スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おお




ami1-9.png


おじさんに激振孔しているアミバ様です…。
スポンサーサイト

欲求とは





ami19.png




アミバ医師に激振孔を突かれて喜ぶおじさんを…描きました…。
誰得w

ああ、自分が描きたい絵ってまさにこういう感じの絵なんだよな等と思います…。
ケンシロウ様が雑魚モヒカンをいたぶる時のドSっぷりに興奮する人々がいるように、
こう、個人的にアミバ医師が秘孔を突いてるシーンにグッとくるものがあります…。
原作に登場するおじさん達の秘孔を突いてるところを描くのはなんだか申し訳ないので、
オリジナルのおじさんを用いています…。

激振孔は「封じる秘孔はない」と言われているほどで、
突かれたらもはや諦めるしかないという即死的な効力が魅力的な秘孔だと思います。
と言いつつも肩こりにとても効きそうな感じがグッドだと思います。



前回前々回のナカイの窓という番組に原先生がご出演しておられました…。
番組内で原先生が中居さんの似顔絵を描いた色紙をご提示していたのですが、凄かったです…。
原先生が一番好きなキャラにケンシロウ様を即答されてたのも印象的でした。
ケンシロウ様と戦わせすぎてラオウが嫌いになったというお話も聞けて驚きました(゜o゜;)





■ヤフオクで使用済みの相撲の廻しwwwwwwww
  http://himasoku.com/archives/51892986.html

最近、こちらの記事がとても強烈的なものがありました…。
廻し(使用済み)が4万以上で取引されるとは興味深いです…。
一体何の目的で…。

天才についての日記






mtgi1.png



mtgi2.png



mtgi3.png



mtgi4.png




10(テン)月31(サイ)日!!ということでなんか描いてみました…。

アミバ医師が秘孔実験をする中でこういった光景もありそうなのではないかと考えたのが発端です。
無理やり4コマに収めたためなんだか違和感がつきまといます。
もっと色々と上手くなりたい…。


■パンダって、目の周りの黒いやつ消したら全く可愛くないんだけど
  http://girlschannel.net/topics/1177/

最近こういった物をみかけ、とても興味深く思いました。
目の周りの黒いのがあるかないかでここまで違いが引き起こされるとは…。
アミバ様の目の周りの黒い部分でも同じことが言えるのでは…と…。

個人的にアミバ様を描いていて特に楽しく感じるのは目の周りの黒い部分を描いている時だと感じます。
なかなかアミバ様に似せられず色々模索しているところ、目の周りに着手すると若干それっぽくなってくるような、
そんな感覚を感じられるためであります…。
やっぱりこう、アミバ様の目元ってこう、ひと目で悪い人とわかるようなワイルドさがカッコいいと思います…。
愛くるしいパンダとはまた違う原理がそこに働いているのでしょう。






CR北斗の拳6が近日公開されますが、
どういった岐路を辿るのか少々心配なところがあります。
剛掌や覇者のように長寿的人気機種となってくれれば良いのですが…。
不定期に訪れるというジャギ様&アミバ様降臨タイムというのが気になります…。





今週のキン肉マンの感想を述べたいと思います。

ニンジャの勝利の余韻から、アシュラの登場、そしてその対戦相手であるジャスティスマンが登場…。
あのジャスティスマンがここで登場するとは思いませんでした。
ニンジャは見事な勝利を飾りましたが、逆に今度はアシュラが負けそうな気がしてきてしまいます。
アシュラがシングルで勝つところって無かったので、それを今回見たいところでありますが、
ジャスティスマンの登場シーンから伝わる神々しさに果たして敵うのか心配なところがあります。
そして神様がなぜ辮髪なのか、その意味も次回で判明するのでしょう…。

むこうぶちNightとは





k5.png


傀さん(最初の方)を描きました…。
似ない・゚・(つД`)・゚・
コスチュームは5巻の蛭・1の表紙のを参考にしました。

むこうぶちは1巻から読み始めると面白くて止まらずにどんどん読み進めてしまう魔力があると思います。
また、ツメシボを2つ頼んで頭に乗せる深沼さんがいつもキュートだなぁと思えてなりません。

雀荘…ノーレートではありますが少し通うようになってから、
傀さんの背中を追うようになったといいますか、
あんな風に落ち着いて打てるようになりたいとか思うようになりました。
どんな時も冷静で、敗者を負かした時には笑みさえ浮かべる姿が格好いいなぁと思います。
たとえ振り込んでも「負けてる人間の顔じゃない!」と言わしめるところとか憧れます……。

よく行くノーレートな雀荘は、
ノーレートでありつつも毎回賑わいをに見せているのが感じられます。
ゲーム代でマイナスになるにもかかわらず繁盛しているのは、
自分の戦績を直に見ることができたり、ポイントカードがあったりするからなのだそうです。
自分も店の雰囲気とか負けても失うものがないという安心が好きです。




最近調べていたら、こういった放送があったのを知りました。
去年の12月だったみたいで見事に見逃してしまいました。
どんな内容だったのか気になります…。

超普通の日記






























ami15.png





アミバ様生誕30周年!!
っということで何か描いてみました…。
背景にあるのはジャンプっぽい雑誌であります…。色々いっぱいいっぱいになってしまいました。
遅れてしまったのが残念…。

30年って凄いなぁとただただ思います。
30年前の夏休みの今頃、ジャンプにアミバ様が登場して、
子供達の間で話題になっていたのかなぁとか、
その頃はキン消しも物凄く流行っていたんだろうなぁとか色々思います。
キン肉マン消しゴムは消しゴムに分類されるので不要物には含まれなかったとか含まれたとか聞きます。
30年前は毎週火曜日にジャンプが発売されていたようです。
いつから月曜日になったんだっけなぁ…。

国会図書館で30年前あたりのファンロードという雑誌を読み返すと、
『今週の北斗の拳!!』というコーナーで北斗ネタやアミバ様ネタがこの頃から頻出していたのが伺えました。
その後北斗の拳の連載が終了しても、
「シュミの特集」大事典と称した、毎月決められた作品の大辞典を読者が投稿するコーナーで、
なぜかアミバ様のネタが毎月投稿されてるという謎のシステムが何十年に渡って投稿され続けられたという実績があります…。
いったい何が人々をそこまで駆り立ててしまったのか、気になるものがあります。
ちょっと前には天才手帳なるアミバ様の装飾が施された手帳が発売されてました…。

そして現在、北斗の拳自体が30週年を迎えたこともあり、
新エピソードの連載やそれを特集したテレビ番組が放映されたり、
北斗の拳自体終わらないコンテンツとして受け継がれているのが感じられます。
そういったところに紛れて、出現率は低そうですが今後もアミバ様の活躍を垣間見れたら幸せだろうなぁとそんな風に思います。


次は35周年だ!と、そんなことを思いながらひたすら発毛を促進するのだった…。

修羅の国へ…


sh-kenshirousama.png



念願の修羅の国編ケンシロウ様を描きました。
もっとこう、自然なポーズを描けるようになりたいものです…。
修羅の国に乗り込む際のゴーグル的サングラスも描きたかったですが難しさに断念…。

修羅の国編ケンシロウ様の手袋や長袖は、ラオウ編のコスチュームと比べると大人びた雰囲気が感じられて、
思わず身を任せたくなるような…そんな魅力があると思います。

修羅の国編のケンシロウ様の台詞で好きなのは、
リンに対して放った「帰って好きな男 の子を生むがいい」という台詞であります。
闘いに身を投じ、普段あまり物事を考えていなさそうな感じがするケンシロウ様であっても、
女性にとっての幸せとは何かをしっかり考えているというギャップが良かったです…。
一度はどこかで言ってみたい台詞であります。

また、CR北斗の拳覇者ですと、カイオウバトルにおいてケンシロウ様がラオウの残像を残しながら天将奔烈を放つというシーンがあり、
その時に「ラオウ伝説は俺が成す」という台詞をいうのですが、
それがまた胸が熱くなってくるものがあります。

今度発売のコミックゼノンにおいて、北斗の拳の新エピソードが掲載されるそうです。
どのような展開になるのかわくわくであります。
ジュウザの息子なる人物がどのように関わってくるのか…。

そういえば東京MXのアニメ版北斗ではついにフドウやジュウザが登場するところにさしかかりました。
ジュウザのような剽軽なキャラは見ていて楽しいといいますか、
ヒューイやシュレンにその格好良さを分けてあげて欲しいと思うほどでした…。

誰得絵





amibasama8.png



アミバ様「なるほど……いい ×××をしている」

木人形 「あひぃぃいいーー!!!」




(画像がはみ出てしまいました…。面倒なのでこのままです…)


ちょっとなんか描いてみました。
だらしない木人形の身体を品定めするアミバ様という図です…。
相変わらず己の欲望に忠実に描きました。
本当は、木人形は男性じゃなくて女性を描きたいのですが、
原作を読み返しながら、そんな事ってありえるのかとそういう機会ってあるものかと考え通しであります。
それにしても太めの人間であっても実験材料として使えるのかどうか気になるところであります。

先日ネット上で、ケンシロウ様にやられる雑魚に自己投影をして興奮する人々がいらっしゃる光景を目にしました。
自分と似た考えや感性を持つ方々がいらっしゃることを知り、
自分だけじゃなかったんだというような、ただならぬ安心感を抱きました…。


アミバ様を描く時、毎回顎に手を当てているポーズになってしまうのを感じます。
アミバ様といえば顎に手を当てて知的に思案するイメージか強いです。
ともかく描く時似たような構図が多くなるので工夫を凝らしたいところです…。

こ、この絵は次の段階に向けての練習の絵でもあります…。
アミバ様ってこう、
コスチュームが同時期に二種類あって、なおかつアニメやゲームやパチスロによって配色が異なっているので、
部分部分の配色が明確になっていないといいますか、
何色で塗ったらいいのかがなかなか謎で、
個人的にはやっぱりこうだなという基準を明確にしたかったという感じであります。
今回も参考にしたのはパチンコやスロのアニメとCGであります。
パチやスロが一番見慣れてるからというのもありますが、
80年代のアニメ版のアミバ様はカッコ良すぎて、とても自分では描けないと思ってしまうものを感じています…。


続く…

ピエロ



dk02.png


なんかちょっと女子を描いてみました。
顔のパーツの位置などのバランスについてまだまだ勉強中であります。
俯瞰やアオリなどのように顔に角度がつくと、つかなくても、おかしくなるほどであります…。
こういったものはやはり練習あるのみでしょう。
前も似たような構図を描いた気がww





小学校の頃等は時間が経つのが遅く感じるけども、大人になると早く感じるというのは、
子供の頃はやることが特に無く、暇な時間を持て余していたことに関係があるのだそうです。
確かに暇な時ほど時間が経つのは遅く感じるものです。
自分が子供の頃はパソコンもなく、確かに1日中暇を持て余していたのを思い出します。
その頃からもっと時間を有効に使っていたらなぁと思ってなりません…。

健康とは








a7.png



なんかちょっと欲望に任せて描いて見ました。
可愛い女の子の描き方を教わりたいものです。
俺の求めるエロ絵はまだ遠い!!!!!


個人的に思う可愛い女の子といえば、桂正和先生の描かれる美少女が思い浮かびます。
先生の絵は目が大きすぎず等身が高めでリアルっぽさがありながら、
可憐さが感じられるのがすごいと思います。
個人的に女の子の目を小さく描くとどうしても不細工になりかねないメカニズムが働いてしまいます。


堕天使の誘惑 ―オフィス・エンジェル・プロジェクト―2  (アクションコミックス)堕天使の誘惑 ―オフィス・エンジェル・プロジェクト―2 (アクションコミックス)
(2010/02/12)
平岡 竜一

商品詳細を見る


他にもこういったいかにも成年漫画っぽい絵柄が好きであります。
この作者様の作品もっと読みたいのですが、今現在次回作が出ていないのが悔やまれます。





コンビニをめぐり北斗の拳セガラッキーくじを探してみたのですが、
残念ながらまだ開催されていないようでした…。
10月のいつ頃から開始なされるのか気になるものです。
目当ての景品がなくなってしまったらwww

こんな人鬼は嫌だ・2




※俺得ネタ&パチンコネタ&キャラ崩壊ネタ注意…









ippatu1.png


ippatu2.png


ippatu3.png


ippatu4.png


ippatu5.png



貼りながら、自分で思わず、どうしようこれ…wwっとなってしまいました…。
も、もしホールでCR北斗の拳を打っている時に、隣に座ったお客さんに、
プレミア的な大当たりを惹かれたらどういった気持ちになるのだろうという考えを具現化してみました。
1コマ目は聖帝サウザー様にケンシロウが敗北しているところです…。
分かる人にしかわからないようなネタであります…、いえ、それも微妙なところです…。
スーツの男性はむこうぶち3巻などに出てくる織田というキャラを描いたつもりでしたが全然似ませんでした…。

もし自分がホールで打っている時、大当たりカモン!などと祈願している時に、
傀さんのような一端のギャンブラーに隣でアミバ様リーチを出されたら泣くだろうなとそういうことをよく考えていました…。
本当に傀さんなら座った瞬間に敗者を見抜くというか、パチンコ相手でも負け知らずなのではないかと考えます。
でもパチンコ台にお金を入れる傀さんというのはあまり想像できないものがあります…。
あと2コマ目の傀さんがムキムキになっちゃいました…。

ウブな患者とは



ami4.png




うぅ…なんか描いてみました…。





元ネタはこちらです…。
アミバ先生がヤンデレな妹に対し「そこに寝なさい」等という危ない発言をしてしまった為に妹を怒らせてしまうという展開がなされています…。

こ、こう、お医者さんに診察をしてもらう時って、
自らの身体を見てもらうわけですから、何かこう、恥ずかしさという尻込みせざるを得ないものを感じます…。

ウブそうな人といって思いついたのが上島チャンだったので、舞台設定などを無視して無理やり描き入れました…。
上島チャンは第1巻で祐太と闘った時はすごく男らしくてカッコよかったです。

むこうぶち1巻を読み返して気づいたのですが、
坊主が常連の謎のおじさんに「親倍とリー棒でトビだね坊主」とトバされるシーンがあるのですが、
親倍(24000)とリー棒でトビなの…?っと少し気になりました…。
自分の知識不足ですが、高レートだと0点になったらもうトビなのでしょうか…。

関係無いですが、くり○むレモンというエロティックなアニメにおいて、
「お兄ちゃん亜美とんじゃう!」というセリフが有名であるということを耳にしたことがあります…。
トビで終了ということなのでしょう…。

笑ってはいけないむこうぶち



kyw1.png



kyw2.png



kyw3.png



kyw4.png



kw5.png



以前、あるお方に「笑ってはいけないむこうぶち」というテーマをご教示頂き、
今回それを絵にさせていただきました…。おまたせして申し訳ないです…。
ネタなどは完全に自分で考えさせて頂いたので、こんな下品な出来になってしまって申し訳ない気持ちです…。
むこうぶちの楽屋裏という感じで、いろんなキャラが東空紅に集まってワイワイしている感じを目指しました…w

難しいと思ったのは、漫画内で起こっている面白いとされる出来事を登場人物が笑ったとして…、
それを果たして読者が、それを自然と受け取る事ができるか、という点が難しかったです…。
登場人物が笑っているのに、「何が面白いんだ…?」と読者側が感じてしまったら意味が無いのかも…というようなことを思いました…。

テレビでやっている笑ってはいけないシリーズは、
主に、笑わせようとする人と、笑わされる側と、進行係と、罰を与える人に役割が分かれるなぁ…っと感じます。
それをむこうぶちで当てはめるのがなかなか難しかったです…w

マズローの欲求5段階説www



ky4.png

kenkenn.png

luei.png

uesmc.png

yntn.png


ちょっと、今までトップに飾っていた絵をまとめてみたいなぁと思ってまとめてみました…。
右向きバストアップ的なものばかりなのがよくわかります…。
ケンシロウがすっごい弱そうで情けない感じがするのがなんともいえません。またリベンジしたいです…。


社会的な集団行動において、「追従」という言葉があることを最近知りました。
聞いた話によると、
生粋のジャイアンツファンな会社員が、
突如、阪神ファンに囲まれた大阪の職場に転勤が決まるということがあったとすると、
そのジャイアツファンは、自らがジャイアンツのファンであることを隠し、
阪神ファンのフリをし、自分を偽ってその場に溶け込む…というような行動とってしまうのだそうです…。
その会社員は、家に帰ると途端にジャイアンツのハッピを着てジャイアンツファンに返り咲くのだそうです。
そうやって自分にチョット無理をする行為を追従と呼ぶのだそうです。
なんともちょっと悲しい話だなぁと思いました…。

ガンダムになるには




syu-sei.png



下の記事に便乗してシンとカミーユを描きました…。ちょっとサイズがおっきくなっちゃいました。
後ろにあるのはZガンダムとデスティニーガンダムです…。
手元にガンプラが無かったのでシルエットクイズっぽく記憶を頼りに描きましたが、
もっとちゃんとガンダムぽくなるようリベンジしてみたいものです…。


機動戦士ガンダム SEED DESTINY 第4クール EDテーマ 君は僕に似ている機動戦士ガンダム SEED DESTINY 第4クール EDテーマ 君は僕に似ている
(2005/08/03)
See-Saw

商品詳細を見る


この曲をイメージしました…。
スパロボZでもよく頻繁にこの曲が流れているのですが、スパロボZにおいてはカミーユとシンのテーマ曲となりうるような風にも思えて感動的でした。

うぅ、やはりこうカミーユやシンってどこか共感できるところがあるんですよね。
感情に身を任せて後先考えずに行動してしまったりするところや、
どこかで迷いを感じながら戦っているなどなど…。
そういう彼らが共に成長しながら戦う意味を見出していくというのが本当良いと思います…。
ガンダム無双2でも彼らは共闘しているのですが、
最終的にシンがラスボスのキラさんらを完全論破して打ちのめすほどに成長していたのが嬉しかったものです…。

流線形



orenoheya.png



■ 【速報】今日のちびまる子がヤバイ件

   http://blog.livedoor.jp/kinisoku/archives/3465492.html


今週のちびまる子ちゃんをみていたら、
城ヶ崎姫子ちゃんと永沢くんのやりとりが微笑ましくて、永沢くんって実はいいところあるんだなぁと考えが改まりました…。
永沢くんは弟に対しては普段から考えられないすごく弟思いの一面を見せていました。
特に城ヶ崎さんが可愛くて、彼女はまだ9歳だというのに、そんな事を思ってしまって大丈夫なのか心配にもなりました。
お嬢様で気が強くてちょっと発言がキツい感じで目がパッチリしていて縦ロールで言うことがありません…。
でも城ヶ崎さんは中学生になると永沢にいけないことをされたいというマゾ的な願望を抱くようになるらしく、あんなお嬢様が…と衝撃を隠せません…。
ただ、わ、わからないでもないような…。

最近、永沢くんの厭味ったらしいところとか、火事によるトラウマを抱えている部分が、
むこうぶちの日蔭さんと似ているような気がするのを感じました…。
何かと厭味ったらしい日蔭さんですが、永沢君のようにどこかで人間味あふれるところがあったら微笑ましいものです…。

ここに建てた病院と○○!!



hdbnsn.png
(ちょっと修正しました…)

ゲットバッカーズという漫画に出てくる悪役の赤屍蔵人(あかばねくろうど)氏を描きました。
手に持ったメスが食用ナイフになってしまったきがしてなりません…。
先日、この赤屍さんの声優が、丸尾くんなどでお馴染みの飛田展男さんが務められていたのを知り、
飛田さんてこういった黒髪ロングイケメン的悪役もこなすなんてと、なんでもできるんだなぁ…と衝撃的に思ってしまいました。
赤屍さんは、おやおや系悪役というか、性格的にむこうぶちの江崎さんを彷彿させます。

声優の飛田さんといえば丸尾くんやZガンダムのカミーユがお馴染みなのですが、
アダルトな作品にも出演されているような気がするようなものを感じ、
その中でも、ところどころ、ちょっとアブナイ感じのキャラを演じているのが多いイメージがあります。
『夜勤病棟』の産婦人科医比良坂先生など…。
特になんか、危険な演説をするキャラのお声を当てるのが多いようなのが見受けられます。

それで、飛田さんが凄いのは、そういったアブナイキャラというのを、
いかにもアブナそうに演じているのではなく、
一見平常心を保っていそうであるのに、なにかどこかで狂気地味たものを感じさせるように演られるところだと思います。
たまちゃんのパパも飛田さんが演じられているのですが、たまパパはまさにそのようなものを感じます…。
内に秘めた狂気というか、そういうものを見事に演じられていると思います。

それで思ったのですが…、むこうぶちの傀さんは特にそういった狂気じみたものを兼ね備えているわけじゃないんだよなぁと思いました。
最初の方の傀さんは、「廃業になっちゃう!!」と焦る若武さんの姿を見て、いやらしい笑みを浮かべていましたが…、
その後はそんな風に、相手の無様を哂ったりするようなことはなくなったように感じられます。
傀さんの御無礼乱舞というのは、その凄さのあまり麻雀狂的なものすらも感じさせますが、
傀さんそのものは、正統派麻雀打ちというか…、普通に麻雀を打っているだけなのだとふと思いました。
こう思ったのも、飛田さんが傀さんを演じられたら、どんな風になるかと妄想してしまったからです…。

こんな人鬼は御無礼を言えない…




麻雀CLUB舟木にて

k4k1-1


k4k1-2.png


k4k1-3.png


k4k1-4.png



と、突然思いついたネタを4コマにしてみました…。
傀さんてそういえば"自称人鬼"なんだよなぁ…などと考えた結果であります…。
傀さんほどのオーラがあれば、例えば人鬼でなくても、他の通称を名乗ったとしてもそのまま通ってしまそうな予感が致します…。

か、傀さんは(きっと)天才の部類に入るのでありましょうが、
なぜ自分で天才を名乗らないのか疑問です…、というか名乗る必要が無いからでしょう…。
麻雀であれば、いきなり天才等と名乗ったところで警戒されるでしょうし…、
周りがさらに攻撃的になってきてしまいモロに標的にされる危険性があると考えます。
いやでも…、「コイツは一体何を言っているんだ…?」と相手を油断させることももしかしたら可能かもしれません…。
傀さんが傀を名乗っているのも、この人は強いのか弱いのかどうなんやー!!という、
得体のしれなさを演出する効果を発揮させているのかもしれません。

今回はむこうぶち6~7巻にでてくる、『あぶくぜに』という話を参考にしました。
三宅さんの髪型が凄く難しかったです…。
『あぶくぜに』といえば、麻雀クラブで接待をしながら闘牌の解説を行なっていた美女二人が印象的であります。
高級麻雀クラブでは、ああいった美女が必ずおもてなしをしてくださるのでしょうか…。

ラーメン屋でもある相沢さんのラー麺が、どれほどのお味なのかも気になります。
麻雀ではなくラーメン対決であれば、相沢さんも傀さんに勝つことができたのかもしれません…。

次元連結システムの応用とは



meiou.png


冥王計画ゼオライマーっという20年程前のロボットアニメの主人公、秋津マサト(木原マサキ)君を描きました…。
普段は温厚なマサトという少年が、ゼオライマーという超最強ロボットに搭乗することでマサキという極悪非道な人格に入れ替わってしまうという物語です。
このゼオライマーというロボットが、むこうぶちで言う傀さんくらいにとにかく圧倒的で、
あたかも主人公側が悪役に思えてしまうような構成になっているのが面白いアニメです。
敵の方が可哀想になってしまう物語というのは目新しいものがありました…。
主人公が強すぎるからこそ、敵の方にドラマがあるのが面白いところだと思います。

特に、全4話しかないので、見やすく入り込みやすいく、なおかつ綺麗にまとまっているのも良いと思います。
昔GYAOで全話無料放送がやっていて、そこからハマってしまいました。

見所は、ロボット同士で戦いを繰り広げる中、
このマサキという人物が地上で避難し遅れた住民を逆手に取って敵の動きを鈍らせようと目論むところ等です。
つい、お前のような主人公がいるか!というなってしまうほどの非道さというのがゾクゾクさせるものがあります…。
マサトとマサキは関俊彦さんが演じていらっしゃるのですが、その演じ分けというのも凄いものがあります。
人格が入れ替わる瞬間というのがかなり盛り上がってしまいます…。
二重人格モノ、主人公が圧倒的、など中二病的な精神をくすぐる要素が多いアニメでした。
この人の外見が中学生であったことを最近知りました…。




冥王計画 ゼオライマー コンプリート [DVD]冥王計画 ゼオライマー コンプリート [DVD]
(2001/06/16)
関俊彦、本多知恵子 他

商品詳細を見る

巨乳になるには



4k1-1.png

4k1-2.png

4k1-3.png

4k1-4.png


うぅ…なんか4コマ漫画を描いてみました。
注意したおじさんが巨乳にされてしまうというオチです……。
アミバ様のポーズなどパチンコ雑誌を参考に描いております。
初めは世紀末を舞台にしようとしたのですが、
世紀末の女子たちが胸の大きさの話なんてしてる余裕なんてないと悲しくなってしまったので、
DD北斗の拳のような現代パロを目指しました…。
実際にアミバ先生が女子高周辺をうろついていたら泣けます。

4コマ漫画というジャンルにおいて、ものすごく尊敬している漫画家さんがいらっしゃいます。
坂本太郎先生という、昔ギャグ王というガンガン系列の雑誌で4コマ漫画を連載されていた作家さんで、
ドラクエ4コマ劇場やスタオー4コマ等でもご活躍されていた漫画家さんです。
その作風というのが本当に独特で…、
2次創作においては、元の世界観を保ちながら、独自の世界観や設定やギャグというのを盛り込んでいくというスタイルでありつつ、
起承転結が無く…、ほぼオチ→オチ→オチ→オチからなるような4コマの構成になっているのが素晴らしい先生であります。
そんな先生のようなギャグを描いてみたい!と思うのですが、やはりネタが難しいものです…。
4コマ漫画家さんというのはパッと描きたいネタというのをこうやって文章を書くようにスムーズに描けてしまうんだろうなぁと思うほどです。

そして、実際どのようにしたら女性は巨乳になるのか、興味があります…。
大豆やキャベツが効くなどとよく聞きます。
アミバ先生のような先生の元にそういった相談を持ちかける女子がいたものなら、
先生はどのような処置を施すのか気になって仕方ありません…

天国とは




crsm.png


海や女子高生を描きたかったので描いてみました…。
人体が未だにうまく描けないのを感じます…。

最近知ったのですが、TOKYO MXで毎週月曜の19:30~20:00まで北斗の拳が再放送されているようです…!
 ■http://s.mxtv.jp/hokuto_no_ken/

これは毎週楽しみであります…。
ア、アミバ様が登場する話を地上波でみることができるなんて…(;´Д`)。

そう、あと先々々週のサザエさんで、
カツオが電話BOXの中で大量の札束が入った紙袋を見かけて交番に届けるという話がやっていました…。
思わず高レート裏麻雀列伝にでてきそうな人が忘れていったのかと思ったのですが、
ノリスケおじさんによる小細工だったというオチでありました…。

ルーズソックスの魅力とは



kyoko.png


ブラックキャットという漫画に出てくる、炎使いの女子高生であるキリサキ=キョウコちゃんを描きました。
矢吹神様のキャラを一度描いてみたかったというか、このキャラが大好きなので一度描いてみたかったです…。
意外とマイナーキャラかもしれません…。
キョウコは特に制服のまま、なおかつルーズソックスでミニスカートで戦うというのがたまらなかったです。
彼女は普段は無邪気で脳天気な感じで一人称が自分の名前だったりするのですが、
本気になった時には突然一人称が"私"になるところがカッコよかったなぁと思います。

ブラキャは、結構王道なストーリーだったり、いろんな漫画が混ざったような感じを受けた漫画でしたが、
やはり矢吹先生の絵が美麗なのでそれだけでも十分な漫画だったと思います。
単純に能力バトルは面白かったです…。
炎使いといえば、他にもジョジョのアヴドゥルさんやKOFの草薙さんなどが思い上がります。


キョウコがジャンプに出てきた時、ルーズソックスがすごい流行っていたような記憶があります。
その当時、自分も高校生になったら毎日ルーズソックスギャルを拝むぞ!!っと意気込んでいたのですが、
気付いたらルーズソックスの流行は終わっていて…、
いつのまにか紺色ハイソックスが主流となっていました。
憧れのルーズソックスギャルは街から消えていたのです。
そのショックは今でも忘れられません…。な、なぜなんだ…

当時こち亀でもルーズソックスが取り上げられていて、
両さんまでもルーズソックスを履いていたのが記憶に新しいです。

むこうぶちでも時間が進めばやがてルーズソックスギャルが登場するかもしれません。
その時を楽しみにしたいものです…

アミバ☆マギカとは



a-kaname.png


■QB「僕と契約……。」アミバ「ほくと経絡ぅ?」
  http://elephant.2chblog.jp/archives/51838601.html

↑のSSに登場する鹿目まどかちゃんとその叔父さんである鹿目アミバ様を妄想して描かせて頂きました…。
アミバ様やまどかちゃんは原作・アニメを参考にしています。


   286:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/23(金) 14:44:31.31 ID:gOeiPZ8L0

     ──翌日

     詢子「おはよー」

     アミバ「おはよう」ピシッ

     詢子「おおアミバ、今日から出勤か?」

     アミバ「あぁ、スーツ出勤だ」

     まどか「なんか違和感あるなぁ……。」

     アミバ「何ぃ!?」




このワンシーンをイメージ致しました…。
ニート同然だったアミバ様が…、突然スーツ出勤をし始めるところが感動的でした…。

鏡を二人で見ている図というイメージで描きました…。
鹿目家の間取りなどが把握しきれなかったのでかなり妄想で描いています。
ピンク髪の女の子は描いていて楽しい存在であります…。


お、おお…おおお…。
はじめ、アミバ様が女性と一緒に並んでいる図を描きたいなぁと思っていたのですが、
原作でアミバ先生のクリニックを訪れた人妻を描く自信がなかったのと、
あとアニメ版でなぜかアミバ先生のクリニックを訪れていた幼女のリンちゃんは身長差がありすぎて一枚に収まらなさそうと思ったので、
ふとこのSSのこのシーンを描きたいと思い立ちました。
原作のアミバ様はスーツなんて着てないのにはたしてスーツ姿なんて描いていいのかと葛藤しましたが、
これは鹿目アミバ様なので大丈夫だと、楽しく描くことができました。
スーツ姿のアミバ様はやはり違和感があるような気がします…。
黒髪ロングのスーツの男性といえば江崎さんが思い浮かびます。

そう、そういえば最近のむこうぶちでもあの傀さんがスーツ姿を披露していたのを思い出します。
しょ、正直、似合ってなかったような気がしてなりません…。
傀さんといえば、やはり全身黒ずくめだと自分の中でインプットされているからかもしれません。
(初期は白い服なども着てましたけれど…)
いえ…どちらかというと傀さんが働くとは思えないので、そこが一番違和感があったのかもしれません。
DBの孫悟空さんがスーツを着るくらいの違和感があったように思います。
悟空さんは映画で1回、悟飯ちゃんの塾の面接のためにスーツを着ていた記憶があります…。
アッー、なぜこういった人物がスーツを着ると違和感があるのかなんとなくわかりました。
普段着ている服(亀仙流道着等)=戦闘服であるために、
スーツのような社会で戦う人々が主に着る服とは土俵が違うというか、とにかく土俵が違うので違和感があるんだと思います。
でも、ピッコロさんが自動車教習所に通うために超カジュアルな服を着ていたシーンがアニメではあったのですが、それは凄く似合っていました…。
ファッションリーダーとなりつつある人物は、いつどこでなにを着ても服の方が似合わせてしまう魔力があるのだと考えます。

媚薬は存在しないのか




■【閲覧注意】知った時ショックだった雑学
 http://chaos2ch.com/archives/3299153.html



82 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/01/19(木) 05:22:28.98 ID:nhjtqll90

   バイアグラにば催淫作用はないため、
   性的興奮がともなわなければいくらバイアグラを飲んでも勃たない

   現在医学的に催淫作用がある薬は存在しない
   つまり媚薬は存在せず、効いたと思うのは全てプラセボ




         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・
ミミ:::;,!      u       `゙"~´   ヾ彡::l/VvVw、 ,yvヾNヽ  ゞヾ  ,. ,. ,. 、、ヾゝヽr=ヾ
ミ::::;/   ゙̄`ー-.、     u  ;,,;   j   ヾk'! ' l / 'レ ^ヽヘ\   ,r゙ゞ゙-"、ノ / l! !ヽ 、、 |
ミ/    J   ゙`ー、   " ;, ;;; ,;; ゙  u ヾi    ,,./ , ,、ヾヾ   | '-- 、..,,ヽ  j  ! | Nヾ|
'"       _,,.. -─ゝ.、   ;, " ;;   _,,..._ゞイ__//〃 i.! ilヾゞヽ  | 、  .r. ヾ-、;;ノ,.:-一'"i
  j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<  //_,,\' "' !| :l ゙i !_,,ヽ.l `ー─--  エィ' (. 7 /
      :    ' ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /イ´ r. `ー-'メ ,.-´、  i     u  ヾ``ー' イ
       \_    _,,......::   ´゙i、 `¨ / i ヽ.__,,... '  u ゙l´.i・j.冫,イ゙l  / ``-、..- ノ :u l
   u      ̄ ̄  彡"   、ヾ ̄``ミ::.l  u   j  i、`ー' .i / /、._    `'y   /


媚薬は存在しない…!?
な、そんな、バナナ!!
か、官能的な小説では媚薬の効果によって、
純情な乙女があんなことやこんなことになってしまうという展開がなかなか見受けられるのにもかかわらず、
もし媚薬が存在しないのであったとしたら、
そんなのは全部嘘だったという事になってしまうのかよ!?っと、少し取り乱してしまいました…。
確かに、確かに…、飲んだり塗ったりするだけで、
なんか凄いことになってしまうような夢のような薬なんてあったら現時点でとんでもない事になっていそうなものです。
この世に媚薬なんてなかったんや。
媚薬によって乱れ狂わされてしまうような女性というのは夢の世界の話なのでしょうか。

■媚薬(wikipedia)
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AA%9A%E8%96%AC

媚薬のwikiを閲覧してみたところ、
「フィクションの世界では~」といったようなことが書かれているのが目に入りました。
フィクションの世界…。
その瞬間、なにか謎が解けたように思いました。
媚薬はこの世に存在しなくても、官能小説の世界では媚薬は高機能な薬品としてしっかり存在している…のではないかと。

そういえば官能小説のwikiにも、
官能小説は無理やり性的な事情を物語に絡めなければいけないので不自然な展開であることが多い、
なんてことが書かれていたのを目にしたことがあります。
そういった不自然な描写や無理やりな展開が多いからこそ、
媚薬という現実世界ではあまり効果のない藥品であっても強烈なパワーを生むということがありえてしまうのだと考えます。
と、とにかく、媚薬には夢を見ていたいものです…。
しかし、フィクションの世界にも媚薬は存在せず、
そのすべてが、ヒロインがプラセボ効果によって勘違いしているものであるとすれば、
それはそれでおkだと思います。



443 :ローカルルール・その他変更議論中@自治スレ:2009/02/17(火) 16:09:14 ID:1lyucaIz
   秘孔・アミバ・神拳等でHにさせられる画像 Part34

445 :ローカルルール・その他変更議論中@自治スレ:2009/02/17(火) 19:52:06 ID:Mo8BIeKl
   >>443
   カイオウが使った破孔にそんなのあったような
   漢字は思い出せんけどしかんはくだっけか



その後色々検索していたらなぜかこういった発言に辿り着きました。
あわわわわ…。








disqualification.png


ちょっとなんか、官能的な小説にでてくるようなヒロインってどんな子なんだろう…なんて思い、
道行く美女達をさりげな~く観察して特徴を捉えたりして、
全く及びませんがイメージ図を描いてみました…。
美女には茶髪のロングヘアーなお人が多いような気がします。(自分がタイプなだけかもしれませんが)
官能小説に出てくるようなヒロインというのはとにかく美女でスタイル抜群という表現がふんだんに盛り込まれているような気がします。
なかなか現実離れしているので、こんな美女がいるわけなかろう!なんて思ってしまっていたのですが、
現実の美女を観察していると、全くそんなことはないかもしれないということが確認できました。
他にも、漫画やアニメによくでてくるような超手足が細くてスリムなキャラクターというのは、
漫画の世界にだけでてくるのだと思っていたのですが、
そういうお人も普通に街を歩いているものだったことがわかりました。
現実もまだまだ捨てたものじゃない!と思いつつも、
現実の美女とは到底関わることができないので、こんなよくわからない妄想に浸っているのが幸せであると感じます…。

天使とは





angel2.png

angel3.png

angel4.png



「トキが本当にダークサイドに堕ちていたら…」、
又は「アミバ様のトキの演技がもの凄く上手かったら…」、
ということをジャンプを読みながら妄想する傀さんを描きました…。

ヒゲが生える前の爽やかトキ兄さんを描きたかったであります。
初めは、3枚目のイラストでオチをつけるつもりだったのですが、
トキの救世主の名を貶めている気がして申し訳なくなってきてしまったので…、
無理やり夢オチというか妄想オチに致しました…。
か、傀さんがこんなことを妄想しているなんていうのも申し訳ないかもしれませんが…orz
傀さんはコミックドンドコという漫画雑誌を読んでいるくらいだから、
きっとジャンプも読んでいるのではないのか…!っと考えました。
考えてみれば、むこうぶちの時代とジャンプ黄金期の時代は少なからず被っているような気がします。
そうなると…傀さんも『北斗の拳』を知ってるのかもしれないと思って嬉しくなってきました…w
傀さんはケンシロウと違って偽トキの正体を瞬時に見破っていそうです…。

中森明菜さんの『AL-MAUJ(アルマージ)』という、
自分自身の天使と悪魔の二面性を歌っている曲があるのですが、
こう、天使な部分と悪魔な部分を併せ持つような感じって、カッコイイな~っという風に思います。
もちろん漫画やフィクション上での話なのですが…。
そして傀さんは堕天使なんだそうです…。

カッコイイ決め台詞とは


chin.png


以前近麻の大喜利でやっていた、
傀さんのキメ台詞が御無礼じゃなかったら~というようなネタをやってみました…。
「儞已經死了」は中国語で「お前はもう死んでいる」という意味で、
ある意味御無礼に近いものがありそうな気配を感じています。
元ネタは、『蒼天の拳』にでてくるケンシロウのおじさんである霞拳志郎さんのカッコイイ決め台詞であります。
なんだか、傀さんが本当にこのセリフを言ったら…それだけで相手が爆発してしまいそうな気がしてしまいます。
傀さんはフィリピン語も喋れるみたいなので、中国語も達者なのではないかと考えます。
江崎さんが困惑していた劉さんと乾さんの謎の中国語会話も簡単に把握していたんだろうと思います…。

「儞已經死了」はどこが「もう」でどこが「お前」を意味しているのか等々全く理解できませんが、
この台詞のおかげで新しい中国語を覚えることが出来ました…。

今回は主に、むこうぶち10巻の傀さん(主に第80話『群れ』の扉絵)を見ながら描かせて頂きました。
なかなか本物のあの凄みが出せません…。
『群れ』は「あちち」の須田さんが活躍するお話です。
この扉絵は個人的に単行本の中でも超カッコいい部類に入る傀さんだと感じています。
意味深なポージングや、影の入れ方などがミステリアスさを際立てていると思っています。







超硬派オナホール超硬派オナホール
(2011/08/26)
Tamatoys

商品詳細を見る


話がそれますが、これはひどい・゚・(つД`)・゚・っとなきそうになるような商品が2chで紹介されていました…。
そのスレが『ラオウの×××が発売されている』というような見出しだったので、
てっきり以前発売されていた避妊具的なものに続いて公式でこの、これが発売されたのかと思ってビックリしたのですが、
見事にパチモンだったので安心してしまいました…。
ただどれほどの性能なのかなかなか気になってしまいます。

アッー!



sensei.png

deku1.png




…アミバ先生に激しい台詞を言われて驚いている名も無き木人形(デク)のおじさんを描きました…。
木人形のおじさんまで気が回らず、相変わらずの手抜きになってしまいました。

アミバ先生を描く時、狂気的な残酷的な冷酷な感じを目指したのですが、ただウザいだけになった気がします…。
アミバ先生の、む、胸板や腕の筋肉はパチンコ雑誌のCGのアミバ先生を参考にしました。
北斗のキャラを描く時、いつもアゴの細さというか顔自体の細さや顔の縦長具合に苦しみます。
バランスが上手く取れないのであります…。
今回なんとなく掴んだコツのような感覚は、アゴは片手で超やんわりと包み込める程度の細さをイメージする…といったことです…。

このアミバ先生の台詞は、アミバ先生が北斗の拳6巻にてアミバ先生のクリニックを訪れたおじさんに言い放った台詞です。
なんという残酷な台詞だろう…っと思うのですが、大好きな台詞であります…。
変な話なのですが、この台詞を見たり聞いたりすると、生きる気力が湧いてくると言うか…、奮い立たされるものがあります。
現に、アミバ先生はこの言葉を木人形に言い放つことによって「死にたくない」とい執念を発揮させていました…。
なんというか、なんというんでしょう、
中二病的ですが、この台詞やアミバ先生を見ていると、
自分自身や自分自身の日常を壊してくれる(かのような感じを受ける)っというか…、
なんというか、開放的な気分にさせてくれる…という感じを受けます。
それがなんとも、癒されるというか和むというか不思議な感覚になります。

経営の理論で、長年に渡って運営してきた大手の会社が、
売り上げの伸び悩みを感じ、
長年培われてきた経営方針を一気に破壊し、新たにまた一から創造することでその危機を脱するというのがあった気がします。
あんまり関係ないのですが…、なんかこう、破壊って大事なんだなぁなんて思ったりします。
そういえば、麻雀破壊神傀という神様がいたような気がします。
傀さんも御無礼して相手の何かしらを破壊することによって、
今まで気づかなかった新たな何かを気付かせる、というようなベリーインタレスティングなことをしているパターンもちらほら見られます。
そういう感じで…、傀様のその破壊活動に魅入られてファンになってしまう人々も多いのだと思います。
その一人が及川少尉ということでしょうか…。

ヒャッハー!ここは通さねぇぜ!!



in199x.png


「ヒャッハー!!wwここは通さねぇぜwww」とモヒカン等に取り囲まれる傀さんを描きました…。
傀さんの運命やいかに。

傀さんが世紀末に降り立ったらどうなるのか…というパロディネタであります…。
傀さんは次元を超えてどこにでも存在するので世紀末にも普通にいるのではないかと考えた次第です…。
この世界では札束は紙切れ同然なのですが、傀さんはちゃっかり紙袋に常備していそうです。
この時代はとにかく水が貴重品となっているのですが、
傀さんは水を飲まなくても生きられそうなので…、世紀末を普通に生き抜いていけるのではないかと考えます。
暴力沙汰に巻き込まれたらどうなってしまうのかは想像つきません。
むこうぶち本編でも今の今までも暴力沙汰に巻き込まれたことはなかったので、
多分暴力そのものに合わないようにいつも上手いこと計算して回避しているのかもしれません。
今回のような場合があったとしたら、第三勢力がモヒカンをやっつけてくれると想定していそうなものであります。
なんらかの拳法を使いこなすアクロバディックな傀さんというのも見てみたいものですが…。

こ、今回の傀さんは人形的なものをイメージして描きました…。
どんな状況だろうとどんな相手と遭遇しようとも顔色ひとつ変えないような感じを出したかったであります。
モヒカンの髪型…というか毛がない部分の後頭部を描くのが難しかったです…。


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 16:54:11.82ID:eQ4cjETJ0
   トイレに行った北斗打ちの友達を驚かせてやろうと、ジュースを買ったついでにドアの近くで待ち伏せてやった。
   男女共用の個室トイレだ。
   ガチャリ。一瞬のタイミングを逃さず、奴の前に飛び出す俺。

   「ヒャッハー!! ここは……」←かなりの熱演。若干白目。

   出てきたのはちっちゃなオッサンだった。
   「通さ……ねぇ……」←スゥ~っと血の気が引いていく。

   余りメダルもそこそこに、俺は家に帰り布団にくるまった。
   あの怯えきったオッサンの目は一生忘れられそうにない……。



そういえば、こんなコピペがありました…。
自分が見知らぬ人にもしやられたら思わず笑ってしまいそうです…。

理想の兄キャラとは



airi.png


北斗の拳の南斗水鳥拳のレイの妹、アイリちゃんを描きました。
デッサン等違和感がありまくりなのですがどう直したらよいかわかりません…orz。
アイリの髪の色はアニメだとピンクで、北斗無双だと金髪で、パチンコ版や劇場版だと水色なのですが、
金髪だと同じ金髪ロングのシンと被るし、兄のレイと同系色なのがバッチグーということで水色系にしました。
レイの妹というだけでどれだけ美しいのかわかってしまうようなキャラだと思います。

北斗の拳を読んでいて、
アイリィイイイイイイイイイイイ!!!っとなってしまったので描いてみました…。
北斗の拳の女性キャラの中でもアイリが特に好きです。
妹キャラ…、というか兄妹設定が好きで…、レイとアイリのやり取りが好きでたまりません。

アイリは、結婚式の前日、兄レイの留守中に目の前で婚約者と両親を殺され、
自身は奴隷として捕らわれて数々の男達に売り渡され、
やがて絶望の中で現実を直視したくないあまりに目に劇薬を被ってしまうような可哀想なキャラであります…。
そんなアイリを必死になって探そうとするレイの姿というのがジーンときます。


   812:愛蔵版名無しさん[] 10/01/05(火) 13:47:23 ID:Quhfcs4y(1)
      レイがあげたチョコレートを兄妹の兄が
      チョコレートを割って、大きくなってしまった方を
      妹に渡すのを見たレイが兄を褒める所が一番名場面
   
   813 愛蔵版名無しさん[sage] 10/01/05(火) 13:58:21 ID:???
      あれ、小さい方を妹に渡してたら
      兄ちゃんバラバラになってたんだろうか

http://read2ch.com/r/rcomic/1259505634/

このシーンも大好きです…。
妹を想う兄の気持ちというのは見ていると凄く微笑ましくなってきます。
こんなお兄ちゃんがいたらなぁ…っとならずにいられません…。

人形のように流されるまま生きる事しか出来なかったアイリが、
リンに励まされて一人で戦うように自立するシーンも名シーンだと思います。
それを見てレイが、
「もうおれに弱点はない。アイリはおれから離れた。自分の意志で生き、自分の意志で死んでいくだろう」っと言うところが…、
兄と妹という絆というものの昇華のように感じられて泣けます。
頼りっぱなしだった兄無しで、自分だけで生きていこうとする決意というのがただ美しいです。

あとやはり、レイが死ぬ時のシーンが泣けます…。
「アイリよ…先にゆく兄さんを許せ…」っとレイが死の直前にアイリの頭をなでるシーンや、
レイの死後に小屋の扉の下からレイの血が流れてくるのをみて、
アイリが声をあげて地面に泣き崩れるコマが……悲しくなってきます…。
このシーンがパチンコの予告で確定演出になっているのが良いです…。出した事無いですが…。

兄を亡くしたアイリは、その後マミヤさんの村で生活しているのが描かれていますが、
その後どうなったのか…、報われることはあったのかが描かれてなくてちょっと「ひょんげー」っとなってしまいます。
アイリの幸せなところがみたい、ということでアイリ外伝キボンヌ!というところです…。


■【北斗の拳】エロ全開のアイリ性奴隷外伝まだかよ
 http://cherio199.blog120.fc2.com/blog-entry-5858.html

こ、これは…。


数ある兄キャラの中でもレイみたいな優しいお兄さんが個人的に理想です…。
トキ兄さんみたいなお兄さんも良いですが、あんな完璧すぎる兄がいたら泣いちゃう!っとなってしまうかもです…。
北斗の拳は兄キャラが多いので、そういう意味でも面白い漫画であります…。
他作品だとシャアとセイラさんのやり取りも好きです。
「あの優しかったキャスバル兄さんが…」っと…、
名を変えて復讐の為に戦争に身を投じる兄を引きとめようとするセイラさんの姿とか…、
お前は木馬を降りろ、っと金塊を残して地球で穏やかに暮らすように仕向けるシャアの気持ちなど、
なんかこうすれ違っているところが切ないと思います…。
最終的にセイラさんが「兄は鬼子です」とまでなってしまったのがなんとも言えません。
あと、Zガンダムのカミーユとロザミィのやり取りも良いです…。
こっちはロザミィという強化人間がカミーユを兄だと思うように改造されている設定なのですが、
哀れな境遇と末路を迎えるのに無邪気なところを見せるロザミィの姿が切ないよう…となります…。
あとはマシンロボという作品のロム兄さんとレイナの兄妹や…、
幽白の飛影と雪菜とか、奥村助右衛門と加奈ちゃんとか、
ポルナレフとシェリー、ジャイアン様とジャイ子…、
あとはベタなところでカツオとワカメなど…、もうとにかく兄妹というのは良いと思います…。
兄キャラの中でも最悪だと思うのが戸愚呂(兄)かと思います…。
キャラとしては最悪ですが、兄としては…、弟の武器や盾になってあげたり優しいところもあったのかも知れませんが…。
ラディッツ…。

あああ、あと最高の兄キャラといえばキン肉マンのキン肉マンソルジャーことキン肉アタルさんだと思います。
牧師になって強盗を鎮圧させようとする冷静で的確な判断力、
それ以外にも弟スグルの前で勇敢な生き様を披露するところなど、男らしさを感じざるを得ません。

   {~タ-―=二、`ヾ、~l          なんという冷静で的確な判断力なんだ!!
 ,-r'"_,,........,__  ` -、 `i)                                           /|
 彡;:;:;:;:;/~_Z_ ̄`ー、_  `l、       ,.-=-.、.                           ,..ィ"~~~~~:::::ヽ
 7:;:;:;:;:/. `ー-ヲ t‐-、!`ヽi::r   ,:、 ,..ム.゚.,..゚..,.、l                         ,r'"::;;;_;;::::::::::__:::::::\
 ;:;:;:;:;/ /   ,.、 `!~|:::)::/   / :K"/ r:'" ,iii ~\         ,,...-,-、           /,.r''"     ヽ:::::::::::i!
 :;,;-〈 /  Fニニヽ | .|:::l:::ヽ   ラ-{ `"・ ・ ・ 。。 llL_/!      /-v"  `丶、       i"    ,.-。-ュ-.ヽ:::::::::;!
 '   fヽ  ヾ--"  l,/::/r'"  /`ー!: |~r-。、~`-、゚_  lソ     /  l      ` 、      i ,r・')、 |:`''''' " ヽヽ:::::::ヽ
   | ` 、___,..- '"|::::ゝ   /  l ノ i/`"'" ´゚-y' ./メ,      /  (・・)`丶、    '''ヽ     l :~ ヽ! ,..-、  ヾ;:::::::::|
   ヽ   /    レ"`‐.、_./  .レ /:; r-ニ、 K ./ 「    r''  //~~`''ーヾ'ー、   ノ     l   f'" '"~ノ  l |::::::::L
 ヽ        _,.-‐-―`ー"ヽ_l ヾ `ー'",.! | |_/     |  /、,,..-i'''t=ニ;ラ",l|`ゝr'     ヽ   ヽ-‐"  //'"二
  `,.-―'''''''''''<.,_     i"   l  ヽ....,,-" く__/     `ヽy:|`T"~、.,,__  `,i|ヾ |       ヽ、 ,.:-‐-'',/,.r‐''"
 '' "        l     i.   `   /    |,~`-、      | :i|  F‐'''"|  ! |ヽイ、_     ,..-‐f彡ゝ--‐"
           |     `: 、_         ノ   ヽ    ヽ'、  l!;;;;;;;/  / /:::::::`t''''丶、

若院長とは…






に、日光浴をするアミバ先生を描きました(´Д⊂ヽ
背景を描いた後、俯瞰の人物画を描く腕がない事に気付いてこんなポーズで断念しました…。
曙さんのAAをイメージしました。
もっとちゃんとカッコイイアミバ先生を描けるようにリベンジしたいものです。
背景はトキクリニックのベランダ(?)であります…。

アミバ先生がケンシロウにかけられた残悔積歩拳をなんとかうまいことやって解除できたとしたら…、
でも解除できたとしてもどのみちケンシロの策略で爆死する運命にあるのかもしれない…といった謎の妄想をきっかけに描こうと思った絵です…。
アミバ先生には死兆星が見えていたのだと思います…。
うわらばのシーンは、パチンコ等だとギャグ的になっていて笑ってしまいますが…、純粋に泣けるシーンだと思います…。

好きなキャラが物語の最中で死んでしまうというのはなかなか儚いものがあるように思います。
2ch等で、好きになるキャラのほとんどが死んでしまっているというような人もみたことがあります…。
個人的にZガンダムのエマ中尉が死ぬシーンが印象的です。
エマ中尉は主人公と同軍に所属するエースパイロットで厳しいお姉さん的な存在で、
子供心ながら、その死にいく姿というのが強烈に焼き付いた記憶があります。
エマ中尉を亡くして、最後に主人公のカミーユが精神崩壊してしまう展開は今思っても欝な展開だと思ってなりません…。
北斗もZガンダムもメインキャラのほとんどが死んでしまうのが涙なしには見れないと感じます。
最近ではま○か☆マギカのマミさんの死がインパクトあったと思います。(最近のはこれしか知りません…)
逆にキャラが死んだりしないのに泣ける漫画やアニメというのもあれば気になります。

不死身とは


幽白に登場する悪役、と、戸愚呂兄を描きました。
このキャラは、不死身でありつつどんなにダメージを受けてもすぐに再生したり、
指や腕が伸びたり臓器をあらゆる部分に移動させることができたりする能力を持っていて、
今回…その再生しているところを少々描いているので、ちょっとグロ注意です…。






toguroani.png


戸愚呂兄(妖怪)です…。
作中の暗黒武術会という大会において、
桑原という中学生(CV:千葉繁)と闘っている場面を取り上げた目論見です。
アニメ版を参考にしています。
背景は観客席になります…。


個人的にこう、戸愚呂兄のただ単に純粋な悪なところや、その万能な能力や、
その能力で弱い相手を執拗にいたぶって楽しんで手にかけるようなところが、
悪役としてイイ…っと感じており、
戸愚呂兄を見ているとなんだか爽快さを感じるのを感じます…。ドン引きモノかも知れませんがorz。
そんな風に思っているうちに、変な話ですが、最近夢に戸愚呂兄がでてくるようになってしまい、
それが3日も続いたので…w、さすがにどうにかしたいと思い、
なんかこう、戸愚呂兄が悪役らしく闘っているところを描いて気持ちを沈めよう、と思って絵に描きました…。
心のどこかで不死身になりたいという願望があるのかも知れません…(爆)。
絵が完成してくるに連れて、描ききった!っと感じた時、
その日の内にはもう戸愚呂兄は夢に出てこなくなりました…w。


戸愚呂兄は最初は圧倒的な力を持った大物の悪役として登場しますが、
絶好のチャンスと言うところで突然勝ち誇って人形劇を始めてしまったりなど、
段々と小物臭が漂ってくるようになってしまうキャラであります…。
最初は強そうなのに、突然弱くなってしまってパフォーマーになってしまうというところが、
北斗の拳のアミバ様のような悪役を彷彿させるものがあります。
こういった悪役は憎めなかったり、見ていて面白さを感じてしまうのが魅力だと思います…。
黙っていればイケメン(?)なのに、自己主張が強すぎたりして少し残念になってしまうのを感じます…。

その全く逆を貫いているのがむこうぶちの傀さんのように思います。
鳴かずアガらずで気配を最小限に留めながら、徐々に…そして土壇場で一気に仕掛けるというのがまさにハンターだと思います…。
今号のむこうぶちは特に、小物から大物になっていく切り替え(?)が良くになされていたように感じます。
今後、大物から小物になってしまう傀さんがでてこないことを願います…。

Top|Next »

HOME

矢尾板の麻雀・アニメブログ~目指せ鳳凰卓~//矢尾板様 喪ぐら//伊東様 蒼天遍歴//MOZ様 StarShip//オリオン様 はんちく荘//ぶぼ様

YRN

Author:YRN
趣味はひとり桃鉄、DX人生ゲーム2など。
好きな作品は北斗の拳 DB キン肉マン Zガンダム
ヤマジュン作品 初代ときメモ )等。
 

当ブログはリンクフリー・アンリンクフリーです。
  
何かございましたらこちらへ!
amii_k_r@yahoo.co.jp


-天気予報コム- -FC2-

生活習慣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。