スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の色気





http://news4vip.livedoor.biz/archives/51900535.html

闘う男には色気がないとダメ…、という、その姿勢が凄まじいと思ってしまいました…。
い、色気…。あ、あおおおおーッッ

な、なんか、北斗の拳を読んでいると、ああ、この男の人はなんてセクシーなんだ!!!、なんて、
その筋肉に対して思う事がよくあったのですが、
その裏側にはこういった信念がおありだったいうことをお聞きして、なるほど…と思ってしまいました…。

原先生が男性キャラを描かれる時、
やはりこう、そういった色っぽさを意識して描かれていたんだなぁと思うと、
キャラの見方が変わってくるというか、
なんというか、自分は特にあばば、ア、アミバ先生をセクシーだ!!なんて思うことがあるのですが…、
そ、それは必然的なことであって、
何もおかしいところなんてないと思っていい(?)のだと、なんだかとても勇気が持てました。

上手く言えませんが、「男が男に惚れる」というのは本当にある気がします…。
アッー!的なものではなくて…、相手の男の人の生き様とか信念がものすごく印象的だったりしたら、
自分の心にグッとくるものがあって、「この人についていきたい!」と思うようなことがあると思うのです…。
そういう男の人がさらに筋肉が色っぽかったりすると、シナジー効果が発揮されたりして、
余計に「うほっ」ってなってしまうんじゃないかと…。
だからこう、男の人にも色気は必要な要素なのだと考えます。


本当にどうでもいいことなのですが、
自分の、高校の頃の進路相談を含めた三者面談において、
担任の典型的なバーコード頭の先生から、
「色気がない」っと注意されたことがありました。
他にもいろんな話をしたのですが、それが一番衝撃的で、今でもわすれられません…。
その頃、色気について全く考えたことがありませんでしたが、
色気っていうのは未成年でもなんでも関わってくるものなのだなぁと思いました…。

色気というのはなかなか未知なものである気がします。
ただたんにおっぱいやおしりがあるだけでは性的興奮に繋がる気がしないのですが(保健の教科書など)、
そこになにかがあるだけで(パンツなどの布等)、
見違えるような興奮作用が創出されるような気がします。
なにか科学的な理論がこういところににかくされているのではないか、
そんな研究が既になされているのではないかと、興味深いものがあります。
スポンサーサイト

和太鼓




■リツコの人気の低さがどうしても理解できない
http://blog.livedoor.jp/robosoku/archives/14715911.html


こちらのまとめサイト様を閲覧していたところ、




こういった動画と遭遇し、ヽ(^o^;)ノ っとなりました…。
エヴァの赤木リツコさんが、老若男女問わず複数の人々と関係をもつという描写がなされているのですが、
リツコさんってこんな魔性的なキャラだったのかと驚いてしまいました…。
TV版エヴァ放送時の時は、割と個人的にアスカやレイに目が行きがちだったのですが、
今になってみると、リツコさんの白衣やタイトミニスカートの黒タイツのパンプス姿というのに目がいってしまいます…。
リツコさんのような知的で猫好きな女性に軽くあしらわれたり冷たくされたらどんな気分なのだろうと悶々としちゃいます…。
研究職に携わるクールさの反面に女性の情熱的な部分を持ち合わせている感じがまたたまりません。(;´Д`)ハァハァ

あと、このゲームにおいて、普段は背景がお仕事とされている青葉シゲルというキャラが、皆から名前を呼んでもらっているのが衝撃的でした。
彼はアニメ本編だと人から一度も名前を呼んで貰ったことがないということで、
シンジやアスカが彼を「青葉さん」と呼んでいるのが凄く違和感がありました。
この先の新劇場版でも出番に恵まれるのかどうか気になるところです…。

マズローの欲求5段階説www



ky4.png

kenkenn.png

luei.png

uesmc.png

yntn.png


ちょっと、今までトップに飾っていた絵をまとめてみたいなぁと思ってまとめてみました…。
右向きバストアップ的なものばかりなのがよくわかります…。
ケンシロウがすっごい弱そうで情けない感じがするのがなんともいえません。またリベンジしたいです…。


社会的な集団行動において、「追従」という言葉があることを最近知りました。
聞いた話によると、
生粋のジャイアンツファンな会社員が、
突如、阪神ファンに囲まれた大阪の職場に転勤が決まるということがあったとすると、
そのジャイアツファンは、自らがジャイアンツのファンであることを隠し、
阪神ファンのフリをし、自分を偽ってその場に溶け込む…というような行動とってしまうのだそうです…。
その会社員は、家に帰ると途端にジャイアンツのハッピを着てジャイアンツファンに返り咲くのだそうです。
そうやって自分にチョット無理をする行為を追従と呼ぶのだそうです。
なんともちょっと悲しい話だなぁと思いました…。



dm1.png


傀さんみたいに麻雀がもっとうまくなりたい!なんて漠然と思ったりしているのですが…、
戦術や理論や牌効率などが全くわからないという有様で、
日々何も考えずに天鳳で遊んでいる状態なのですが、
な、なんかこう、下手なりにアホなりに、
天鳳をプレイする上でなにか思ったことをかいてみるのもなんかよさそうかもしれないと思い、
ちょっと思ったことを書いてみようと思います…。

東2局の17巡目おいて、
上家が対面の8sでハイテイでアガっているところにさしかかりました…。
自分が同巡で、対面が8sを切る前に8sに手をかけていたら、
上家は役なしなのでフリテンとなって、対面の8sも見逃さざるを得ない状況になったのかもしれない、
と考えたら少し興味深いところでした…。
け、結果的には変わらないのかもしれませんし…、
ノーテン罰符を払わずにすんだと考えれば良い結果なのかもしれませんが、
なにか引っかかって仕方ありませんでした…。
こ、こういう些細な展開の違いが、今後のゲームの進行に大きく関わってきたりするのだろうか、なんてことも思いました…。

手牌の2mか4mかドラの6pを鳴いてテンパろうなんて事を考えていたのですが、
こうやって神の視点から見ると、どちらも既に使われていたことが伺えます…。
どの時点で一体どうしていればよかったのか、全くわかりません…。
て、っていうか、こんなシャンポンな形でテンパろうなんてしている形がそもそもよくないのかもしれません…。
なぜだかトイツは切るのが勿体ない衝動に駆られます…。

その後は親番が来てもいい配牌に恵まれず、下家に見事な跳満一発ツモをキメられ、御無礼らしからぬアガリを披露してくれました。
生きたツモでした…。

Top

HOME

矢尾板の麻雀・アニメブログ~目指せ鳳凰卓~//矢尾板様 喪ぐら//伊東様 蒼天遍歴//MOZ様 StarShip//オリオン様 はんちく荘//ぶぼ様

YRN

Author:YRN
趣味はひとり桃鉄、DX人生ゲーム2など。
好きな作品は北斗の拳 DB キン肉マン Zガンダム
ヤマジュン作品 初代ときメモ )等。
 

当ブログはリンクフリー・アンリンクフリーです。
  
何かございましたらこちらへ!
amii_k_r@yahoo.co.jp


-天気予報コム- -FC2-

生活習慣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。