スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イケメン




■【画像】キン肉マンイケメンすぎるwwwwwwwwwwwwwwwwwww
  http://himasoku.com/archives/51792124.html


先日こういったスレッドを拝見いたしました。
リンク先には、最近になって20年ぶりあまりに描き直しが行われた、
ジャンプコミックスキン肉マンの表紙の新旧比較がございました。
すごく興味深く思いました。
馴染み深かった旧表紙が、今のゆで先生によってこういったように印象が変わるんだなぁとしみじみします。

特に感動したのは28巻の表紙です。
キン肉スグルの兄・キン肉アタルが率いる超人血盟軍のメンバーが、
新たに全員揃って描かれているところが泣きそうになりました。
この巻の中で実際に活躍しているのは旧表紙で描かれているブロッケンとバッファとアタル兄さんだけなのですが、
新たにこの巻ではほぼ出番のないニンジャとアシュラが付け加えられているのです。
戦闘不能でその場にいない状況であっても尚、メンバー全員が熱い絆で結ばれているかのような様子が感じられて、
正に真・友情パワーを見せつけられたように思いました。
これは最高の表紙だと思います。


もう一つ気になった点は、最終巻表紙のスグルのフェイスフラッシュが眩しいと感じられる部分です。
人々のレスを見て、この技法は目の錯覚による効果を利用したものだったのだと初めて知りました…。
ドラゴンボールの太陽拳においても、
漫画の太陽拳はその眩しさが白黒で描かれていて、
白は余白の白の部分と同じ白が使われているのに、
なんで眩しいと感じるのだろうと謎だったのですが、
目の錯覚を利用したものだったのかと納得致しました。
にゃるほど…。
スポンサーサイト

いわお

ゲリラ豪雨で隅田川花火大会が中止とは…そんなバナナ…

噂のナイスガイ


ゲームのBGMに歌詞を付けてみるスレ 3番
http://www.geocities.jp/mudou00/kako03.html


5 名前:NAME OVER :05/03/04 05:09:14 ID:???
  過去スレの良作 その3
   
  ロックマン3 ハードマンステージ
  ねるねるねるね ねるねるねるね アイツが噂の ナイスガイ
  ねるねるねるね ねるねるねるね この世のすべては 俺の物さ

  ホームラン 打たれる気持ち 例えれば せつないメロドラマ
  鳴かぬなら 鳴かせてみよう もう一度 素直になりたくて

  汚れちまった 俺の心 (あり おり はべり いまそかり)

  フルーチェ ミルクと混ぜるだけ (それがどうした)
  桂馬の高飛び 歩の餌食 (それがどうした)
  恵まれない子に 愛の手を (それがどうした)
  カラスが鳴くから 帰りましょう (カンラカラカラ)




たまたま見つけたこちらの歌詞が素晴らしいと思いました。
噂のナイスガイがどれほどのものなのか気になります!

>この世のすべては 俺の物さ
 そして、このように豪語する方が一体何者なのか…。


それぞれの文章に整合性がほとんどないように見受けられつつも、
しっかりと物語性が感じ取れるのが素晴らしいと思います。

ゲームのBGMって、いい曲であればあるほど、こう、
なんとなく脳内で歌詞をつけてしまう傾向になるのかなあと思います。
ゲームのBGMはどれもこれもイイ曲ばかりだと思います。
ロックマンは特に耳に残りやすい曲が多かったと感じます。

論文の書き方とは



論文の書き方とは!?
ティーチャーから聞いた話をちょっとまとめてみたいと思います。


・例えば、自分がトウモロコシが好きだということを論文にするとすれば、
 トウモロコシの歴史やトウモロコシの性質を述べ、
 どういった心理のメカニズムが働くためにモロコシに対して愛着が湧くのか、
 などを裏付けて証明していき説得力を増していき、
 以上の理由により自分はとうもろこしが好きだ!と形にしていく。

・視聴者から「これこれはどういうことなんですか?」などと突っ込まれても、
 納得のいく理由を説明できればおk。
 そのためにこの世に存在する数々の理論は大変便利である。


記憶が曖昧ですがとのことだそうです。ためになりました…。

論文を書くには自ら聞き取り調査を行ったり自ら実験をしなければいけないのだと思っていたのですが、
↑のようなことで問題ないと聞いて感嘆の声をあげました。
↑のようなお話を聞くと論文を書けそうな気がしてしまうから不思議です。書けないのですが。


こういった理論付けというか納得のいく文章を描き上げる方法というのは、
漫画や小説を手がける際などにも使えるのではないかと思いました。

漫画って絵がありさえすれば成り立つなどと考えていたのですが、
その裏にはしっかりと文章化された構成が存在しなければ成り立たないことに気が付きました。
論文を書くつもりで漫画を描いてみるとちゃんとなんとか一話完結の物語がもしかした書けるかもしれないと前向きになれました。

そのためには「俺はトウモロコシが好きだ!」というような、
自分が一体なにを言いたいのかというテーマを作るのがまず重要なのだなと思います。

続く

美少女の魅力



■GyaO! 北斗の拳 話数限定 第59話 天をおおう暗黒の星! 死闘の果てに時代は動く!!
  http://gyao.yahoo.co.jp/player/00722/v12202/v1000000000000011099/

GyaO!の無料動画においてアニメ北斗の拳3部(サウザー様編)の幕開けが展開されていました。
シュウ様が初登場するお話で、子供に優しいお姿というのを垣間見る事ができました。
この59話ですごいのは、作画の高さだと思います。
リンちゃんが昭和の美少女といいますか、思わず唸ってしまうほどの可愛さでありました。
な、なぜモヒカンヒャッハー達は欲望を抑えることができるのか謎です…。

東京MXでやっている方もちょうどサウザー様編に差し掛かったところであります。
北斗の拳は大体どのキャラも好きですが、サウザー様のお師さんとのエピソードや心境などとても心にくるものがあります。
愛などいらぬ!となってしまったウザ様の考えをケンシロウ様が否定し愛を貫き通すやり取りなど熱くなってきます。

今回の部でもケンシロウ様のヒャッハーの甚振り方が磨きがかかっているように思います。
早く汚物消毒のモヒカンさんを成敗するシーンを目の当たりにしたいものです…。

本能とは




■【動画あり】アメリカ版Sasukeで裸男が乱入wwwwwwwwwww
  http://himasoku.com/archives/51788662.html


凄まじいものを見てしまいました。
出オチかとおもいきやしっかりとしたパフォーマンスや奮闘具合が素晴らしく思います。
実況者の方々が「オウ!!!!ノー!!!!」と驚きながらもしっかりと中継を続けているのが欧米流といえるのかもしれません。

最近TBSのSASUKEという番組にハマっています。もちろん視聴者側として…。
なぜSASUKEはあそこまで男性達を虜にしてしまうのか、そのメカニズムがとても気になります。
SASUKEを思うが故に人生が変わってしまった男性たちが多いような気がするほどです。
視聴者参加型番組、ガチンコ一発勝負、湧き上がる歓声、会場との一体感、
そういった感覚が人を惹きつける魔力へと変貌を遂げるのかもしれません。
一度SASUKEを生で見に行ってみたいものです!






デビルマンレディー TV版 コンプリート DVD-BOX (1-26話, 650分) 永井豪 アニメ [DVD] [Import]デビルマンレディー TV版 コンプリート DVD-BOX (1-26話, 650分) 永井豪 アニメ [DVD] [Import]
()
不明

商品詳細を見る



ちょっとこちらのアニメの紹介をしたいと思います。
10年以上前に深夜アニメとして放映されていた作品です。
変わったタイトルだなぁというインパクトとキャラデザの美しさに惹かれました。
デビルマンはあの実写映画を見たくらいでほとんど知らないという有様でしたが、
それでも世界観が独立していて入り込める内容でした。
女性版デビルマンといったところで、美女が獣に変身するというギャップが素晴らしい作品であると言えます。

物語の概要は、都内でモデルをしている主人公の不動ジュンという女性が、
ある日アスカ蘭というクールな金髪美女に拉致され、獣に変身する素質を開花させられ、
その後も主人公はその金髪美女に飼われ続けるというものです…。
この物語は、高ぶった欲望が爆発するかのように獣と化し理性を失ってしまう人々が充満しているという世界観であり、
獣と化しても理性を保っているのがほぼ主人公だけしかいないという設定であります。
主人公はそのほかの獣と化して欲望のままに活動する輩達を成敗する立ち回りとなります。
欲望に飢えた者を欲望を制した者が狩るという構図が面白いところだと感じます。
欲望に飢える者には様々な理由があり、それぞれで人間ドラマができあがっているのが惹きつけられます。
ある意味むこうぶち~高レート裏麻雀列伝~に近いものがあるかなぁと思っています。

何より惹かれたのは主人公の女性でした。
内気な性格で自分が獣に変身することを受け入れず、
それでも葛藤しながら闘っていく姿というのが心を打つものがあります。
ぜ、全体的にレズ的な要素が多いですがそれでも名作であると感じています。

Top

HOME

矢尾板の麻雀・アニメブログ~目指せ鳳凰卓~//矢尾板様 喪ぐら//伊東様 蒼天遍歴//MOZ様 StarShip//オリオン様 はんちく荘//ぶぼ様

YRN

Author:YRN
趣味はひとり桃鉄、DX人生ゲーム2など。
好きな作品は北斗の拳 DB キン肉マン Zガンダム
ヤマジュン作品 初代ときメモ )等。
 

当ブログはリンクフリー・アンリンクフリーです。
  
何かございましたらこちらへ!
amii_k_r@yahoo.co.jp


-天気予報コム- -FC2-

生活習慣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。