スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天才とオシシ仮面



      (ヽ、 _ヽ、  )\     ヽヽ
     _ヽ、     ⌒  ヽ、     \\
     \ ̄     __    )ノ     ヽヽ
    ∠⌒     / )    ⌒ヽ     | |
     )   / ゙̄- く       \   ノノ
    /  /ノ^)___)ノl       ヽ_//
   /   //(/ !_|_|       ヽ三ヽ
   レヘ  |j(/l_/    |ノヽ      |──)
    ノ (/l_/  /⌒| | | |  !   |二 二ヽ
  /   |_/__| |  | -| | ノノ    ノ── 、)
  /    `───| | ノ -| |   |/(())   ヽ
 /⌒) ∧    ヽ/_//  /j()ノ_   (()) i
    // ノ     |_// / ̄ ̄`\ (())  j
      (ヘ       ̄   |   ヽ   \   /
       )/(/) / ⌒ |⌒ヽ |\  /i\ /|   )ヽ
            |/      |    !  / | ノ |  ( (
     )ヽ           |  /  /  ( ((|   ) ヽ
    (  )           |  / /    ヽ|  (   )
    ) (      、    /  ) |ヽ、_ __ ノ   )  (
   (   ヽ    ((   /  /-、|        (   ヽ
(    )   )    )ヽ  ヽ_ノ |  |   ヽ   ノ     )
 )  (    (   ノ  )     |   |  ( (  (      (
 (_ ノ     )(  ( (    / /^)  ) )  )
               )  / / /  (  ( _ノ
                 (/__/   )
  .ト、.  /ヽ |\  /ヽ  /”゙ォv' .// // /
  |. ヽ./ | ヽ! .`、/  ヽ,/     '     /_  _
: --!          ,,,,, ,,,,,               ̄./
\      ,illllli,,,,,,,,, lllll llll               /
_ヽ    ,llllllllllllllll!' ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,             ̄ ̄ ̄''_,-
\    ,illll!' ,illll!'  !!!!lllll!!!!l゙`     ,,, ,,,     ,r-'''゙ ̄
  >   ゙゙゙゙' .,illlll゙    lllll|  llllllllll!!!!!  llll !ll! iiii,, <_.
/_   .,illlll'   ,,,,,,,llllll,,,,,,,,,,      ,,,iillll!!゙   >
 ̄/   ,llll!!'    lllllllllllllllll!!!l_      :ll!!!゙゙゜   <_



こちらのAAはドラえもんの漫画に唐突に出現したオシシ仮面というキャラがAA化されたものなのですが、この構図といい何度見ても…逸脱です。



よくわかりませんが自分は天才キャラが好きです。
天才と聞いて真っ先に浮かぶのはセーラームーンの水野亜美ちゃんですが、
ドラえもんにでてくる出木杉英才氏のような完璧で模範的で完璧すぎる完璧タイプの天才というのもカッコいいと思います。
ドラえもん本編で、出木杉に嫉妬した成績2番のクラスメイトが真夜中に出木杉に出来ぎたイタズラ電話をかけて勉強時間を奪うという悪行に及んだ場面があったのですが、
出木杉は彼を責めることはなく逆に真夜中に電話をかける相手の体調を心配するというイケメンぶりを披露していました。
出来杉はまるで「お前のような小学生がいるか」というくらいの精神的大人ぶりをみせてくれるのですが、
彼の言う事やる事全てが理にかないすぎているのでどことなく近寄り難い雰囲気が漂っているので作中でもあまり出番がありません。
映画で彼がメインキャラとして本格的に活躍するところも一度はみてみたいのですが…。


出木杉のような完璧(パーフェクト)超人も素敵なことこの上ないですが、少し歪んだ天才というのも魅力的に思います。
代表的なのは、知る人ぞ知る漫画『LOST+BRAIN』の主人公・氷山漣でしょう。
『LOST+BRAIN』とは、少年サンデーで連載されていた、催眠術によって腐った世の中を変えようと頑張る天才・氷山漣が主人公の漫画です。
彼は常に夜神月と比較され目の敵にされていましたが、正直なところ月よりも良い子で天才だったと思わずにいられません。
世間ではよくCheapキラなどと言われていましたが…w



   36 名前:マロン名無しさん [2007/12/16(日) 23:02:25 ID:mTcW5/eJ]
     ・氷山・・・催眠術を勉強してがんばる努力家
     ・月・・・デスノートなどという反則級のアイテムに頼るクズ

     ・氷山・・・自分以外の人間すべてをクズと断定できる程の超天才
     ・月・・・せいぜい全国模試で好成績を取れる程度。

     ・氷山・・・人類に正しい道を指し示してあげようというボランティアスピリッツの持ち主
     ・月・・・「新世界の神になる」というただの驕り野郎

     ・氷山・・・誰にも頼らない孤高の天才
     ・月・・・死神とつるむチキン

     ・氷山・・・黙っていても多くの女がやってくる
     ・月・・・自分から誘わないと女が来ない
      (ミサが来たのは実質ノートのおかげ)

                    【天才】夜神月VS氷山漣【対決】
                     http://yomi.mobi/read.cgi/anime3/anime3_csaloon_1197462537


月は犯罪者を徹底的に排除して悪いことをすれば消されると人類に教え込む手法で人類を粛清しようとしていましたが、
氷山漣は無闇に人を殺したりせず(一話で官房長官を殺害しましたが)、
人の根本的な弱さを催眠によって改善し、正しい方向へと導こうという神様のような事をしようとしていました。
さらに独学でデスノートに匹敵するほどの催眠術を会得する知力を発揮し、
クラスメイト2人を同士として賛同させたりと信頼も熱かった存在です。
夜神月のようにキラをアピールして自身の存在をほのめかしたりせず、密かに内密に世界を変える活動していたのも人間ができています。
にも関わらずやっぱり催眠で世界を変えるなんてよくないよという事で最終的に干されてしまうのが悲しい結末でした。
「力こそが正義、いい時代になったものだ」と人類に力を与えようとする方向性は間違ってはいなかったのかもしれませんが、ただ人類が彼を必要としていなかったのかもしれません。
結局は月も氷山もやり方は違えども、世界を良い方向に変えようとしていたのに変わりはありませんが…。
天才すぎる天才というのは天才すぎるが故に世間でもあまり認められない悲しい存在なのだという事が分かる漫画でした。

では果たして誰もが認める完璧タイプ模範的天才である出木杉英才がデスノートを拾っていたらどうするのか…というが気になります。
出木杉は外国人の友人であるスミスと文通をしているくらいなのでデスノートの説明書きを読むのも容易いハズです。
月のように本物かどうか一度でも試してみるか…、本物と信じて災害が起こる前に処分するか、それとも見なかった事にして元の場所に戻すか…。



催眠 完全版 (角川文庫)催眠 完全版 (角川文庫)
(2008/01/25)
松岡 圭祐

商品詳細を見る

スポンサーサイト

戦闘民族



戦闘民族という言葉の響きがたまらなく好きです
自分もサイヤ人に生まれたかったと思わされます
サイヤ人は一般的に働かない事でも有名ですが…
子供の頃は超サイヤ人に憧れるあまり「いつか髪を金髪にするんだ!」等と思っていましたが思いとどまって本当に良かったです。


  ドラゴンボールマルチバース
   >ドラゴンボールマルチバース(略してDBM)はGogeta JrとSalagirの二人のファンによって作られたフリーのウェブコミックです。
   >ドラゴンボール原作のその後を描いています。


最近ドラゴンボールの本格的な同人を描いてらっしゃるサイトをお見受けしたのですが、
それが画力的にも設定的にもあまりにハイレベルでおもしろすぎるとマイブームになっています。
まだ完結はしていませんが、更新のペースが早く毎日覗かせていただくのが楽しみです…。

同じ世界のようで何かが違っているいくつもの宇宙が存在し、
その宇宙同士で武闘大会を開催するという斬新で気持ちが高まるような設定なのが魅力的です。
過去に界王神様達によってフリーザが倒され、フリーザが存在しない宇宙や、
ベジータとカカロットがベジットのまま元に戻っていない宇宙があるという高度な設定には感嘆の声がでました。
作者さんのドラゴンボールへの熱意や愛がとても感じられます。
この作者さんが海外のお方だというのも驚きです。DBは海外でも本当に人気なんだなぁと…。
サイトのコメント欄には多数の日本人によるコメントで賑わっているのを拝見すると、
作者さんの真剣な想いが、同じDBファンの心を惹きつけているのを実感できて嬉しくなってきます。
(ファンによっては同人の存在自体を認めない正当なファンの方もいらっしゃると思いますが…。)
このような、キャラの雰囲気を一切壊さず世界観をも歪めないままに作品の裏側や真相に迫っている二次創作というのには実に憧れます…。


DBで最近もう一つ感動したことがあります。
wikipediaのベジータの項目にある「堀川亮とベジータ」の記述なのですが、
堀川さんのベジータを演じる上でのキャラの性質の考えやベジータのいい所が詳しく書かれていて凄いなと思いました。
キャラをただ演じるのではなく、キャラそのものになるという熱意や意気込みが感じられ、
その本人だからこそ分かるベジータの気持ちや性格というものが実によく伝わってきました。
キャラの魅力というのは上手く言葉にできない場合が自分は多いのですが、
こちらを読ませていただきながらベジータはそういうところがいいんだよなぁ…っと一人頷いていました。
キャラを演じるということはそのキャラの考えや生き方を知る事も大切なことや、
それに対するプロのベテラン声優の姿勢というものをよく知ることができました…。
これほどまでに一人のキャラに対して熱く語れるようになりたいものです。

種モミ



原哲夫先生が以前TVでやっていた「有名人100枚の絵でつなぐ カンボジア学校建設プロジェクト」という紳助の企画に絵を贈っていらしたのを知りました。
ゆでたまご先生や藤子A先生方等のイラストはテレビで拝見して存じあげていたのですが、哲夫先生も贈呈なさっていたとは…。
wikiでどういったイラストを描かれたのか調べたのですが、
作中ではほとんど無表情で仏頂面のケンシロウが優しい微笑みを浮かべて祈りを捧げているペン画だったのだそうです。
その説明だけで胸が熱くなってくるようでした…。
ケンはモヒカンに対して非情に徹する血も涙もない漢ですが、その強さの裏で寛大な優しさを秘めているという純粋な所が伝わってきます。
すごく優しい絵だなぁ…と心を動かされました。
ムキムキな男性が優しく微笑んでいるという図を、絵だけでこんなにも熱い気持ちを込めて描く事ができるところにただ感動を覚えました。
強くて優しい男性は素敵です…。
そんなケンにいつか「男の顔になったな」と言われるくらいになりたいものです(つД`)

普段笑わない人が微笑んでいるという図というのも価値があるような気がします。
むこうぶちの傀さんが優しく微笑んでいる作品がオークションにかけられたとしたら、その笑顔にいくらまで出せるのかと競争に発展しそうです。

おおお



「777タウン.net」に不正アクセス。会員情報の一部に流出の可能性
http://www.4gamer.net/games/021/G002122/20101112038/



サミタができない…尻が見れない…


プリケツ過ぎて死にたい



   1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/26(水) 08:06:48.64 ID:yZNHBtyI0
      女だったらよかったのに
      夏は困る

   2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/26(水) 08:07:36.77 ID:zvnskRWdP
      ここまで画像なし

   3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/26(水) 08:13:22.01 ID:IQvrShBPP
      いや見たくないから

   4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/26(水) 08:17:55.68 ID:K4Nyb+XD0
      そんなことよりプリケツってプリティーなケツなのかプリプリしたケツなのかを教えろ

   5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/26(水) 08:19:14.70 ID:oCQQZQf8O
      俺は見たい!

   6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/26(水) 08:19:32.70 ID:+MCPwtx2O
      けつ毛モジャ公よりまし
                             http://live28.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1274828808/ 



理想的な尻とは果たしていかなるものなのだろうか




悪役の魅力とは…



 >ダメな部分しかない人間というのは地球上にも漫画界にも少なからず存在している。
 >なぜか分からないけれどそんなダメな人間に惚れてまうやろーとなってしまう人もいる…。


この謎が頭から離れず数日間ずっと考えていました…。
なぜ性根が腐っているようなダメな人に惚れてしまうようなことが起こってしまうのか…と…。
ただダメなだけならいいですが、根っから悪い人だった場合それでも惚れていると言い切れるのだろうかと…。

塚田さんは…初登場時は普通のこ憎たらしい脇の脇役でちょっとワルっぽい人でしかありませんでした。
なので一緒にいた陶芸の胴元のおじさんに駄目人間呼ばわりされていたのです。
しかし塚田さんは紀子さんにとって優しく面倒見のいいおじさんでもあり、ヤクザとは思えない人の良さを見せる一面があったのです。

完全に個人的な考えですがそういった愛嬌のあるシーンをのりピーや読者が目のあたりにすることによって、
何の魅力もなかったちょっと悪い感じで駄目っぽいキャラなだけだった塚田さんに愛着を持てる…というような事が起こるのだと思われます。
愛嬌があるから愛着が持てるというか…、それがダメ惚れの起源になっていたのではなかろうかと思います…。


北斗の拳の悪役・ジャギがなぜ世間からジャギ様と呼ばれるのか…。
なぜジャギ様のフィギュアが一番購入者数が多いのか…。
ジャギ様は基本的に悪い事しかして無くて人間味があふれる優しい一面などを見せたことすらない本当に悪いキャラでもあります。
にも関わらずメインキャラに匹敵するほど人気が高いのは、なぜなのだろうか…。
それはやはり…どんないい加減な理由でどんな悪事を働いていようと少なからず愛嬌があるからなんだと思います。



特にこのケンシロウに相手に手も足も出ずに一方的にやられてしまうシーンのヤラれ方が凄く華があるように思えるんです。
むしろケンシロウが悪役にしかみえないような、そんな可哀想な追い詰められ方に好感が持てるのだと思いました…。
「や…やめてくれ!た…たのむ! そ…そんなもの刺されたら死んじまう!なっ!」というところは同情の念にかられます…。
そういえば原哲夫先生もいいともでジャギが一番お気に入りで理想通りに描けたとおっしゃっていたそうです。
心から悪に染まってしまった悪役を描くのも描き手にとっては楽しいものなのかも知れません。

こういったヤラレキャラがいてからこそ主人公がより光るものなんだなと思いました。
むこうぶちは傀が絶対強者なので必然的に相手がヤラレ役に堕ちてしまいますが、
佐野さんや小暮さんや初期江崎さんなどのコミカルなヤラレ役を兼ね備えてこそ傀の強さや魅力がより引き立っているんだなぁ…と。

アミバ天才手帳2011レビュー





アミバ天才手帳2011 ん!?スケジュールをまちがったかな…アミバ天才手帳2011 ん!?スケジュールをまちがったかな…
(2010/10/28)
株式会社レッカ社

商品詳細を見る



て、天才手帳というのが発売されていたので丁重に買わせて頂きました。
これを使えば誰でも1年で天才になる事ができるのだそうです。
大宮の雑貨屋さんを回ってみたのですが豊富な種類の割に目当ての品が見当たらなくて通販を利用しました。
アキバ等には売っていたようですが…。



な、内容は…凄かったです。
アキバblog様に分かりやすい詳細が記載されています。
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51090072.html

まず惹かれたのが青と白を色調にしたシンプルで爽やかなカバーデザインです。
私生活でも普通に使えそうですが、ああぁああ…ああッーあああ…僕のような平凡で冴えないオタクがこれを電車で使っていたら申し訳がたちません。
あらゆる実験に耐えうる強い男になってから颯爽と使いこなすのがベストだと思われます。

キャッチコピーがまた素晴らしいです。
「繊細なアミバのビジュアルが毎日の緊張感を生む」という記述にはひたすら唖然としました。
まさにアミバ様がみてる…という状態を1日おきに楽しませてくれます。
アミバ様のジト目(?)が好きです…。

ひと月ごとに挟まれる考察の内容が考えこまれているのも魅力的です。
アミバ様がいかに天才であるかを分かりやすくとても納得がいくように説明されています。
いかにも北斗通の方が書かれたかのようなネタばかりで、十分一読の価値がある内容でした。
激振孔という心臓の動きを血管を破るほどに急激に増加する事ができる秘孔というのは、
ときメモでヒロインがときめき状態に陥るのと似たものがあることがわかりました。
アミバ様は職場放棄して逃げたトキに代わって奇跡の村で医療活動に専念した救世主であることも…。

真面目な感想ですが
なぜ連載開始から20年以上経過した今北斗グッズが…。なぜ…手帳。なぜアミバ様…。なぜ、なぜ…。謎です。
今こういった漫画のキャラの手帳がブームなのでしょうか…。
何にせよ、トキを差し押さえてこうして手帳化されたアミバ様はトキよりも十分奇跡を起こしていると思います。

内容は非常にネタに充実していますが、本来のスケジュール帳の機能としてどうなのかは使ってみないとわかりません。
普段あまり外にでないので手帳を全く使わないというのに買ってしまったので正直書くことがありませんorz
むしろ書き込むのがもったいないくらいです…。どうか来年も出て欲しい…!
これは手帳として書き込んで使うよりも眺めて楽しむのが乙なものかも知れません。
北斗ファン、アミバ様ファンなら買って損はない一品だと思います。あ、足が勝手に…






おまけ

北斗の拳、最強キャラは「アミバ」 より
http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1127185575/l50


   1 名前:以下、名無しにかわりましてモナーを取り返します:2005/09/20(火) 12:06:15 ID:Ybtd17Km0
      アミバは非情に徹する男、いわばラオウと同タイプである事
      初期の段階で完璧にケンシロウの拳を見切っていた事
      そして女を盾にケンシロウの秘孔を突いた事
      アミバはその瞬間、実験台にさえしなければケンシロウに勝っていた

   7  以下、名無しにかわりましてモナーを取り返します: 2005/09/20(火) 12:07:59 ID:TPYubVtw0
      アミバ自身が言うようにどんな拳法でも誰よりも早く身につけたという事
      それは北斗神拳や南斗聖拳ですら例外ではなかった
      アミバの才能はケンシロウをはるかに上回っていたと考えるのが自然

   12 名前: 以下、名無しにかわりましてモナーを取り返します:2005/09/20(火) 12:20:48 ID:YN4mZfcy0
      どうしてこれほどまでにお前がアミバに固執してるのか
      そのほうが知りたい。

   18 名前:以下、名無しにかわりましてモナーを取り返します:2005/09/20(火) 12:22:28 ID:TPYubVtw0
      >>12
      ケンシロウを上回る才能を持ちながら
      その才能が報われなかった悲劇の天才
      そこに美を感じる

   21 名前:以下、名無しにかわりましてモナーを取り返します:2005/09/20(火) 12:25:17 ID:YN4mZfcy0
      まあ、北斗の拳の最大のテーマは「愛」だからな。
      ほかのキャラはどこかで愛を求め彷徨っていたが、アミバは「自己愛」だからな。
      才能とかうんぬんじゃないんだよ。

   25 名前:以下、名無しにかわりましてモナーを取り返します:2005/09/20(火) 12:35:48 ID:TPYubVtw0
      >>21
      アンタいい事言うな

      アミバが最強だと証明されたという事で、悲しいかな人間は己への愛しか持たないという事が分かった
      アミバ様の悲しき真実は俺たちの心に突き刺さる





こちらのスレを拝見し、強く心を打たれました。
この>>1さんはマジなのだと、本当に真剣なのだと…。
自分もネタ抜きにアミバ様は天才だと信じています。
アミバ様がなぜ人気があるのか、なぜ手帳化まで及んだのか…。
それはやはり「うわらば」や「俺は天才だ~!」などの激しく個性的な言動が目立ちつつ、
天才を豪語しているけど実はちょっとドジッ子な部分があるようなところが好感が持てる、いわゆるネタキャラだからなのだと思っています。
でもアミバ様の魅力はそれだけじゃないんだなとこちらを読みながら思いました…。

発売された手帳にも記載なされていますが、アミバ様は原作で9回も天才を自称しています。
凡人の並大抵の神経では電波と思われるのを恐れてそんな事はなかなか言い張れないものだと思いますが、アミバ様はそれをなんなく言いこなしているのです。
ケンシロウに秘孔戦癰を秘孔封じで破られた場面、
ケンの不意打ちによって視神経を狂わされた結果、鷹爪三角脚をはずしてしまってどうみても戦況が不利になってしまった場面、
果ては北斗残悔積歩拳によってあと一歩で高層ビルから落下する寸前まで、自身を天才だと名乗り続ける精神は素晴らしすぎるものがあります。
あれほど追い詰められた状態でどんなに「俺は天才だ!」と言ったところで説得力に欠けてただ滑稽に見えてしまうものかもしれませんが、
上の書き込みにあるように、アミバ様は人間誰しも持ち合わせている「自己愛」という物が誰よりも強かったからこそ、それをこなすことができたのではないでしょうか…。
普通の人間ではあの場面で「俺は天才!」とは言えず、
「俺は拳王様の命令でやっただけなんだ!許してくれ頼む」などと言い逃れをする可能性も十分に考えられます。
アミバ様は、サウザー様が誰よりも愛深きゆえに愛を捨てたように、自己への愛にひたむきだったのだと…そう思っています。
アミバ様が発した「俺の求める北斗神拳はまだ遠い」という強い探究心が籠められた台詞にあるように、
アミバ様が努力によって積みあげてきた技術や知識はアミバ様にとって計り知れない価値があり、
それらが彼の特有の強いプライドを作り上げていたのだと。
だからこそ…、レイの登場によって精神面を攻撃されたアミバ様はハイテンションになってしまい勝利の機を逃してしまったのではないでしょうか…。

持ち前の天分と努力の積み重ねによって得た技術…、
それに比例して高まっていく自信とプライド、そして残念な事にそれが周りに認められる事がなかったという現実…、
それが「悲しき天才」と原作のタイトルでも称されたアミバ様の姿なのだと思っています。

なぜフリーザ、セルは仲間にならなかったのか?



http://mimizun.com/log/2ch/csaloon/1127730077/

   95 :マロン名無しさん:2005/10/12(水) 02:55:56 ID:???
     ↓セル&フリーザが仲間になってたらこんな事に・・・↓

     セル「グッ!………」
     フリーザ「まずいですよ…セルさんが、あのおチビさんにおされはじめてます」
     セル「ま…まだたまらないのか孫悟空!………ウグッ!!」
     悟空「なんでなんだ!?オラ達の仲間以外の気が全然集まらねえ!!」
     ベジータ「クソッたれめ!!もういいカカロット!打っちまえ!!」
     セル「駄目だ!!…グハッ!………そんなちっぽけな元気玉じゃあこいつは倒せん!……ゴフッ!!」
     悟空「セル―――――ッ!!!!」
     フリーザ「仕方ありませんね……『地球の皆さん、先程はサイヤ人の猿が失礼しました。
        …ですが、事態は一刻を争っていて、本当に皆さんの力が必要なんです。
        どうか私に免じて空に向かって手を上げて下さい!お願いします!』
        …これで駄目なら終わりかもしれませんね」
     ブウ「ギャオギャオ―――!!」
     セル「グハッ!!!!」
     悟空「セル!!オラと代われ!おめえは元気玉を操れる!ブウとはオラが闘う…じゃねえとおめえ死んじまうぞ―!!」
     セル「クッ……私に構ってる暇があるなら元気玉に集中しろ!……ウッ!!」
     ベジータ「チィ……おいフリーザ!!加勢するぞ!!」
     フリーザ「フン!!サイヤ人と組むのはこれで最後ですよ!」
     ベジータ「へっ…お互い様だ」
     フリーザ「カカロット!私がセルさんに貴方と交代するよう説得します。
        だから貴方はどうにかして地球の馬鹿共を説得なさい!
        …とは言ってもあのおチビさん相手ではたいした時間稼ぎにもならなそうですがね…」
     悟空「すまねえフリーザ!!」
     ベジータ「行くぞ!!」
     フリーザ「頼みましたよカカロット!!」

   96 :マロン名無しさん:2005/10/12(水) 03:26:02 ID:???
     >>95
     この期に及んでなお慇懃無礼なフリーザ様が素敵過ぎる。

   97 :マロン名無しさん:2005/10/12(水) 17:17:46 ID:???
     その4人の力関係が気になる。
     個人的にはDBは敵も味方もどっちが強いがはっきりしすぎなので
     それぞれの一長一短みたいのがほしい所だ。

   98 :マロン名無しさん:2005/10/12(水) 18:52:21 ID:???
     >>97
     フリーザ:作戦参謀
     ベジータ:切り込み隊長
     セル:副将
     悟空:真打

   101 :マロン名無しさん:2005/10/13(木) 16:16:52 ID:???
     >>97
     ベジータ:戦士
     孫悟空:武道家
     セル:回復役(ただし自分限定の罠)
     フリーザ:魔女っコ




この書き込みが実現したら面白そうだなぁ…なんて事をよく考えていました。
多くの部下からの忠誠を集める圧倒的カリスマ性を兼ね備えたフリーザ様ならこの3人を上手くまとめられるはず…。
サイヤ人と同じ細胞を持っているセルさんなら修行して頑張れば十分にサイヤ人を超えられるとも思います。
それにしても普段二人がどこで生活をするのかを考えると難しいところです。
アニメ等で地球で一般市民の生活にどんどん慣れ親しんでいくベジータやピッコロさんを見ていると未だに面白おかしいです。
悪役だったキャラが改心して不慣れながら地球人と生活を共にしていくぎこちなさもドラゴンボールの魅力だと思います。
ピッコロさんが悟空と一緒に免許を取りに行く話は自分の中で伝説となっています。

ちなみにブウ編の最後で地球から元気を集めて元気玉を完成させてやっと放つシーンが、
アニメではブウの近くにベジータが倒れているからなかなか打てないというところが掘り下げられていて面白かったのを覚えています。
善ブウが悪ブウを攻撃しているうちにサタンにベジータを助けさせるという風になっていて、
絶望的な中で4人で本当に頑張ってブウを倒したというのが盛り込まれていたのが良かったです…。
最後に悟空がドラゴンボールによって元気玉を放てるパワーを回復させてもらった後に「サンキュードラゴンボール!」と言うのが、
このドラゴンボールというタイトルの締めくくりにも思えて泣けてきます。
まさにドラゴンボールに始まりドラゴンボールで終わった作品だなぁと…。

女衒のレイ



もし、好きになった人が整形美人であったとしたらどういう風に気持ちを整理するものなのか…と考える機会がありました。
自分はその人の整形後の美しさに惚れていたけれども、
実はその人は過去に顔を変えていてその当時はお世辞にも美しくなかった事が判明したら、それを受け入れられるかどうか考えてしまいました…。

自分はこう思います。
整形で手に入れた美しさもその人自身のモノに変わりがなく、
整形する前の姿もその人自身である事に変わりがないと…。
整形後の姿(成功した場合)が魅力的に思えてしまう事は勿論ですが、
過去に悩んだ時期があったから今のその美しさでいられるのではないかとも思います。
整形後の姿も整形前の姿もそれぞれで好きで、それをまとめてその人を好きだと…そう言えるようになるのが個人的に理想的な考えです。
その人の人間性が好きなのであれば、外見がどうであろうと関係がないと自分は思うんです。
実際そういう場面に遭遇したらそんな簡単にはいかないと思いますが…。

★整形美人と別れます。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1048456570

Yahoo!知恵袋にもこのようなトピックが立っており、様々な議論がされているのが目に入ります。
受け入れられるかどうかは本当に人それぞれなのだと思わされます。

これについて考えてしまったのは整形に執念を燃やすキャラが出てくる漫画を読んだのがきっかけです…。

Top

HOME

矢尾板の麻雀・アニメブログ~目指せ鳳凰卓~//矢尾板様 喪ぐら//伊東様 蒼天遍歴//MOZ様 StarShip//オリオン様 はんちく荘//ぶぼ様

YRN

Author:YRN
趣味はひとり桃鉄、DX人生ゲーム2など。
好きな作品は北斗の拳 DB キン肉マン Zガンダム
ヤマジュン作品 初代ときメモ )等。
 

当ブログはリンクフリー・アンリンクフリーです。
  
何かございましたらこちらへ!
amii_k_r@yahoo.co.jp


-天気予報コム- -FC2-

生活習慣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。