スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦闘民族


■北斗の拳「七つの傷、設定考えてなかった」原作者が秘話
http://blog.livedoor.jp/nana_nn/archives/20162567.html


北斗の拳の原作者である武論尊先生が、鳥取県の図書館においてトークショーを開催されていたそうです。
い、いきたかったです…。
ちょっと鳥取は遠かったので行くのを断念しました…。
鳥取といえばトリピーというゆるキャラ界のカリスマが存在していることでも有名であります。

TVチャンピオンのゆるキャラ王選手権ではいいところまでいっていたのが印象的でした…。

■【鳥取】武論尊氏がトークショー
http://blog.livedoor.jp/dqnplusmatome/archives/20335491.html

こちらのご記事には、武論尊先生が幼い女の子に色紙を渡している場面が映っていて、
こんなに優しそうなおじさんが北斗の拳を生み出されたのかぁと心が温まりました。
自分も現場に行ったら、可能であれば先生にいろんなことを尋ねてみたかったです…。

七つの傷の設定を考えてなかった、とありますが、
これをみるに、やはり行き当たりばったりな風にストーリーが作られていたのではないかということを感じます。
物語に面白味を出すには伏線的な要素が重要となる気がしますけれども、
北斗の拳にはそういった伏線がほとんど存在せず…、
勢いだけで書かれている感じが強いのを感じますが、それでも面白いのがすごいなぁと思います。

関係無いですが、北斗の拳のアニメをみていると、
モヒカン達がケンシロウのことをあまりに「7つの傷の男!!!」と連呼するために、
なにかシュルレアリスムなものを感じ、つい笑ってしまって仕方ありませんでした…。


北斗の拳において、悪に堕ちたケンシロウの兄のトキが実は偽物だった!という展開がなされていますが、
武論尊先生のこういった話を伺うと、
「実は偽物だった」という部分はもしかしたら後付けなのではないか、というのが特に考えられます…。
最初は本物のトキが悪になっているハズだったのに、
急遽本物トキは別のどこかに幽閉されていて、その罪をすべて請け負い誕生したのがアミバ様であった、
という話はよく聞きますが、やはり本当にそのとおりなのかもしれないかもしれません…。
なぜそのようになってしまったかは謎に包まれたままですが、
結果的にその判断のおかげで物語がよりバリエーション豊かになったというのが感じられます。
しゅ、修羅の国…。


ドランボールでも、悟空のおしりに尻尾がはえていたり大猿に変身するのがなぜなのか明かされていなかったのですが、
後に悟空はサイヤ人という宇宙人で、地球の生命体を排除するためだった、という設定が加えられたのは凄まじい
展開だと思いました。
連載当初からそのように考えてらしたとはちょっと思えないのですが、
その行き当たりばったりかもしれない発想により、物語のスケールがグッと広がったのが伺え知れます。
ピッコロさんが実は神様という人物と分離したもので、
さらにその正体がナメック星人でそのナメック星がドロゴンボールの起源だた!というのもすごい伏線だと思います…。

このように、何か物語を作る時…、以外にオチや全体図を考えたりせず、
行き当たりばったりで構成してしまうのもアリなのかもしれません…。
小説やSSなどは書いたことがor書く技術がないのでわかりませんが、
書いている本人が楽しいストーリーを書くことができることに憧れちゃいます。
スポンサーサイト

ヱヴァ:Q 感想



ネタバレ注意です







まず感想は…、
今までの俺たちの知っているエヴァではなくなっている(?)ということでした。
世界が大きく変わって、視聴しながら何が何だかわからない!っとなり、
期待していたのと違う…っとはなりました。
でも、その自分が知っていたもの達が形を変えて別の物になっているという、
得体の知れなさや形の捉えにくさが逆に良かったと思いました。

視聴者の、一体何が何だかわからない、という気持ちを、
シンジ君がすべて代弁して登場人物達に尋ねていたところとか、
段々と世界に何が起きていったのかがわかってくるところが良かったと思います…。
シンジ視点で物事が進んでいったので、その分個人的にシンジ君に感情移入してしまいました。

シンジは劇中で、破で助けることができた綾波を実は助けていなかった事実を知ったり、
首に爆弾を装着されつつ、エヴァのパイロットという存在意義を無きものにされてしまったり、
周りの環境や人々が自分の知らないものになっている事実を目の当たりにしていました。
シンジがどんどん落ち込んでいき、何も信じられなくなっていく様は見ていて辛いものがありました…。
アスカが敵のような位置づけになっていたのも、個人的にくるものがありました…。

14年ぶり?にあったお父さんに、
「機が熟したらその少年とエヴァに乗れ」とだけ言われ…、
謎の少年や綾波レイ?とネルフに住まわされる展開というのは…ただただ悲壮感が漂っていました…。
その謎の少年はカヲル君なのですが、なぜかアカギにみえて仕方ありませんでした。

シンジはカヲル君と話をしていくうちに、段々と心に安らぎを得ていきました。
しかし、物語の流れで自分のせいでニアサードインパクトが起こってしまった事実をしったシンジは、
発狂し、カヲル君すらも信用できなくなり、精神崩壊がおこりかけていました…。
そんな時、カヲル君がシンジに代わってその苦悩や首の爆弾を自ら引き受けるシーンが展開されたのですが…、
カ、カヲル君は、なぜそこまでシンジのためにできるんだと鳴きそうになりました…。
その後の、カヲル君の命がけの行動をきっかけにシンジが人間らしさを取り戻していくところが良かったと思います…。
絶望に立たされたシンジが救われた瞬間を見た、というか…見ていて感極まりました。
それで、二人で頑張って世界を救おう!とシンジは奮い立って頑張るのですが、
シンジはカヲル君の首が飛んで爆発する瞬間を目の当たりにしてしまいました。
絶望の中で見つけたたった一つの希望が、無残にも爆発してしまったというのが残酷すぎて…、
鬱展開だったなぁ…と視聴後も悶々としていました。
友達が死ぬところを目の当たりにしたシンジは、立ち上がることも困難な状態になっていましたが、
誰でもそうなるよね…っと自分がシンジ状態になりそうでした…。
カヲル君の死から立ち直れないままスタッフロールと共に宇多田さんの曲が流れるところは、
哀愁が漂いつつ、余韻めいたものを感じさせて、いい終わり方?だったなぁと思います…。
カヲル君とシンジはウホッではなくて…、種族が違うような気がするので多分、ウホッではないような気がしてなりません…。

希望を失ってしまったシンジは今後どうなってしまうのか…続きが気になるところです…。
絶望の中を生き抜くことでたくましく成長し、ガチムチとなって帰ってきてほしいものです…。


というか…、破を見ていて個人的に一番期待したのが、
アスカとレイが良好な関係になるのではないか…というところでした…。
よくあるポスターなどではアスカとレイが二人並ぶことが多いですが、
作中で二人が直接会話をしたり接したりする機会って殆ど無かったというか、
ギスギスしたシーンが多かったのですが、破ではかなりその関係が変わっているのが見受けられました。
なので、Qではどうなるのかなかなか気になったのですが、
アスカもレイもそれどころじゃなかったのが見受けられ、ちょっと残念でした…。
4部作目がいつになるのかはわかりませんが、一体どうなってしまうのか今から気になって仕方ありません…。

個人的に、新劇場版エヴァについてただ言えるのは、新約Zガンダム劇場版3部作よりは…(ry

パパウ




824 名前:ゲーム好き名無しさん[sage] 投稿日:2006/09/13(水) 22:46:01 ID:f+C3iW2D
   そういえば昔ポコにゃんってアニメで
   CMの合間かなんかに「ポコにゃんルーレット」ってのが入るんだが
   それを見た当時小学生の弟が
   「アニメなんだから最初からハズレも何も決まってるじゃねーか!!!」って突然大激怒して
   怒りの余り唇噛みすぎて血が止まらなくなって
   急いで病院連れていかれた事がある
   あれ何だったんだろう

   http://copipe.cureblack.com/c/2783



先日、こういったコピペがあることを思い出しました…。
ポコニャンは昔みたことがあるのですが、
ポコニャン本編が終わると、確かに毎回ルーレットというかスロットが開始される流れだった気がします。
図柄がキャラクターの顔になっていて、揃うとそのキャラのパフォーマンスタイムが始まるというものだったと思います。
そのスロットは、確かに本物のスロットを回しているのではなく、
スロットそのものがアニメに登場している形になっているため、
あらかじめどの出目が揃うかがすでに決定づけられていると考えられます。
そのため、↑の弟さんがブチ切れてしまったのもわからなくない気がします…。
自分も当時同じようなことを言っていたような言っていなかったような曖昧な記憶があります。

それにしても、怒りのあまり唇を噛みすぎるくらいに激怒されてしまうなんて…と驚きを隠せません…。
なぜポコニャンにその怒りを…。


話が変わりますが、ヱヴァQまであと2日くらいとなりました。
序を見ているうちに、Qの内容が気になってしまい、是非見に行きたいなぁと思ってしまいました。
あああしかし、一人で映画館って行ったことがなくて…w、
一人で映画館に行くってどういう感じなのかなとちょっと調べているところです…。

少し調べてみたらところ「そこまでおかしくない」という認識がされているのが見受けられ、
そういうものなのかーっと、少しホッとするものを感じました。
映画館の座席に座る時、周囲が友達同士やカップル等だったりすると肩身が狭そうっ等と思ってしまうのですが、
映画を見始めたら皆一人で集中して視聴するわけですから、
あまり気にしなくてもよいものなのかなーなんて思います。
そういえば…、厨房の頃にポノレノノグラフィティのライブに一人で行ったことがありました…。
思えばそっちのほうが勇敢だったなぁって思います…。
男は度胸!というように、一人○○をなんでも試せるようになりたいものです。

パウパウ



ちょっと気になったことがあったので、
下の記事のアニメ『タイガーマスク』に関してもう少し振り返ってみたいと思います。

前回視聴した話では、
主人公のタイガーマスクこと伊達直人さんが、
ある日雪山にこもって雪だるま相手に特訓をし、
その途中で熊と出会い、格闘するうちにウルトラタイガードロップというスペシャル技を編み出した、
といった展開がやっておりました。

その話を見ていた時、
「雪だるま相手に特訓か~」っと、特に気に留めずにいたのですが…、
よくよく考えると、雪だるま相手にどうやって特訓するんだ…?っと気になって気になって仕方なくなりました。
伊達さんの口からはただ「雪だるま相手に特訓した」とだけ述べてられているだけで、
実際に雪だるまと戦っているシーンが放映されていなかったのでなおさら気になってしまいます…。
やはり雪だるまは自前で用意するのだろうか…、
2つの球体を積み重ねただけの代物で…プロレスの組手(?)が務まるのだろうか…。
キン肉マンでも、滝を流れる流木を相手にキン肉ドライバーという新技を編み出すシーンはありましたが、
雪だるまというのは全く新しいと思いました…。

うぅ、単純に自分は雪だるまが好きなのです。
雪が積もって気が向いた時にたまに作ります。
雪だるまがそのような風に役に立つのであれば嬉しい限りであります。

ロマサガ3というゲームでも、ゆきだるまが仲間になって操作できる風になっていたのを思い出します。
RPGはだいたい雪が舞台の町や村が出てくる法則があるような気がします。




藤子・F・不二雄大全集 ポコニャン (藤子・F・不二雄大全集 第3期)藤子・F・不二雄大全集 ポコニャン (藤子・F・不二雄大全集 第3期)
(2011/10/25)
藤子・F・ 不二雄

商品詳細を見る

UTD




昨日、金曜ロードショーでやっていたゑヴァ序を見終わった後、
東京MXでやっていた『タイガーマスク』を見ました。
タイガーマスクは予備知識もなかったのですが面白かったです。
主人公の伊達直人が初の必殺技を披露していたのですが、
その必殺技に対し、師匠?が『ウルトラタイガードロップ』という名前を名付けているシーンがやっていました。
「カッコイイ名前をありがとう!」と主人公は感激していましたが、
あまりにも直感的につけたようなネーミングでは、っと思…いえ、私めの感性がおかしいのかもしれません…。

他のシーンでは、キザな対戦相手が試合前に主人公を挑発するところがあり、
それに対して主人公がついカッとなって「我慢できん!」と奮い立っているシーンがありました。
怒りに燃えている主人公に対し、コーチらしき人物が、
「今は抑えろ!怒りを爆発させる場面は他にあるはずだ!」
っといったセリフを述べ、主人公を落ち着けていたのですが…、
このセリフ、すごく説得力のあるセリフに感じられて、グッとくるものがあると思いました。

自分もよく、麻雀などにおいて大物手に振り込んでしまった時、
「俺をトバしただと!?!!??!!?」等となって冷静さを失ってしまうのですが…、
その一時的な怒り…憤りをぶつける場所というのは、
その時だけでなく、ちゃんと他の局面においても存在するのではないかと、確かにそう思います。
カッとなったまま対戦相手に勝負を挑み、
返り討ちにされ、「失った!1何もかも!!!」といった風にならないために…、
怒りを無きものにするのではなく、一時的に保管しておくというような感覚で鎮めることが重要なのではと思いました。
長年カッとなりやすかったので、このセリフを聞いてとても為になったものを感じます…。

そう…、本日11月11日はZガンダムのカミーユの誕生日でもあります。
カッっとなりやすいキャラと聞いて思いつくのがこのキャラでありまして…、
彼を見ていると、何か他人とは思えない何かを感じてしまい、
ある意味こう、キレやすい若者を体現していたのかなぁ…って思います…。


あと、エヴァ序を見ていて、綾波可愛いなぁと思いつつも…、
やっぱり自分はアスカ派だな…と、しどろもどろしました…。
次週の破も楽しみであります。



そして、ジョジョ6話も視聴致しました。
今回はEDの入り方が特にかっこよくて渋かったです…。ポコニャン…。





【本番】2011年11月11日11時11分11秒11【大本営】
http://unkar.org/r/news4vip/1320977027


275 名前: 忍法帖【Lv=1,xxxP】 :2011/11/11(金) 11:11:10.47 ID:KbjqCyBJ0
   1111111111

276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/11(金) 11:11:11.05 ID:jJ/f0Y8x0
   こい

277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/11(金) 11:11:11.08 ID:4K9nJgnt0
   やー

278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/11(金) 11:11:11.30 ID:JDnY4vpZ0
   ズキュゥゥゥ…ン




去年のネタですが、こちら…、ぜひズキュゥゥゥンで七対子をゲットしていただきたかったと思いました…w
というか、ああ、、一年経つの速すぎる…。うう…

公開されなかった人気投票結果





【ネット】イナズマイレブンの人気投票で“2ch vs ファン”の組織票合戦に発展! キャラデザは冷静なコメント ★4
 http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1290003081/



73:名無しさん@十一周年:2010/11/17(水) 23:52:24 ID:k68BIKLQ0downup
   前スレ>>412
   >>412 : 名無しさん@十一周年 : 2010/11/17(水) 21:27:36 ID:xxk/o/Nb0 (6)
   >>>>126
   >>そもそもジャンプの人気投票で1位になったキャラのが圧倒的に少ないんじゃね?
   >>キャプテン翼の翼かDBの悟空とかワンピのルフィの3人ぐらいだったような

   >>H×H・・・キルアかクラピカ
    >>ブリーチ・・よく知らんがいちごじゃなかった事は確か
   >>NARUTO・・サスケだっけ?
   >>ヒカルの碁・・・伊角と佐為
   >>聖闘士☆星矢・・・・紫龍か氷河 瞬が3位で一輝か星矢で5位争い



   ジャンプ黄金期当時は、主人公の人気が低いのは当たり前のことだった
   翼も星矢も5位くらいだった。
   星矢は不満そうに「オレ主役」とこぼしていた。


   北斗の拳は、人気投票の募集はあったが、結果発表は無かった。
   多分、某誌のせいで「ある人」に票が集中したのではなイカとおもう



105:名無しさん@十一周年:2010/11/18(木) 00:03:02 ID:jPZQnkmw0downup
   >>73
   アミバ様かあああああ

626:名無しさん@十一周年:2010/11/18(木) 03:42:41 ID:MEXaOTX40downup
   アミバwwwwwwwww






2010年の今頃…、イヌァズマイレブンの人気投票において、
五条勝氏と呼ばれるメガネっ子キャラへの人気が集中し、
セリフもないに等しい脇キャラであったにもかかわらず、
一位への期待が大きく高まった出来事があったことがありました。
先日のニュースでは、五条さんは人気投票を卒業した模様で、一躍神扱いされているのが伺えました…。

この一連の出来事の中で、
北斗の拳の人気投票でも過去に似たようなことが起きていたようなことが、
↑の書き込みで明らかになりました…。


>某誌のせいで「ある人」に票が集中したのではなイカ

とありますが、
これは…過去にファンロードという雑誌において、
アミバ様がなぜかアイドル視(?)されていたことが大きく関わっているような気がします…。
ネットのなかった時代は、ファンロードという雑誌がまさにネットの役割を果たしていたそうで、
五条さん人気と似たような感じで、当時も話題性の観点においてアミバ様に人気が集中したのではないかと考えられます…。

人気投票で1位になったアミバ様の姿が発表されるところも見てみたかった!ですが…、
組織票というもの無しで、純粋なキャラたちの人気投票が見たかった…とも思います…。
本当にアミバ様が1位になってしまったのかは定かではありませんが、
非公開になってしまった=何らかの要因があった、とも考えられるので…、やっぱりなんかがあったんだと思います…(;´Д`)
なんにせよ非公開になってしまったのは惜しいものであります…。
や、やはりそのまま載せるわけにはいかなかったのでしょうか…。


>ジャンプの人気投票で1位になったキャラのが圧倒的に少ない

という現象がよく引き起こるのも、わかる気がします。
80年代のジャンプでアミバ様編がやっているあたりで、
キン肉マンの人気投票でバッファローマンが一位だった光景が載っていたのが記憶にあたらしいです。
主人公であるキン肉マンは6位で、相方であるテリーマンは次点という結果だったのがちょっと残酷めいたものがあったと思いました…w
幽遊白書でも主人公の幽助が3位になっていたり、
テニスの王子様でも…跡部氏が1位になっていたり…、
主人公よりも脇役のほうに人気が高まりやすいというのはよくある気がします。


あくまでイメージですが、北斗の拳のだとケンシロウよりも脇キャラのほうが人気がありそうな気があります…。
個人的な聞き取り調査だと、「ケンシロウが一番好き!」という方はいらっしゃらず、
相方のレイや兄のジャギ様が好きと答える方が多い印象がありました…。
自分もケンシロウは憧れを感じる大好きなキャラなのですが、
キリンが好きだけど象のほうがもっと好き、というような、そういうようなものを感じます…。
それだけこう、主役を引き立てる脇役が魅力的というか、
主役があって脇役があるというか…、そういった絶妙なバランスがあるのを感じます。

むこうぶちは特にそういう要素が強いのを感じます。
傀の無双を楽しむというより、対戦相手の行く様を楽しむ漫画であるので、
必然的にそうなってしまうものでありますが…。
むこうぶちで人気投票をやったとしたら、傀が1位になるのか少し気になるところであります。


そもそも、こういった人気投票はなぜ行われるのか、と気になる部分があります。
今後の展開に、人気投票で上位のキャラを使うことで読者の声を反映させるというのが肝かなぁと思うのもありますが、
自分の作ったキャラの誰が一番人気なのか知れるのが楽しそうとも感じます。
実際、実際自分が人気投票を開催する側になったらワクワクしそうなものです…をを…。

日常的経験をエピソードとして具体的述べる方法とは




下の記事の続きです…。

大人が書く文章というのは、
しっかりと事実と根拠に基づいている、という話を聞いたことがあります。
根拠に基づいていない印象論や感情論では味気ない文章になりかねないということも…。


そういう話を聞いた時、
「○○がすっきゃねん!」などと記事で述べるだけでは、
本当にただの感情論で印象論にすぎず…、
まさにこう、誰得と言わざるをえないものを感じずにいられません。


では、感情論等にならずに意見を述べるにはどうしたらよいのでしょう。
最初は、個人的な日常的な話を書く=印象論になりかねない、と考えました。
そう考えてしまったため、日常的経験は印象論にしかならないというのに書く価値があるのだろうか?という心情になんか陥りました…。
しかし実はそうではなくって、もっとなんか違う見方があったことに気が付きました。

新聞を読むと、読者から投稿された投書欄というところがあって、
そこに書かれている文章はハイレベルなものが多く、
普段新聞を読むような知的で高級な書き手が大勢いるというようです。
普段接しているメディアが自身の知的レベルを構成するため、そういった現象が起きるというようです。
世代年齢関係なく、若い子でも素晴らしい文章を書いていたりして、
正直焦りのようなものを感じてしまうくらいです…。

そういった投書欄に書かれていることは、
自身の身の上や日常的な話であるにも関わらず、
新聞に載るほど価値があり、読んでいて為になる文章であることがわかりました。
それはなぜかというと、
自身の"エピソード"を具体的にわかりやすく述べている、ということに尽きるのではないかと思いました。
ただ単に「○○タンハァハァ!!」と述べるだけではなく、
こういう経験があって、こういうことがあったから、我は○○タンがハァハァなのである、
といった風に具体的に述べることが、読み手に対してもなにか伝えるにおいて重要なのではないのではなかろうなのだ。

そうすれば多分…、自己満足でひとりよがりな文章になることはなさそうで、
書いていても楽しいといえる文章とよべるものを描き上げることができるのではないかと思います…。
そういった知的レベルを構築するにはやっぱりこう新聞を読むのが効果的だと、聞きまくりました。


人のエピソードを聞く、という点において、
2chなどでは確かにそういった話を聞くにおいてはふさわしくない場にも思えます。
2chは匿名性が強く、相手の素性や相手の話がどこまで本当なのかも判断しづらく、
長文にわたって自分語りをするという機会もそれほどないのが見受けられます。
ブィップなどではよく「~なわけだが」「~がやばい」「ぽまいら~」といった風に、
>>1が住民らに相談を呼びかけたりする光景もよく?ありますが、
その話自体が釣りであったり、したり、
単なる馴れ合いへと発展したり、色々とちょっとありそうな予感もします。
な、なのでこう、掲示板やまとめなどを見るだけじゃダメなんだなって…思います…。
中には、そりゃ、神的スレと呼ばれて受け継がれているスレッドというのもあるものですが…。
偉そうにすみません!わあああ


なぜ色々とこう記事を書くことについてあれこれ考えてしまうかというと…、
やっぱりこう、公の場で好きなモノを好きと言っていられることが、
自分の普段の活力になる…というものを感じるからです。
その過程の中で、その好きなものを汚したくないと、
○○たんのファンにはこういう痛い人が多い!という風に思われるのが恐ろしい、というのがあります…。
なので、そういったものを少しでも軽減して、やっていけたらなってそう思うのです…。

こんなブログを見ていらっしゃる方がいないとしても、
なんだろうなぁ…、自分が○○タンのこういうところが好きだ!等と記事にすることで、
チラシの裏とは違って…、その記録が、どこかしらに残る、というのを感じると、
自分を証明をしていられるような錯覚を感じるのです。
こんな風に痛々しいですが、ブログを書くことが自分にとって無くてはならないものになりつつあるのであった…。

pow!!!



人は、普段利用しているメディアでその知識レベルが変わってくる。
というような話を聞きました。
今の若い世代は、ネットや掲示板などでの事実や根拠のない情報に依存してしまうため、
aa nihongo ga utenaku narimashita

tonikaku, kou, wakai hito ha shinbun wo amari yomanai tame
bunsyou nouryoku ga ,
shinbunwo yondekita otousannsedai no hito tati yori ototteite,
mensetu nadodemo furi tekijyoukyou ni otiiru koto ga ooi toiukotowo kikimashita

kouitta burogu mo,
jijitu ya konkyo wo noberu kotoyori,
kanjyouronn ya insyouronn ga tyuushinno naiyou ninarukotogaooi rashiku,
fudan no jibun no bunsyou wo mikaeshitemiruto masani sorega atehamaru na- to kannjitutuarimasu.

maru maru tan halahala toiu kanjyou wo
hitasura nobeta tokorode
soreha tadano kanjyouron ni sugizu
settokuryoku nikake,
bunsyou toshite no kati ga toboshii nodehanaika to kannji mashita

deha, dousureba
tadano insyouron kanjyouron ninarazuni
jijitu ya konkyo ni motoduita bunsyou wo kousei suru koto ga dekiru no desyouka

shibaraku kangaetatokoro,
nantonaku sorega wakatta kigashimasu

shinbun no tousyo ran nado ha,
bunsyou reberu no takai bunsyou ga saiyousareteiru koukei ga miuke raremasu
soreha jibunno dekigoto oooowowowoo!! wow!! wowow!! yeah!!

matakondokakoutoomoimasu

Top

HOME

矢尾板の麻雀・アニメブログ~目指せ鳳凰卓~//矢尾板様 喪ぐら//伊東様 蒼天遍歴//MOZ様 StarShip//オリオン様 はんちく荘//ぶぼ様

YRN

Author:YRN
趣味はひとり桃鉄、DX人生ゲーム2など。
好きな作品は北斗の拳 DB キン肉マン Zガンダム
ヤマジュン作品 初代ときメモ )等。
 

当ブログはリンクフリー・アンリンクフリーです。
  
何かございましたらこちらへ!
amii_k_r@yahoo.co.jp


-天気予報コム- -FC2-

生活習慣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。