スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美乳とは




■【画像あり】ドイツで美女コンテスト 全裸でおっぱい丸出し
  http://news4vip.livedoor.biz/archives/51941113.html

・゚・(つД`)・゚・
なんて素晴らしいおっぱいなんだ…
スポンサーサイト



オッパイをとったカレシ。 (講談社コミックスデザート (196巻))オッパイをとったカレシ。 (講談社コミックスデザート (196巻))
(2002/12/11)
芹沢 由紀子

商品詳細を見る



この漫画は、昔おっぱいという表紙に釣られて買ってしまった漫画であります…。
初めて少女漫画を買った瞬間でありました…。
↑では196巻となっていますが、1巻で完結の漫画でした…。

内容は、生まれた当初から自身の体が女であることに違和感を感じる少女?の物語で、
高校を卒業した後にいかにして身体を男にしていくか、どのように人を愛していくかという課程が描かれた作品でした。
主人公は物語中において3人の女性と知り合い付き合っていきながら、
男でも女でもない自身の存在と葛藤しながらその答えを確かめていくという構成でした。
主人公のことを男ではないから安心して付き合える相手だと認識し、主人公を男として扱わなかった男性恐怖症の女性や、
いわゆるオナベな主人公を自分のアクセサリーとして扱っていたキャバクラ嬢を経て、
最後には主人公を男や女だと扱わず中身を愛してくれた女性と出会い、良い関係になっていくという展開となっていました。

おっぱいやおしりを触るのはたまらなく興奮する行為であると考える。
男らしい女性のおっぱいを触った場合、
女性らしい男性のおっぱいを触った場合において、
触った側は自分の事を男であると認識しながら女性らしい相手のおっぱいを触るのか、
または自分は女として男らしい相手のおっぱいを触っているのかなどと色々錯覚してしまうのではないかという疑問に至る。

そう、以前世界仰天ニュースという番組で、
自身は男性でありながら、女性の美しさに憧れ、自ら女性の格好をするという外国人男性のお話がやっておりました。
その方は恋愛対象女性であり、あくまで自分は男性として、女性の美しさそのものを追求しているようなスタイルでいらっしゃいました。
北斗の拳のユダ様のような感じ?でしょうか。
こういった事を受けて、自身が男性なのか女性なのかという性の捉え方は人それぞれといいますか、
人それぞれで悩みの種類というのは異なるのだなぁと思いました…。



この間、たまたま近くに国会図書館があったので、過去の雑誌や書物を探してみました…。
昔の北斗の拳のパチンコやスロットの雑誌が見てみたいなぁと『北斗の拳』という単語で館内の書物を検索したのですが、
その際になぜか関連ワードとしてアミバ様やリュウガ、カイオウの名前がクリックできるようになっていました。
なぜかアミバ様が一番上に表示されていて、それだけでもおかしいと思ったのですが、
クリックしてみると、『アミバ大全』(1999)という凄まじい書物が検索に引っかかりました…。
検索では詳細が書いておらず、もしかしたらアメーバに関する生物学のような本かな?っと思い、
貸出を試みることにしたのですが、
貸出コーナーに行くと、そこには貸出係のお姉さんを前に思わず赤面してしまうような、
視線をどこにやったらいいのかわからないような表紙が現れていました…。
その本は、アミバ大全とデカデカと表示されたタイトルの下に、アミバ様のイラストが書かれているという凄い書物でした…。
本当に恥ずかしくて、頭が真っ白になるというのはこういうことなのだと思いました。
ときめきメモリアルな本を借りるのは、やっぱり表紙が可愛い女の子なのでそれほど恥ずかしくないのですが、
表紙がアミバ様だったというだけでもはや言葉に表せない衝撃がありました…。

その本はどうやら同人誌のようで、『アミバ大全』と検索をすると作者様の御サイトがヒット致しました…。
な、なぜ同人誌が図書コーナーに……?
あまり詳しくないのですが、日本で発売された全ての本が集まるらしいという国会図書館なのですから同人誌も保管される仕組みになっているのでしょうか…。

内容は北斗の拳のパロディネタが中心となっていてとてもおもしろかったですw
1999年からこういった北斗のギャグネタが発案されていたのだなぁと感慨深くなりました…。

これらの経験から、奇抜な本を借りたりする時、エロティックな雑誌を買ったりする時は、
何かしらのカムフラージュをしていたほうが無難であることを学びました…。
図書館で本を借りたりする時って、、その人がどういう分野な人なのか、
どういう趣味の人なのかが思いっきりわかられてしまいそうでなんだか恥ずかしいものです…。
でも、接客をされている側は全く気にしてらっしゃらないのかもしれません。
または、逆に妙に恥ずかしがっている方が余計に恥ずかしい人だと思われてしまうメカニズムが働くのかもしれません…。

仕掛品勘定




※怪我的内容につき閲覧注意…











道路を歩いていた時、たまたま道路に足の親指を打ちつけてしまい、
足の爪が一部、め、め…めくれて内出血的に爪が青くなってしまいました…。

足の指に体重がかかるたびに痛みが走り歩行が困難となるという感じでした。
しかし人間の回復力というのは素晴らしく、一日寝ていただけでなんとか歩けるまでに回復しました。

普段普通に歩けていること、痛みを感じずに普通にしていられることがどれほど恵まれていることなのかを痛感しました…。

爪の内出血というのはどのような課程で治るのか、というのをネットで調べてみると、
放っておくと爪が生え変わったりするというらしいです。
その過程が引き起こるまで、気長に待ってみたいものです。

なんと、爪の内出血の場合は皮膚科よりも整形外科にいってレントゲンをとるのが最善のようです。
うぐぐぐ、これをご覧の皆さんもどうか怪我にはお気をつけくださいませ…。





■【画像あり】「あまりにもハンサムすぎる」ため、3人の男を国外追放
  http://himasoku.com/archives/51776708.html


最近このニュースが凄いと思いました!
リンク先にはリアル柱の男たちが降臨していました…。
ここまでガチムチでハンサムになれたらどんな人生を送ることができるのだろうか…。

にょにょにょー





個人的な日記的内容です…。


初代ときメモにでてくる紐緒結奈さんという科学的なヒロインが歌っているキャラソンに、
「blood run cold」というフレーズがでてくるようなのですが、
この意味を調べてみると、「ゾッとする」という意味が隠されているということを知りました。
ゾッとする、ってどういう感じなんだろうなぁと、ふと感慨深くなりました。

アァアアーーーッ、こう、こういったものに刺激されたのもあり、
今たまらなく表現したい創作というか、描写、というのが個人的にあります。
じ、自分の好きなキャラである…北斗の拳のアミバ様の、
悪役としての恐ろしい部分を、なんとか描写してみたいという願望があるのです…。
アミバ様といえば、「間違ったかな?」等の、ちょっと頼りないようなイメージが強い感じが見受けられますが、
そこだけでなく、こう、果てがない野望を抱いているところや、
その目的のためにどんな犠牲も厭わないところ、その過程で生じる冷酷や恐ろしさみたいなものをもっと、見てみたい、っと思うのです…。
ああ、そのために、一体どんな表現方法が必要なのか、色々と調べていました。
自分はご覧のとおり文章力が皆無ですが、
な、なんとか小説的な文体で、そういったものを表現するのを夢見ました。
でもいざwww、この場でそれをやろうとした時、
自分のボキャブラリーのなさや言葉の構成力の未熟さを思い知りました…。
部分的に、軽く、思い描いていることが浮かぶものの、それを完全に文章にして構成していくことが、今の自分には無理だと感じました…。

い、いちおう、プロットといいますか、話の流れは考えたのですが、
ここに肉付けしていくことがなかなかできないなぁと感じています。
プロレベルとまでいかずとも未熟でもなんでもいいので、い、いつか作品として完成させてみたい、ただそう思います。
話の流れはこんなかんじです…。



人体実験に勤しむアミバ医師のもとにある時乳牛が連れて来られる

部下は切り刻んで食料にしようと提案する

アミバ医師は犬さえ珍しいとされる世紀末において牛を食料に使うのは勿体無いと考え、
乳牛に対して新秘孔を試そうとする
(きくところによると脊椎動物にも秘孔は通じるらしい)

成功し、ミルクが溢れるようになる…

搾乳描写を入念に

牛乳ゲットだぜ!!

アミバ医師の木人形狩りの部隊にも活気があふれる!
アニメ北斗の拳でアミバ医師の部隊が跳び箱や砲丸投げや棒高跳び等の陸上競技を用い、
ケンシロウに攻撃を挑んでいるところから察して、
木人形狩り隊はよりスポーティーなものへと化していく…。

今日より明日なんじゃ!!!というようなオチでしめる…


うわああああ(;´Д`)

…小説を書くにおいて、その描写方法には
主人公の一人称によるものと、神の視点から登場人物の描写を語るものが存在しています。
神の視点(三人称)から語るものの方が初心者にもお勧めということなので、
そちらを取り入れてみたいなぁと考えていますが、
さらに、神の視点でどの登場人物の描写を中心に物語を進めていくか、ということも重要となるようです。

↓こちらのサイト様がとても参考になりましたorz
■文字精錬研究部
 http://www.kcat.zaq.ne.jp/kd/writing/3-1.htm

三人称一元描写と三人称多元描写とよばれる、
主人公の心理のみを描写する方法や、主人公の周りの人物の心理をも記述が存在するようです。
個人的に、悪役側の心理というのはあまり描写されない方がミステリアスさが強調されて良いというのを感じます…。
なので、三人称一元描写というのを取り入れてみたいですが、
この場合、誰の心理を描写していけばいいのかと悩みます…。
う、上のストーリーにおける主人公は乳牛ですが、乳牛は動物なので人間的な心理描写を書いたら違和感がでてきそうなものです…。
そもそもなぜ乳牛が主人公なのか。ああなんでだっけ…。
と、というか、しぼりたての牛乳というのはそのまま飲むと腹痛を催すらしいので、殺菌などの作業をしなくてはならないらしいです…。
こういった細かいところも練り直しが必要かもしれません…。
だ、誰得wwww


amibasama1.png

ガンダム



むこうぶち(35) (近代麻雀コミックス)むこうぶち(35) (近代麻雀コミックス)
(2013/04/17)
天獅子 悦也

商品詳細を見る



この表紙が凄いと思いました。
まるで「どんな手をつかおうが最終的に勝てばよかろうなのだ」というような悪の声が聞こえてきそうな張り上がり具合が感じられます…。
思えば、ジョジョ二部においてカーズ様が言っていた何を使おうが勝てばいい、という精神は、
北斗の拳におけるジャギ様の精神とほぼ同じである事を思い出しました。
なおかつカーズ様の場合はムリムダムラのない合理的な戦略を用いて、自身の消費エネルギーを最小限に留める方式をも採用しておりました。
正義側から見れば酷いやり方にしか見えないのかもしれませんが、
そういった見返りも何も求めないような突き抜ける悪さというのがカッコイイものがあると感じます。


先日4/15にパチンコホールにCRF機動戦士ガンダムが新台として導入されたようです。
実際にホールを見に行ってみたら、台枠に大きめのガンダムがいてびっくりしました…。
聞くところによると、この台においては主役機であるガンダムが敵等にとにかくボコボコにされるというらしいのです…。
本編では白い悪魔と恐れられ、アムロ共々殆ど負ける描写も見受けられなかった印象が強かったガンダムさんでありますが、
パチンコ等の演出ではしょうがないものがあるのかもしれません…。
勿論CR北斗の拳もケンシロウ様がボコボコにされるわけですが、、考えてみれば原作のケンシロウ様はガンダム級に負け知らずといいますか、
滅多に焦っているようなシーンというのが見受けられないのを思い出しました…。
花の慶次のように、主人公側が負けそうになる時は最初から主役がでてこず、脇役(捨丸)がやられる仕様にするのもアリかなぁと思いますが、
北斗の拳では味方側のメインキャラがレイやトキしかおらず、彼らが負けるシーンというのも見ていて悲しいのでケンシロウ様が犠牲に成り果てるのも仕方がないのかもしれません…。

ガンダムであればカイさんらが負けまくる仕様のほうが良かったのではないかとも考えてしまいます。
でもそうなるとCRFガンキャノンになっちゃいそうな予感がしてなりません……。

神ゲーとは




アクトレイザーアクトレイザー
(1990/12/16)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る




最近、アクトレイザー(1990年発売)というSFCのゲームにハマっています。
SFC初期とは思えないグラフィックや音楽が当時とても話題になったというのを耳にする、知る人ぞ知る名作であると思っています…。
プレイヤー自らが神となり、魔物の蔓延る土地に攻め立て、その領土を人間の住める土地へとクリエーションしていくという、
アクションゲームの要素とシミュレーションの部分をうまく兼ね備えた画期的なゲームでもあります。
子供の頃はアクションがとても苦手だったので親等にそこだけやってもらったりしていた記憶があります…。
誰でも簡単に神様になれ、部下の天使からは「○○様!!」と崇めて貰えるため、
神になったという至福感をお手軽に味わえる正に神ゲーと呼ぶに相応しいゲームであるとも感じます。
ゲームセンターCXという番組では、有野さんも神様となっていらっしゃったようです。

このゲームのプレイ中、ある土地で人々の願いを聞き入れたりと育成に励んでいく中で、感動したストーリ-というのがあります。
永遠の神であるプレイヤーに逆らう者達が、人々の間でどんどん発生していくというものでした。
そのプレイヤーである神に逆らった者達は、モンスターらによってひっそりと立ち上げられていた邪神教に、
モンスターに従えば今よりもっと楽な生活が手に入ると唆され、心を奪われていった者ばかりだったそうです。
自給自足で頑張って生活しなければならない今の辛い生活がイヤになり、
楽な方にと逃げてしまうのは人間の性でありますな~と、その様を部下の天使が後に総評していたのですが、
よくできてるゲームだなぁと感心せざるを得ないものがありました。

このゲームだけでなく、現実世界においても、つらい現実から目を背けたくなってついウマい話に乗ってしまうこともあるのではないかと思ってしまいます…。
自分の信じていたものから目を背けちゃだめだよなと、物事はなんでも最後の最後まであきらめちゃダメなのだと、
とても勉強になったものを感じます…。
こういった味のあるストーリーなど、正に神ゲーだと思います。

とくにこのゲームで気になったのは、アマゾンのリンク先のパッケージに表示されている謎の渋いおじさんであります。
当時もあまりパッケージはまじまじと見ていなかったのですが、今みてみるとこんな敵いたっけと首を傾げてしまいました。
こう、おじさんが敵にいるゲームってなんだか渋いなぁと、おじさんを倒していくってなんだかそれを越えていく感じがしてかっこいいなと思わざるを得ません…。
おじさんがでてくるゲームといえば、エニックスであればドラクエ5などが思い浮かびます…

アニメサザエさん感想




先々週辺りのサザエさんで、
カツオが毎回楽しみにしているという少年ポンチという漫画雑誌がでてきたのですが、
その雑誌の『黄金のイレブン』という作品の主人公がブラックコーヒーが好物だというような話がやっていました。
少年漫画の主人公がブラックコーヒーって凄いなと、大人だなと思わずにいられませんでした…。
ブラックなコーヒーというのは自分のようなお子様な人間には好んで飲む事のできない渋い飲み物だと考えています。


新機動戦記ガンダムW メモリアルボックス版 Part.I (初回限定版) [DVD]新機動戦記ガンダムW メモリアルボックス版 Part.I (初回限定版) [DVD]
(2007/08/24)
Windows

商品詳細を見る


あまり関係ないですが、こちらの左から四番目の人が、
「やっぱインスタントじゃないコーヒーは最高だぜ!!!!!!」といった台詞を本編ではない作品で述べていたのを思い出しました。
このキャラは設定的に15歳~くらいであったと考えられるにも関わらず、コーヒーの違いがわかるというのは「え!?」と思いました…。
なんといいますか、自分もこの台詞を聞いた時当時それくらいの歳だったというか、
同い年くらいの人が自分より大人っぽい行動をとっていたりすると「大っ人~!」っとなるといいますか、
なんだか僻みめいがものがそこにはありました…。
ガンダムのパイロットというのはそんじょそこらの人間とは一味も二味も違うのだと思います。
(真ん中あたりの人の前髪も凄いですが…)

最近このガンダムWで驚いたのは、一番右端の中国人の御仁が、お茶などを注いでもらった時に「謝謝」と中国語を喋っていたことです。
なんといいますか、ガンダムWの言語は主に日本語で交流がなされ、
彼も中国語でなく日本語を常用していたのですが、
なぜだがその一言だけに中国語が使われていたので驚いてしまいました…。
ぬぬ、でももしかしたら彼は普段から中国語を話していて、ただそれが日本語に聞こえるようになっているというだけなのかもしれません。


龍虎の拳2 (1) (ゲーメストコミックス)龍虎の拳2 (1) (ゲーメストコミックス)
(1995/04)
天獅子 悦也

商品詳細を見る



それで思い出したのですが、むこうぶちの天獅子先生も手がけられている龍虎の拳には関西弁を喋るイタリア人のおじさんがでてきます。
その彼は本当に物語上で関西弁をしゃべっているのだと思ったのですが、
wikpediaによると、イタリア訛りの英語をしゃべっているさまを関西弁にて表現しているということなのでした。
彼は一体なぜ関西弁なのだろうと、日本と交流があったからなのだろうかと、
長年ずっと関西弁を喋っている人なのだと思っていたので、その真実には驚きを隠せませんでした…。
自分もいつか『黄金のイレブン』のようにインスタントではないヨーロピアンなビラックコーヒーを飲んでみたいです…。

ガチムチな男性の魅力とは


※ガチムチネタ注意…








【うりい~うり】北斗の拳110【へっへ痛あいぞ~】
  http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1362764391/


275 名前:愛蔵版名無しさん[sage] 投稿日:2013/03/27(水) 01:30:00.76 ID:???
   結局このスレにドSケンシロウ様でハァハァしてるのって何人いるの?

276 名前:愛蔵版名無しさん[sage] 投稿日:2013/03/27(水) 01:31:05.94 ID:???
   一人

277 名前:愛蔵版名無しさん[] 投稿日:2013/03/27(水) 03:31:20.31 ID:W5RU/k7t
   三人以上は居るでしょ

278 名前:愛蔵版名無しさん[sage] 投稿日:2013/03/27(水) 07:26:41.52 ID:???
   なんでそんなに・・・・

281 名前:愛蔵版名無しさん[sage] 投稿日:2013/03/27(水) 13:02:29.15 ID:???
   >>277
   こんな過疎ガチなスレに同趣味の変態が3人もいてたまるかw
 
286 名前:愛蔵版名無しさん[sage] 投稿日:2013/03/27(水) 20:05:04.48 ID:???
   あんなに悪党の男だらけの世界なんだから1人くらいガチ両刀の悪党の男がいてケンシロウ様の胸元やブーツに欲情する奴がいてほしかった

313 名前:愛蔵版名無しさん[sage] 投稿日:2013/03/30(土) 19:30:01.90 ID:???
   ケンシロウ様の開いた胸元たまらん

337 名前:愛蔵版名無しさん[sage] 投稿日:2013/04/02(火) 08:14:07.32 ID:???
   おまいらのおかげでケンシロウ様の胸元がセクシーにみえるようになってしまったよ

338 名前:愛蔵版名無しさん[sage] 投稿日:2013/04/02(火) 08:42:50.87 ID:???
   それジャギだよ

339 名前:愛蔵版名無しさん[sage] 投稿日:2013/04/02(火) 10:25:14.02 ID:???
   だんだんとケンシロウ様の胸の7つの穴にも性を感じるようになるから大丈夫だ




こ、こちらを見ていて、ケンシロウ様のファンって多いんだなぁということを改めて感じました…。
しかし、ケンシロウ様の胸元がセクシーというのはわかる気がしますが、
7つの穴に性を感じるというのがよくわかりません……。
ケンシロウ様の台詞の中で「動いたらボンだ」という死の宣告的な台詞が好きです。

普段あまり読書はしないのですが、最近ふと読んだ本に、
褐色肌でムキムキなスポーツ系のサークルに所属して汗を光らせてランニングするような男性の集団が出てくる光景がでてきていました。
スポーツに身を投じて汗を流せるなんて青春だなぁと、読んでいて羨ましくなってしまいました。
大きな大学では構内のそこら中に褐色で筋骨隆々の男性が蔓延っているらしいというのです。
そういう光景を生で目の当たりにしてみたかったなぁ等と憧れを感じます…。
そういえば、高校や中学でも運動部の練習風景がみられるというのはオーソドックスだったような気がします。
普段見慣れている光景でも、ふとそういった光景から離れてしまうと物寂しくなってしまうものなのだなぁと思いました。

そして先日、ドラゴンボールの新作映画が公開されましたが、
上映時間と日頃の時間が合わなくてなかなか見に行くことができず残念がっています…。
できれば特等席と言いますか見やすい席で見たいのですが、
だいたい公開から何日後くらいでそういったスペースが確保しやすいのか気になっております…。
早くベジータ王子がごまをすっているところをみてみたいものです。
しかし一人で受付で「ドラゴンボール一枚お願いします」というのはチョット恥ずかしいものがあると思ってしまいます…。

DD北斗の拳第1話感想



king.png

Top

HOME

矢尾板の麻雀・アニメブログ~目指せ鳳凰卓~//矢尾板様 喪ぐら//伊東様 蒼天遍歴//MOZ様 StarShip//オリオン様 はんちく荘//ぶぼ様

YRN

Author:YRN
趣味はひとり桃鉄、DX人生ゲーム2など。
好きな作品は北斗の拳 DB キン肉マン Zガンダム
ヤマジュン作品 初代ときメモ )等。
 

当ブログはリンクフリー・アンリンクフリーです。
  
何かございましたらこちらへ!
amii_k_r@yahoo.co.jp


-天気予報コム- -FC2-

生活習慣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。