スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長兄と次兄の宿命の対決



長兄が家に彼女連れてきたら、そいつ次兄の彼女だったwww
http://dat.vip2ch.com/read.php?dat=02152
次スレ
ラオウが家にユリア連れてきたら、そいつトキの彼女だったwww
http://dat.vip2ch.com/read.php?dat=02153
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1263826681/ 3
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1263840820/ 4


最初のスレタイから北斗ネタしか思いつかないスレでしたが、
案の定スレ内容も北斗ネタで埋め尽くされていて笑えちゃいました。
末弟のジャギ視点から今回の経緯が語られています。キャスティングが凄すぎでした。

兄弟同士で一人の女性をめぐって争うというか、一人の女性が兄弟に手を出すなんてことが普通にあるんだなぁと…。
末弟が長兄に必死に事の成り行きを伝えようとしても聞き入れてもらえず鉄拳制裁を受けたり、
次兄が相手の幸せを願って引き下がろうとしたりヤケに北斗っぽかったです。
全ては女性が仕組んだ巧妙な罠だったというところがまた恐ろしい話です…。

最後の方では兄弟同士誤解が解けて「一片の悔いなし!」となりつつあるのがよかったです。
ここから一体どんな終幕を迎えるのだろうか…。



むこうぶちにでてくる恋愛事情といえば京子ママのエピソードでしょうか。
二人の男性にアプローチされるという贅沢な悩みを抱えながら、
「この二人、どっちも選びたくない!」っと、誰にも捕らわれずフリーでいるという究極の選択をする所は想定外で衝撃的でした。
ドラクエ5にもあって欲しかったです。
か、傀さん程の魅力的な男性の差し込みによって筋道を明示されたとなれば、
今の選択肢にはない別のものに出会えるという可能性に気づくこともできる…ということなのでしょう。
俺も傀さんに差し込まれたいです


スポンサーサイト

漫画のカメラワーク



カメラワークが神な漫画おしえてくれ
http://news23vip.blog109.fc2.com/blog-entry-1721.html

「漫画 カメラワーク」で検索したら、去年の5月頃に立てた粗末なスレを特集したブログ様がトップにきて驚きました。
平日の朝っぱらの、数時間でdat落ちしたようなスレをよく保管なされていたなぁと感慨深くなります。
漫画はカメラワークといより構図という言い方をした方が正しかった気がしてなりません。

迫力があってキャラが生き生きしている漫画といえばまずドラゴンボールだと思っていましたが、
このスレに挙げられている様なメジャーどころの漫画はどれもこれも表現こそ違えど、読者を惹きつける魅力に長けるものばかりだなと感じます。
特に孤独のグルメは食べる側から見た料理の角度や、賑やかな下町の風景を一人で歩く五郎さんの構図が好きでした。

他にも、ジャンプで以前やっていた大泥棒ポルタという打ち切られ漫画の主人公が、
最後の最後の見開きページで荒野を車で駆け抜けながら自身のキメ台詞である「スマートにいこうぜ」を呟いたところはなんかは感涙するくらいでした。
「コロコロでやれ」「トリックが都合良すぎる」「全くスマートではない」など批判を浴びまくった漫画でしたが、
その全てを振り払うかのように最後の最後で突き抜けた清々しさは、タカヤと並び、他の漫画ではなかなか味わえない特有の構図だと思いました。
ちなみに、ポルタ愛好家の方々の事を『スマーター』と呼びます。そんな僕もスマーターの一員です。

大泥棒ポルタ 1 (ジャンプコミックス)大泥棒ポルタ 1 (ジャンプコミックス)
(2006/02/03)
北嶋 一喜

商品詳細を見る
タカヤ-閃武学園激闘伝 1 (ジャンプコミックス)タカヤ-閃武学園激闘伝 1 (ジャンプコミックス)
(2005/11/04)
坂本 裕次郎

商品詳細を見る




残念な事にこのスレの中には麻雀漫画が1作品もあげられていませんでしたが、
麻雀漫画はキャラがほぼ上半身で固定されてしまい、ゲームのやり取りがほぼ卓上でしか行われないため、
何かと表現の仕方が限られてしまうのが痛いところなんでしょう。
でも、その卓上で繰り広げられる物語をいかにドラマティックに描くかというのも麻雀漫画と言うジャンルの魅力なんだと思います。

むこうぶちで一番好きな構図は…、5巻P154の深沼戦で傀さんがノーテンリーチをかけて場を翻弄し、
深沼さんがツモれるはずだった七萬を傀がツモり、その七萬を見下ろすところです。
こんなにローアングルである必要があるのかというくらい、迫力を感じました。
アガリ役を披露するシーンではなく、裏の裏で傀が戦略の鍵を握っていたという事を深く表しているシーンなのだと思います。
 僕が傀さんの横に並んで立ったら、僕の方が背が低そうなのでこんな風に見下ろされるのかなーなんってあぁぁごめんさいごめんなさいごめんなしあ


年賀状を頂きました!




StarShipのオリオン様から年賀状を頂きました!
NHKで放送している『ぜんまいざむらい』という教育アニメ風の傀さんと安永さんだそうです!
原作のイメージとは一変した可愛らしい雰囲気がとても素敵です。
元旦当日に僕のためにわざわざ送ってくださったなんて本当に嬉しい限りです…。本当にありがとうございます!

2010newyear.jpg


お正月らしくシンプルで落ち着いたデザインに惚れ惚れしてしまいました。
特に傀さんに全く人間らしさがないところが素晴らしいです!
まるで息すらしていないかの様な鋭い冷たさを、この可愛らしさの中から感じずにはいられません。
くぅぅ、人鬼らしさを表現するのって、何か強い思い入れが必要になってくるんでしょうね。
人間の様な人間ではないものを描くわけですから…。
それでいてこの傀さんは小脇に福袋を抱えていらっしゃったりと凄くユーモアセンスに溢れていらっしゃいますw
オリオン様は、もし傀さんが福袋を購入したら、その中身は衣類であるイメージが高そうとおっしゃっております。
自分も凄くそんな予感がします…。
普段着ている服は、このように年末年始をかけて一挙に買い揃えているのかもしれません。普段は雀荘巡りで忙しそうですから…。
勝負運の強そうな傀さんなら、例え福袋でも高価な品が揃った袋を選び抜きそうですね。
初期の頃は意外とファッションセンスに溢れていたのはこういう裏事情があったからなのでしょうか。
傀さんは無地の紙袋だけでなく派手な紙袋も凄く似合う予感がします…。

お年玉をくれる安永さんというのも、原作でも凄くありそうなご発想だと思いますw
安さんは自分以外の色んな子供たちにもお年玉を配っていそうな感じがします。
3巻では「そこまで善人でもない」と言っておれましたが、無垢な子供達にはいつまでも優しいおじさんのイメージです。

『ぜんまいざむらい』をどんなアニメなのか見てみたのですが、眉毛がないキャラが多いことが意外でした!
眉毛がない=ラオウ様orピッコロさん=人相が悪いというイメージしかなかったのですが、
人相には眉毛だけが全てではなく、このような可愛らしいキャラたちを生む事もできるという新たな表情の表現方法を知れた気がします。
安さんも傀さんもシンプルにマスコット化するとこんなにも可愛らしくなるのが衝撃的ですw
自分は普通の絵を描くのもいっぱいいっぱいなので、ここまで富んだディフォルメができるのに凄くあこがれます!


Top

HOME

矢尾板の麻雀・アニメブログ~目指せ鳳凰卓~//矢尾板様 喪ぐら//伊東様 蒼天遍歴//MOZ様 StarShip//オリオン様 はんちく荘//ぶぼ様

YRN

Author:YRN
趣味はひとり桃鉄、DX人生ゲーム2など。
好きな作品は北斗の拳 DB キン肉マン Zガンダム
ヤマジュン作品 初代ときメモ )等。
 

当ブログはリンクフリー・アンリンクフリーです。
  
何かございましたらこちらへ!
amii_k_r@yahoo.co.jp


-天気予報コム- -FC2-

生活習慣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。