スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らららら



■ぱちんこCR北斗の拳5 覇者特集
 http://gyao.yahoo.co.jp/special/p_hokuto_hasha/


         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|         
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人       
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ








個人的に、色々な衝撃が、ありそうな、台になっていそうなのが感じられました…。
は、早くこの台が特集されたパチンコ雑誌を手に入れたいものです…。
ああ、アミバ様…

今回は、収録曲として、愛をとりもどせやTOUGH BOYやサイレントサバイバー以外に、
北斗の拳の終盤のEDである『DRY YOUR TEARS』も収録されているのがgoodだと思いました。

『DRY YOUR TEARS』の歌詞には、ある英文の一文がでて参ります。
英語に弱くてその言葉の意味をあまり理解していなかったのですが
そちらをエキサイト翻訳で訳したところ、
「私は死ぬまであなたを愛するでしょう」
という言葉が導きだされていました。
そんな覚悟を決めたような言葉の意味だったとは思わず、感極まるものを感じました。
北斗の拳に合っているというのもあるし、
うじきつよしさんの曲はこういった表現が多くて良いなぁと思いました…。
スポンサーサイト

ニートマンの巣




■ノムリッシュ翻訳2.0
 http://racing-lagoon.info/nomu/translate.php


こ、こちらの翻訳機でニュー速VIPという言葉を入れて試してみたところ、
「ユニヴァーサルメルクァトル速報ニートマンの巣」という単語が導き出されていました…。

ニートマンの巣…。
何も間違っていないような気がしてなりません。
そのニートマンの巣に自分は一体何年いたんだろう…。わ、わあああ…。




さ、最近聞いた話でこんな話がありました。
ある大学教授が生徒にハメられるという事件の内容でした…。
ある時その教授が、自分以外の他の教授が受け持つゼミ生に飲みに行きましょうと誘われ、実際に飲みに行った後、
後日その生徒が、「先生に無理やり飲みに連れて行かれ、何軒もはしごされた!」等と、
学校側にウソな報告するというものだそうです。
教授の名声を汚すために、他のゼミを受け持つ教授がそのような刺客を送り込むのだそうです…。
同じ学校の教授同士の間では、そのようなギクシャクした関係や、足の引っ張り合いなどが日結構よくあることなのだと初めて知りました…。
生徒と先生の立場であれば…、何か問題があれば一気に取り返しの付かないことになるのが目に見えます…。
とある准教授が、合意の上だった!と激しく主張をする事件が以前ニュースになりましたが、
その准教授も似たような手口でハメられた可能性が高い、という話もお聞きし、つい恐ろしくなりました…。

人に直接欺かれるというのは体験したことがないですが…、
実際に体験したとなると凄まじい衝撃を受けそうなものです。
信じてたのに!っと、すごい勢いで取り乱してしまう気がします…。
人を疑うというのは聞こえは悪いですが、
よく知らない相手の場合は相手のことを完全に信じたりせず、
どこかしらで疑う心をもってかかるのが望ましいのかも知れません…。
とはいうものの、そんな環境の中で信用できる相手というのを見つけ出すのも重要であると考えます。
この人であれば!というような…、そんな相手がいるだけでも幸せものなのだと感じます。

理想的なご主人様とは






※北斗的エロ的ホモ的マゾ的内容注意…











【ぼつぼつ】北斗の拳107【死ぬか!!】
 http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1352718447/


921 名前:愛蔵版名無しさん[] 投稿日:2012/12/18(火) 00:37:28.04 ID:utuLCgaj [1/5]
   「そんなに痛いんならお前が試してみろ」
   「試しにのんでみろ」
   「はやく力を入れたらどうだ…」
   「その墓に入るのはお前だ!」
   「どうだこれから処刑される気分は?」
   「おもしろい見せ物だな。もう一度やってみろ!」

   自然体で挑発的なセリフ吐けるのがスゴいぜケンシロウ

923 名前:愛蔵版名無しさん[sage] 投稿日:2012/12/18(火) 00:47:56.10 ID:???
   >>921
   俺ケンシロウになら言葉責めされてもいいと思ってる

925 名前:愛蔵版名無しさん[] 投稿日:2012/12/18(火) 00:51:01.20 ID:utuLCgaj [2/5]
   >>923
   「どうだこれから犯される気分は?」
   「はやく力を抜いたらどうだ…」

926 名前:愛蔵版名無しさん[sage] 投稿日:2012/12/18(火) 00:54:19.28 ID:???
   ひ、ひぃ…

928 名前:愛蔵版名無しさん[sage] 投稿日:2012/12/18(火) 01:02:48.70 ID:???
   「そんなに痛いんならお前が試してみろ」 (Sを逆に調教)
   「試しにのんでみろ」 (飲尿または白濁したものを飲まされる)
   「はやく力を入れたらどうだ…」(穴が弛いと尻を叩かれる)
   「その墓に入るのはお前だ!」(首だけ出して放置プレイされる)
   「どうだこれから処刑される気分は?」(乳首つねられ包茎粗チンを馬鹿にされる)
   「おもしろい見せ物だな。もう一度やってみろ!」 (○○○○強制)

   素晴らしい理想的な御主人様です!
   今度から白ブリーフ一枚で読むことにします!

930 名前:愛蔵版名無しさん[sage] 投稿日:2012/12/18(火) 01:11:25.82 ID:???
   マゾはケンシロウのファン多そうだからな
   ブーツで踏まれるとかたまらんだろ
   アニメだと何故か雑魚にキンタマ蹴りしてたし





うぅ、た、たまたま見つけた↑こちらの一連の流れを読んでいて…、
なんだかこう頭がぼーっとするような感覚を覚えました…。
ケンシロウ様の台詞って、改めて見ると過激なものが多いなぁと…。


>「おもしろい見せ物だな。もう一度やってみろ!」

これが個人的に印象的です…。
(いつの台詞でしたっけこれ……。)
もう一度やってみろ!なんてなぜ強要するのか謎です…。


子供たちには優しいケンシロウ様が、
悪党に対しては冷たい言葉と過激な制裁を与えたりするところが北斗の拳における王道的流れとなっていますが…、
その攻撃方法のバリエーションの豊かさというのがまた魅力のひとつなのだろうと思いました。
そしてケンシロウ様は…、悪い相手をただやっつければいいと思っているのではなく、
その相手がおこなってきた悪行に見合ったお仕置きを施そうとしているのが感じられます…。
相手をいかにひどい目に合わせようかわざわざ計算しているのかと思うと震えるものがあります。

さらにこう、上にもあるように…、ケンシロウ様の台詞は、一文が短いというか、
淡々としていて、命令的で威圧的で…、
そういったような点が、見る人にとっては魅力的に思えるものがあるのだと思います…。
多くを語らず…、超然な振る舞いをみせながら、
どこかユーモラスなところを感じさせるのが、個人的に興味を引くものがあります…。
「汚物は消毒だー!!!」→「お前の言うとおりだ 汚物は消毒すべきだな…」等…。
人の話を聞いていないようにみえながら、さり気なく内容を把握しているのが笑えます…。


そういえば以前、本屋で買い物をしていた時…、
本の注文と思われる電話に対応していた店員さんが、
「『これが私の御主人様』でよろしいんですね?」といったような会話をされているのが耳に入りました。
な、なかなか恥ずかしいタイトルだなぁと…、
電話といえど店員さんとやりとりするのは恥ずかしいなぁと思ってなりませんでした…。
ご、ご主人様…。


ああ、↑のような事を考えていると、まさに今現実逃避しているwwっと、
( ゚д゚)ハッ!っとなることがあることに気づきました…。
妄想と現実の区別というか両立というか、うまいことバランスよくできたらなぁと思います…。



以下ちょっと日記です…。

・アニメジョジョを見ていたところ、スト様がDVDのCMをやられていたのが衝撃的だった…。
・ギアチェンジは出したいスピードが出ている時におこなう…。
 ギアチェンジしてアクセルを踏むのではなく、アクセルでスピードを出してからチェンジ…。
・発進時にはクラッチを踏んでローに入れてハンドブレーキを解除するのを忘れない…。
・車を停車位置に停める時には合図を忘れない…
・坂道発進して頂上を登るあたりではクラッチを踏まずにエンジンブレーキを使いながら徐行する…

     B──── 
     │     │
     │     │
     │    A ────
     │  ↑       │  
     │  車       │   ←一度このあたりで車を停めてから傾ける…
     │     ────
     │    │

 ↑右方向転換の図
  ・車の右前輪がA地点にきたらハンドルを1/2回す。徐々に回すのではなく一気に…。
   車の前頭部のアンテナがB地点に差し掛かるように傾ける。
   その後右サイドミラーをみたりしながらハンドルを右に頑張って回してバックする…
   クラッチはいくら踏んでも無料ということで、それくらいとにかく踏みまくるのが肝である…。
  ・入ってから車を発進させる時にバックギアとミラーを戻すのを忘れない…
  ・ジョジョアニメは二部までで、視聴率によって3部以降もやるらしい…ソースは2ch…

ニョクマム(メモ書き)



年内の東京MXの北斗の拳の放送は今日で終了、
次回は1月5日、毎週土曜6:30~。

憶えたぞ!!
アミバ様回の続きは来年に…:(;゙゚'ω゚'):


文章を書く上で大切なのは、
書き手の心情とか感情ではなく、
描写や事実を端的に述べることであることを知る…。
普段は官能小説的なものしか読まないが、
官能小説においても、「俺の○○心を掻き立てられる!」といったような表現は確かに少ない。
相手の美女の体型がどの程度素晴らしいものなのか、
何をどうしてしまったからそれがエロティックさを醸し出しているのか、
そういったことがひたすら述べられているのが伺える。
そういうことだったのか…。


TV版のエヴァで、
思いつめたアスカが、同居中のシンジとミサトが浸かった湯船に浸かりたくない、
二人が座った便座に座りたくない、っと考えるシーンがあったことを思い出した。
なぜそういった心情になるのか興味深いものがある…。
人が触ったところを触りたくない、
触ってしまったらそこを触った相手となんらかを共有してしまうかもしれない、
自分は誰にも汚されたくない、誰にものにもなりたくない、
○○さんだけのものになりたい、と、自分をどんどん特別視してしまうような心情が感じられる気がする…。
今まで誰にも頼らず一人でやってきたアスカだからこそなおさらそんなふうになってしまうのだと感じる。
一度こうなってしまったら、果たしてどんな改善ができるのだろうか…。
その後のアスカの結末は見ていられませんでした…。
その分、新劇の式波アスカはトラウマなどの心の闇を背負っていないので安心して見れるものがある…。

美人薄命とは



. /::ヽ.   「::::l /}  /:::/ /´::::/     /´::::> ,.-.、_        __,,..、
.〈:::::::ハ  |:::::j '´   |:::::/ /:::::::/./!   /:::::/ /:::::/      /::::::::j__
. ';:::::::l l/ _    l::::i /:::::::://:::/  /:::::/ /::::://::7   ,:'::::::::/::::::〉    __
  .V:::::l /::::}.   l:::::!ヽ一' l/   /::::::< └-' 〈_:/  /::::://:::::::/,.ヘ.  /:::::/
.   V:::レ::::::::r'  .l:::::l       /:::;へ::::\      /:::::<  ー-'<:://::::::://:ヽ
  ...';:::::::::/   ;:::::└‐:::ァ    ∨  丶;::::>.    ,'::::;ヘ::丶、  ´ /::::::::/':::::::/
.    .';::::〈     !::::;_:::::::/          `     レ'   `¨   /:::::::< ヽ;;/::::>
    . ヽ::::〉    |::/  ̄                        /::::;::::::::\ ヽ'
     .V     U                             〈:::/ \/
:::/:::::::::/::::::::::::/:::::/::::::::/:::::/‐=‐-</.  \\}::::|::::::}ハ::::::i::::::|
/:::::::::/:::::::::::/::::::/:::::::::::/:{::/:::::::/:::/:::::.} \   \」:ノ::: /:リ:::: }::::::|
::::::/:::::::::::/::::::/:::::::/::::::i:::|:::::::::/:::/ミ\::_∠::_::ヽ、ノ::ハ:::::::i:::::/:/:::i
/::>-‐/:::::::/::::::::/:::::::ノ:::|::::::::::::::i {八 弋ゥ、}ノ/:::/:::::}::::::|∨::i:::八
/::i::::::八:::::;′::::/::::::/:::: ノ:::: i:::::::|:::::::::`=ー- ^ {:/::::::/:::::::|:::\::::、 \
::::::::\{::::::):i:八:/::::::/:::::/:::::::::|:::::::|::::::::::::::::,x:<::::彡イ:::::::八::::::::ヽ:\ )
(::::::‐=彡'::::{:::ゝ ::; '::::::/:::::::i:::::::}::::八   / /i´V::::::i::::::::::::::ヽ:::::ノ::::::ヽ
::::::::::/:::::::/i:::::/::::/::::::::::/::://   . ./  (.   ∨: |::::: i::::::::::ハ::::::::::i:::ハ
::::: /::::::/(:::ノ::/:/:::::::::::::/::/         .t=‐- . _  ∨:!:::: |:::::::::::::|:::::::::|::::::}
彡′:i(::::/::::/:::::::::::::::彡i:{           ㍉-─‐<::|::::::|::::::::::::八::::::|::::/
ー::Y⌒/:::::イ::::::::Y´ ̄        --===:、 ノ::::::ノ::::::: |::::/:::::::: /  }:::::|:::{
:/::::(:/::::八::::::i弋           ー‐‐- )´::/:::::::::::ノ:/::::::::::/  /:::::ノ_:廴_
::::::::::::::>::/ i\{ \             .Y´ ::/::::::::::/:;:ヘ:::::::::::{  {::::::::::::::}::::::}
-‐::::i´:i:::/  .ノ、     :             }:::: {/::::::/    \::::::ミ:、`⌒}:::人::(
ニ{::::{::::|八    \ . -‐‐- >        :ノ::::ノ:::/       )⌒):ノ  /  ¨´
ニ`^¨´ニニ\    `′:::/::::/::`¨¨¨¨¨´::: (:: /



■やる夫AA録2北斗の拳/アミバ.mlt
   http://yaruo.b4t.jp/index.php?id=HukuTemp/%E5%8E%9F%E5%93%B2%E5%A4%AB%E4%BD%9C%E5%93%81/%E5%8C%97%E6%96%97%E3%81%AE%E6%8B%B3/%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%90.mlt




こ、このAA、誰かと思いきやどうやらアミバ様のようです…。
誰www
こんな場面あったっけーっとおもいきや、多分、ジョジョの誰かを改変したもののような気がします。
ニワカな自分には改変元のAAがわかりません…。なんとなく花京院さんぽいもののようなものを感じる気がします…。
ずっとこの顔立ちで二枚目のままだったら、女性ファンも多かったのではないかと思ってしまいます。

それにしても↑のアドレス先のAAをスライドしていると、つい笑いがこみ上げてしまいます…。
下にいくたびに自己主張というものが激しくなっていくのがなんとも…。


最初は二枚目だったのに、いつのまにか三枚目になっていた男性キャラといえば、
ドラゴンボールのヤムチャ様などが思い浮かびます。
こう、二枚目の近寄りがたいクールなイケメンが、
突然滑稽な三枚目になったりすると、愛着というのが湧いてくるようにも思えます。
それが魅力を増幅させたり、いわゆるギャップ萌えというものを呼び起こす作用がありそうなものです。

でも、そ、そういえば、ジョジョのストレイツォ様は最後の最後は全裸でありましたが、二枚目を突き通したように思います。
それを考えると、以前作画の原哲夫先生がこんなことをおっしゃっていたらしいという事を思い出しました。



374 名前: ジャガー(石川県)[] 投稿日:2012/11/22(木) 20:06:49.10 ID:18LNzEf50
 原哲夫「アクションシーンは見た人が後味悪いと嫌だから
 残酷にならないよう気を付けてます
 だから、悪党は化け物みたいに描いてます
 殺してるのは人間じゃなく、化け物なんだと」

 この原哲夫の親切心が仇となり下っ端はゴミみたいに爆死するが
 もっと悪い主犯格のイケメンはキレイに死ぬという不公平な結果に

http://purisoku.com/archives/6091053.html




コレを読んでいると、
美人薄命という言葉はあるものの、スト様はイケメンのまま死ねてよかったのでは!なんて思います。
一瞬でも若返って美しさを手に入れたまま死ねたのが本人の本望だったのも含めて…。
イケメンは最後までイケメン。そんな事実を突きつけられた気がします。
北斗の拳でも美形なキャラは最後まで美形を貫き通しているのを感じます。
うぅ、では死に際に悲惨な事になってしまっていたジャギ様やアミバ様はイケメンではないということに…?
ひょんげー

魂の在り処



761 名無しステーション[sage] 投稿日:2012/06/27 20:36:42  ID:4rOdWVgr(4)
  >690
  どう考えても最後のこれで猿の内臓は破裂してるんだよなぁ
  何も命まで奪うことはないのに

800 名無しステーション[sage] 投稿日:2012/06/27 20:38:38  ID:mwx+PRWM(4)
  >761
  殺されたくなかったら悪いことするな

  という教え。
  今の本はぬるくて、猿が謝罪して許して終わる、というように作り替えられているものもある。

844 名無しステーション[sage] 投稿日:2012/06/27 20:40:32  ID:MvdAYaBz(5) 
  >800
  本来なら登場した奴全員死んでるんだよな

  カニは潰れて
  猿も潰れて
  クリは弾けて
  蜂はミツバチ
  臼はヒビが入って
  糞はぐちゃぐちゃになって

  でも、今は謝って終わりの話

863【東電 77.6 %】 [sage] 投稿日:2012/06/27 20:42:02  ID:/phomKrZ(6)
  >844
  糞をとりあげるなら柿もとりあげてくれよ(´・ω・`)

http://desktop2ch.org/liveanb/1340795893/




以前、あるクイズ番組でさるかに合戦についての問題が出題されていて、興味深いと思いました。
この合戦には、復讐劇の果てには何も残らない、といったメッセージが込められている事を改めて感じます。

復讐をしたところで同じ過ちを繰り返すだけ、ということはわかるのですが、
この中で生命が宿っているのはカニと蜂だけな気もします…。
この物語では牛の糞が登場するのですが、
あたかも、まるで牛の糞にも生命が灯っているような描かれ方がされているのが興味深いところです。
どんなものにでも生命があるものとみなしてキャラクター化するのは昔話に多い気がします。
牛の糞は果たして、ぐちゃぐちゃになったら死んでしまうのか謎です…。
一体どこからどこまでが牛の糞という生命なのか…。

うぅ…とはいえ、この中で生命が宿っているのはカニと蜂だけのようにも思えます。
臼やクリも割れたり中身がでちゃったりしたら生命維持に問題が生じてしまうのだと思います。

ドラえもん等のロボットにおける魂はどこからくるのか、そういったことにも通じるものがありそうです。
その他にも、オリジナルをもとに作られたクローンの魂というのは、
オリジナルと同一なものなのか等々、疑問に感じています。
そもそも魂なんてものが存在しているのか、そこからが謎です…。



あーん…スト様が……。

あーん!スト様が人間やめた



          ,r''ニヽ      ,:r':;;''ヽ.     ストさまよいしょ本&
     ,,...、        f /;;リ l      / /;;) /     ストさまF.Cつくろー!
    f ri丶  _  _,,..::-' /;;/ `ヽ、 ,r一'' /;;/ / ,:r''ニフって思ってたのに…,r-、  ,r‐-、
    l l;;;l ゙'ー',.., `'"    /;/    `^゙ ,r''t/;;/ /  '"´         ,,..、    f´r;i ゙'" f;i f;l
    l l;;;l,.='";ノ     i';;;〃`li,    リ;;ノl;;ノ /  <ニ''ヽ     /,..、゙i_,,...ノ _l;;l:-ァ  lノ∪
  ,,..‐'',:'';;;;r 'r;i-‐-、 r━7;;;;;/^i;;;ヽ.___ノ;ノ r::、ヽ. #### `゙´    //;;;)  r=''::;;;r''",,,,..::::ュ
 f r'':ィ'^i;;;レ'+f''"~ヽヾ゙´i';;;/  ヾ、;;;;;;;/  ゙''゙ ,ノ ####       / /;;/   ゙'"´!;;l ゙'''゙"゙゙´
 ゙ー''っ ノ;;;;l l;l   ゙i;;l l;;;l      ̄     (´ ___,,,,,...::::=_;;:::;'''''" /;;;ー、   ィi l;;;l
   /,r"へ;ヽ!j     !;;l ゙‐′    f゙;i    し'′,,;;;-一ニ''r一',,.., ,i';;;r:i;;;!. ノ;ノl;;;;! rニ二コ
   l l;;;l  〉;;;\  レ'        l;;l      `゙゙゙フ;∠l;;レ'";ノ ,i';;,i t;゙;";/ l;;;j _,,,..::-一'′
   ヽヾ`'-';;ノヽ/,r''')  ,,ィ"^)     !;'ー-:、    /,.くフ;ハ;;;r'"´、,(;;ノ,..、 ̄,r-、,'゙ノ 
  il `::ミ二ノ ̄,,ィ",,;;''"..ィフ/     !;;i''‐-ミ    ゙´ヽ;/ ヽ;`ー'';;> / `ー'  ~´
  lト.      f´r::'"-''" /;;/      !;;l       ノノ,:へ`二ニノ
  tノ  ∧  丶-‐フ' ,/;;;,.、二`'''ミi  !;;l 様 が,.,,r-‐''"
     U     / /;;/r―-`==、 l;ノ _ノ ̄    ###
       ##  (, (;;ノノ     ヽ__,ノ
           `゙''"´


※アニメジョジョ2部のネタバレ注意…。

アニメジョジョを見ていて個人的に衝撃だったのが、
ストレイツォの声が丸尾君役などの飛田展男さんだったことでした…。
最初の好青年ぶりから石仮面を手にする心境の変化、
老人声や若者声、善人から悪人の演じ分けがまた凄いと思いました。
あと、1部から2部までの間に月日が相当経っているのですが、
アニメの展開の速さもあって、スト様が人間を辞めるシーンがとても唐突に思えた気がして、
何かこう、こみ上げるものがありました…。
このままスト様の退場シーンがきたりすると、皆一斉に「あーん!」ってなっちゃうのかもしれません…。


そ、そして、
12/10(月)の東京MXの北斗の拳で、ついにアミバ様編の第一回目が放映されました…。
4月から北斗の拳が始まって今まで、時間が経つのが速すぎるような気がしてなりません。
4月頃に11月~頃にアミバ様編がやるかも!などと言っていたのをまだ覚えています…。

アミバ様は、アニメ北斗の拳において33~36話の間に登場します…。
合計4話の登場となるため、毎週1話ずつ視聴することで、
お手軽にアミバ様月間を作ることができる、という話を耳にするほどです…。
しかし…、12月といえば年末の時期でもあるので、
このまま次週の24日、31日と北斗の拳が放映されるのか謎なものであります。
さらに、12/24日といえばクリスマスイブでもあります…。
この日にキリストのモデルであるとされるトキを模倣したとされるアミバ様が拝めるのであれば、なんとも乙なものです。

ちなみに先週の北斗の拳では「あーん!ジャギ様が死んだ!」という場面が放映されていました…。
果たしてスト様とアミバ様ではどちらが長生きするんでしょうか(つД`)

劣等感とマゾの心理




【なぜ】サディズム・マゾヒズムの心理 3
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1323157789/

51 名前:没個性化されたレス↓[sage] 投稿日:2012/01/17(火) 06:40:01.62
   フロイトの研究の後、個人的心理であるサディズムマゾヒズムは社会の人間関係で作られると考えたエーリッヒ・フロムが出てくる
   彼はサディズムマゾヒズムを逃避のメカニズムのひとつだとした
   何に対する逃避かというと、人間が成長過程で感じる様々な孤独と無力感である
   人は生まれてしばらくは母親や家族と完全な一体感を感じている
   何故なら幼児は自分と他者を区別することが出来ないから
   しかし成長して自我が生まれると同時に自分は一人であると気付く
   この孤独が社会の中で満たされない場合
   もしくは幼い頃は誰もが持つ全能感を社会に出て失ったとき、人はサディズムマゾヒズムを帯びた性格になっていく
   サディズムは端的に言えば他者を自分のものにすること
   これで孤独を癒やし、支配することで無力感な自分を打ち消し強い自分を手に入れようとする
   またマゾヒズムの傾向は他者に服従すること
   他者の所有物になることで孤独を癒し、無力な自分は有能なサディストに服従することで無力であることを受け入れてもらうことができる

   孤独と無力感というのは人間にとって耐え難い感情だからこそサディズムマゾヒズムによってその危機的心理状態から逃れようとする
   というのがフロムの理論である

   長文になったけどいまのところ主なサディズムマゾヒズム研究はこんなところ

   だいぶ大雑把だからなんか違和感覚えるところあったら言ってね

52 名前:没個性化されたレス↓[sage] 投稿日:2012/01/18(水) 00:16:33.84
   いくつも出てるけどやっぱり劣等感が原因だと思う
   サディズムは自分より優れている相手を支配する事によって自分を大きくしたくて
   マゾヒズムは自分が下に置かれる事によって自分は下でいるのが当たり前だという風に劣っている自分を正当化するものだと思う

   支離滅裂な文ですまない






(日記です…。そして妄想的ネタ注意…。)




 な、なんとなくこちらの書き込みを見ていて、
 わかるような気がする…と思いました。
 

>他者の所有物になることで孤独を癒し、無力な自分は有能なサディストに服従することで無力であることを受け入れてもらうことができる



  特にこの部分です…。
  自分はこう、ジャイアン様やアミバ先生のような有能なサディスティックのように見える人物(キャラ)が、
  のび太のような貧相な人物にアブナイことをするシーンを見ていると、
  心が満たされるかのようなものを感じてしまうのですが…、
  その背景には、こういったメカニズムが働いている可能性があるのでは…っと、思い至りました…。


>いくつも出てるけどやっぱり劣等感が原因だと思う
>マゾヒズムは自分が下に置かれる事によって自分は下でいるのが当たり前だという風に劣っている自分を正当化するものだと思う



  そしてこの部分…。
  ここを読んで、自分は日頃から劣等感を感じていたことを思い知らされた気がしました…。
  自分は何をやってもダメな人間で、何に対しても自信が持てなかったり…、
  高学歴リア充等と比べてあきらかに劣っている人間が、
  胸を張って歩いているのはおかしいと思い込んでしまっている…、いえ、思っている…ことに気づきました。
  なので…、自分にはない素敵で過激なものをもった人物が人を見下していたり、
  人をモノのように切り捨てているかのような風なそういった漫画のシーンを見ることで…、
  自分もこういった人物には相手にされないだろう、存在を認めらないだろう、と思ってしまいます…。
  それによって自分が肯定されるっというか…、自分は無力なままでいいんだと、
  ポジションや居場所を認識できる…という感覚を感じるのです…。
  (も、もちろん見下されたりする相手が誰でもいいワケじゃありません…。)
  そういった人物に見下され、相手にされなかったという烙印を押されることで、
  その烙印が自分の証になるっていうんでしょうか…、
  ↑にもあるように、自分が正当化されるような感覚を感じます…。
  そういった感覚が自分の日常の中でなくてはならないものになりつつあるようなものを感じます…。 
  これはこれで幸せのように感じられますが、
  よくよく考えてみると…、このまま劣等感に抱いたままでいいのだろうかと、
  少しばかり焦燥感にかられてしまうものもあります…。


  アミバ様は…、自分が誰にも認めてもらえず奥義を授けてもらえないことに劣等感を感じていました。
  それでありながら、自分自身を天才だと信じて疑わず、高いプライドを誇示し続ける姿が印象的でした。
  なぜ、そんなふうに堂々といられるんだろうか…。
  自分の場合は、一度何かをミスするとミスしたことに対して激しく後悔し、
  物事を上手く行えなかった=自分には能力がない=自信を持つべきだはない、っとなってしまい…、
  結果的に現実逃避してしまう…ということに気が付きました。
  アミバ様がそんな風にならないのは…、
  多分ですが、何かミスをしても「間違ったかな?」と素早く切り返しが行えること…、
  失敗から学ぶことができること…、
  あと…、やっぱり…、自分の能力を自分で自覚できるくらい高めることができていること…、
  結局はそこだと思います…。

  ああぁぁ…ここまで色々書いていて、劣等感を克服するには結局まず自分で動くべきなのだと思いました…。
  劣等感を抱えたまま、ジャイアン様等の言いなりになる妄想をして(;´Д`)ハァハァするだけじゃダメなんだと…、
  ちょっと目が覚めてきました…。
  でもたまには、たまには、そんな妄想に浸っていたい…。
  

  話が変わりますが、次回のちびまる子ちゃんは、
  『たまちゃん、鬼になる』というお話が繰り広げられるそうです。
  高レート裏麻雀的なものを感じてカッコイイタイトルです。
  

Top

HOME

矢尾板の麻雀・アニメブログ~目指せ鳳凰卓~//矢尾板様 喪ぐら//伊東様 蒼天遍歴//MOZ様 StarShip//オリオン様 はんちく荘//ぶぼ様

YRN

Author:YRN
趣味はひとり桃鉄、DX人生ゲーム2など。
好きな作品は北斗の拳 DB キン肉マン Zガンダム
ヤマジュン作品 初代ときメモ )等。
 

当ブログはリンクフリー・アンリンクフリーです。
  
何かございましたらこちらへ!
amii_k_r@yahoo.co.jp


-天気予報コム- -FC2-

生活習慣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。