は、教師が生徒に授業を教えるという安心的な保証関係が成立しているが、
ゼミナールなど対話形式の授業の場合、生徒は教師と上手くやっていけるかという不確実な関係が成り立っているというらしいです。
その不確実な関係の中で生徒が立派な論文を仕上げた場合、
生徒側は普通の授業よりも高い満足感を得ることができるようです。
このような話を聞いた時、説明がわかりやすくてすごいと思いました。
こういった説明上手な人の周りには、自然と人々が集まるのだと思います。

う、上の>>1にもあるアミバ様は、確かに自身のことを頭いいと思っていそうですが、
激振孔の効能を読者にもわかりやすく説明してくれたり、
トキとの因縁における己の失態(トキに顔を叩かれたこと)等を包み隠さず証言したり、
意外とwwそうでもないような気もしない気がします…。




■チーターマンとは (チーターマンとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
  http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%81%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3



チーターマンというファミコンゲームがすごいらしいです。
チーターというとチート技を繰り広げる猛者のゲームに思えますが、
普通に動物のチーターにも似た三兄弟が活躍する物語のようです。

普通の横スクロールアクションのようで、仕上がりも一般的なファミコンゲームのように思われますが、
上の記事を読む限り、どこかしらおかしいような実体も見受けられます。


4面ボスのエイプマンは奇怪なステップで微妙に前後しながら、画面右から左へと進んでくる。しかしこのエイプマン、ヘラクレスに飛び越されても振り向かず、そのまま画面左端へ到達し、画面外へと消えてどこかへ行ってしまう。エイプマンが消えた後はキャラ操作は出来るが何をしてもゲームは進まない。



気になったのはこちらの部分であります。
エイプマンなるモンキーにも似たモンスターが、奇妙な踊りを披露しながら消えてしまい続行不可能になるというのです。
文字だけでもなんともシュールな光景であることが伺えます。

改造されたチーターが猛威を振るうという設定がなかなか面白そうなゲームなのですが、
こういったバグがあるのがもったいないゲームであるように思います…。


悟空伝説 MAGIC BEAST WARRIORS悟空伝説 MAGIC BEAST WARRIORS
(1995/05/26)
PlayStation

商品詳細を見る


猿で思い出しましたが、
こちらのゲームもなかなかのゲームであると耳にしたことがあります。
2D格闘ゲームでありながら、着ぐるみに扮した登場人物たちが華麗なムービーを繰り広げているところが話題となっていました。
特に、対戦中にスタートボタンを押すとポーズをすることができず、
対戦を途中で止めることが出来ない真剣勝負が求められる作りにもなっているようです。
格ゲーは苦手ですが一度やってみたいゲームであります。

ゲェーーッ!!!・3





■自らマスクをかち割り、モップを被ってバラクーダに変身するロビンマスク
  http://matome.naver.jp/odai/2130260904777189201/2130261377177231803
 

キン肉マンにおける、こちらシーンが今になってとても衝撃的に思えました…。
当時はモップの先端を被ればだれでも英国紳士に変装が可能なのだと思い込んでいましたが、
当時から年月が過ぎ、使い古されたモップを生で見た後にこちらのシーンをみると、
なかなか考え方が変わるように思います。
ギャグに見えてしまって仕方ありません・゚・(つД`)・゚・

でもロビンはハンサムなイケメンなので、
イケメンはモップを被ってもイケメンなのでしょう。






童話の人魚姫のあらすじをwikipediaで調べてみたのですが、
こんなにも後味の悪い物語だとは思わずWOW!WOW!となるばかりでした。

まどか☆マギカのさやかちゃんが最終的に人魚の魔女という異形の存在に成り果ててしまうのは、
さやかちゃんの行動が人魚姫に似通っていたからなのだとwikiで知りました…。唖然。
/(^o^)\ナンテコッタイ

やはりこう、救いようのない物語というのは見ていて悲しくなるばかりであります。
でも、その救いようのなさに、物語的な面白さや美しさというのがあるようにも思います…。
お師さん…

ゲェーーッ!!!・2




旧キン肉マンを久しぶりに読み返したのですが、やっぱり面白いなぁと思ってなりません。
1巻につき泣きける箇所がいくつもあるといいますか、
スグル達が泣いている姿を見るとこっちまで泣けてきてしまうものがあります。
このシーンが良い!というのが簡単には決められないほど、名シーンが散りばめられているように思います…。

でも今回読んでいて感動したのは、
ウォーズマンが魂の1200万パワーでバッファローマンを仕留められなかったものの、
片方のロングホーンを折っていたことが、後々結果としてスグルの命を救っていた…、というところです…。
スグルがそのことに気がついて、ウォーズマンに命を救われた事や
ロングホーン一本でもいいんだと小さいことから攻めてみようと奮い立つシーンは心が震えてきます。



■連載中スレ過去ログ倉庫
  http://rensai.nobody.jp/index.html


今回はこちらのスレッドを役立たせて頂きました。
過去の数々のマンガ作品を、まさにリアルタイムで連載しているかのように皆が予想や感想を述べているスレッドであります。
当時の気分が味わえるようでとても重宝いたしました。

こちらのスレッドを読みながら、
キン肉マンを昔に読んでいた時は特に気に留めていなかったことが、
少しおかしかったことに気がつくという部分も少々ありました。


タッグ戦においてはぐれ悪魔超人コンビという二人組が、
過去に絶命した悪魔超人の霊を利用して攻撃をしかけるという展開があります。
その霊に対してキン肉マングレートという超人は、
キン肉マンの汗から吹き出した塩を持って攻撃をしかけていたのですが、




270 :マロン名無しさん :2005/12/10(土) 20:15:38 ID:???
   グレートのトンデモ解説はひとまず脇に置いとくとして。
   キン肉マンの汗から精製された塩が果たして清めの塩になるんだろうか・・・。

   エラいバッチそう・・・( ;´Д`)

271 :マロン名無しさん :2005/12/10(土) 20:23:05 ID:???
   そりゃ亡霊じゃなくてもいやがるよ。

272 :マロン名無しさん :2005/12/10(土) 20:24:36 ID:???
   ていうか塩吹きすぎだろwwwwwwwwwwwwww




こちらを読んで、当時は「なんてすごい発想だ!」っと思っていたのですが、
確かに…キン肉マンの汗から精製された塩は霊じゃなくても嫌がるようなものを感じました(゚A゚;)

ともかく、こういった突っ込みどころや泣けるシーンが豊富なのがキン肉マンの魅力であると思います。
キン肉マンはなんと現在も連載中で、今後の展開も楽しみにして行きたいものであります!

ゲェーーッ!!!




   {~タ-―=二、`ヾ、~l          なんという冷静で的確な判断力なんだ!!
 ,-r'"_,,........,__  ` -、 `i)                                           /|
 彡;:;:;:;:;/~_Z_ ̄`ー、_  `l、       ,.-=-.、.                           ,..ィ"~~~~~:::::ヽ
 7:;:;:;:;:/. `ー-ヲ t‐-、!`ヽi::r   ,:、 ,..ム.゚.,..゚..,.、l                         ,r'"::;;;_;;::::::::::__:::::::\
 ;:;:;:;:;/ /   ,.、 `!~|:::)::/   / :K"/ r:'" ,iii ~\         ,,...-,-、           /,.r''"     ヽ:::::::::::i!
 :;,;-〈 /  Fニニヽ | .|:::l:::ヽ   ラ-{ `"・ ・ ・ 。。 llL_/!      /-v"  `丶、       i"    ,.-。-ュ-.ヽ:::::::::;!
 '   fヽ  ヾ--"  l,/::/r'"  /`ー!: |~r-。、~`-、゚_  lソ     /  l      ` 、      i ,r・')、 |:`''''' " ヽヽ:::::::ヽ
   | ` 、___,..- '"|::::ゝ   /  l ノ i/`"'" ´゚-y' ./メ,      /  (・・)`丶、    '''ヽ     l :~ ヽ! ,..-、  ヾ;:::::::::|
   ヽ   /    レ"`‐.、_./  .レ /:; r-ニ、 K ./ 「    r''  //~~`''ーヾ'ー、   ノ     l   f'" '"~ノ  l |::::::::L
 ヽ        _,.-‐-―`ー"ヽ_l ヾ `ー'",.! | |_/     |  /、,,..-i'''t=ニ;ラ",l|`ゝr'     ヽ   ヽ-‐"  //'"二
  `,.-―'''''''''''<.,_     i"   l  ヽ....,,-" く__/     `ヽy:|`T"~、.,,__  `,i|ヾ |       ヽ、 ,.:-‐-'',/,.r‐''"
 '' "        l     i.   `   /    |,~`-、      | :i|  F‐'''"|  ! |ヽイ、_     ,..-‐f彡ゝ--‐"
           |     `: 、_         ノ   ヽ    ヽ'、  l!;;;;;;;/  / /:::::::`t''''丶、



ジャンプSQにおける、読み切りのキン肉マン超人血盟軍結成秘話読みました!
アタル兄さんがペンキで牧師に変身して立てこもった強盗を惑わし子供を救出するという冷静で的確な一連の流れに感動し、
その勢いで超人血盟軍というチームが結成されたのかと思っていたのですが、
さらなる裏付けがなされているのが垣間見れました。

読み切りでは牧師作戦による救出劇の後、バッファローマンとブロッケンは血盟軍入りを決めたものの、
なんとアシュラマンとザ・ニンジャはアタルに対して不信感を募らせている描写が展開なされていました。
上のAAの表情をみる限り、もはや4人とも完璧にアタル兄さんという人柄に惹かれているような気もするのですが、
そこだけでは語りきれなかった4人性格の共通点や決意というのが見受けられてよかったと思います!
少ないページ数でありながらそれぞれに見せ場があったのもグッドでした。

個人的に気になったのは、アシュラマンの性格の違いかなぁと思います。
アシュラは王位争奪編などでは悪魔超人とは思えない誠実さを披露していましたが、
今回は悪魔超人らしい荒々しさが全面に引き出されているように思いました。
この部分に多少違和感は感じましたが、これはこれで魔界のプリンスらしさがでていていいなと思いました。

ついついこのまま続きが読みたくなってしまう展開なのが悩ましいところです。
このまま本編の王位争奪編の惨劇に繋がっていくと考えると泣けてきます…。


      _
    /:::::::\
   /::::|::::::::::::::\               Merry Christmas ミ☆
   ○ノ::::::::::::::::::::\                                               _
    [_____]、         _                                  /:::::::\
   {~タ-―=二、`ヾ、~l       /:::::::\                               /:::::::::\::(
 ,-r'"_,,........,__  ` -、 `i)     /::::|::::::::::::::\                    lヽ       /::::::::::::::::::::ヽ○
 彡;:;:;:;:;/~_Z_ ̄`ー、_  `l、   ○ノ::::::::::::::::::::\      lヽ           | |/)    ,.[_____]
 7:;:;:;:;:/. `ー-ヲ t‐-、!`ヽi::r   ,: [_____]   ()ヽ| |           .| |/   ,r'"::;;;_;;::::::::::__:::::::\
 ;:;:;:;:;/ /   ,.、 `!~|:::)::/   / :K"/ r:'" ,iii ~\    .\.) |    ,,...-,-、    | |/) /,.r''"     ヽ:::::::::::i!
 :;,;-〈 /  Fニニヽ | .|:::l:::ヽ   ラ-{ `"・ ・ ・ 。。 llL_/!()ヽ| | /-v"  `丶、  | |/  i"    ,.-。-ュ-.ヽ:::::::::;!
 '   fヽ  ヾ--"  l,/::/r'"  /`ー!: |~r-。、~`-、゚_  lソ \.) |/  l      ` //    i ,r・')、 |:`''''' " ヽヽ:::::::ヽ
   | ` 、___,..- '"|::::ゝ   /  l ノ i/`"'" ´゚-y' ./メ,    \/  (・・)`丶、    '''ヽ     l :~ ヽ! ,..-、  ヾ;:::::::::|
   ヽ   /    レ"`‐.、_./  .レ /:; r-ニ、 K ./ 「    r''  //~~`''ーヾ'ー、   ノ     l   f'" '"~ノ  l |::::::::L
 ヽ        _,.-‐-―`ー"ヽ_l ヾ `ー'",.! | |_/     |  /、,,..-i'''t=ニ;ラ",l|`ゝr'     ヽ   ヽ-‐"  //'"二
  `,.-―'''''''''''<.,_     i"   l  ヽ....,,-" く__/     `ヽy:|`T"~、.,,__  `,i|ヾ |       ヽ、 ,.:-‐-'',/,.r‐''"
 '' "        l     i.   `   /    |,~`-、      | :i|  F‐'''"|  ! |ヽイ、_     ,..-‐f彡ゝ--‐"
           |     `: 、_         ノ   ヽ    ヽ'、  l!;;;;;;;/  / /:::::::`t''''丶、
            l        ~ '' ー― '' "    /"`'' -、   r|ヽ ,......,,..;:"/:::r:、:::::::ノ

こんなものまでwwwwwww

mdk間奏



まどかマギカ[新編]叛逆の物語の感想を述べたいと思います。
ネタバレを考慮して言えるのは、さやかちゃんがカッコよかったことであります。
また、視聴後はヱヴァQの主題歌『桜流し』が脳内で流れるようなインパクトを受けました(特に意味はなく…)。
続編も出そうな勢いなのでそこはまた期待を込めたいところであります!

Top

HOME

矢尾板の麻雀・アニメブログ~目指せ鳳凰卓~//矢尾板様 喪ぐら//伊東様 蒼天遍歴//MOZ様 StarShip//オリオン様 はんちく荘//ぶぼ様

YRN

Author:YRN
趣味はひとり桃鉄、DX人生ゲーム2など。
好きな作品は北斗の拳 DB キン肉マン Zガンダム
ヤマジュン作品 初代ときメモ )等。
 

当ブログはリンクフリー・アンリンクフリーです。
  
何かございましたらこちらへ!
amii_k_r@yahoo.co.jp


-天気予報コム- -FC2-

生活習慣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。