スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10年目の御無礼


袴田さんがVシネマ版むこうぶちで傀を演じられてから早10年が経とうとしているとのことです。
早いですね...。信じられません...。

ちなみに今日は御無礼の日(5月20日)。

このブログももうすぐ10年目を迎えます...。

この10年間いろんなことがありました。

ニート学生として悶々と生活している中でむこうぶちに出会い、
傀さんへの憧れを募らせ社会復帰を試みた日々...。

今では社会人になって数年が経とうとしています。

しばらくむこうぶちと距離が離れておりましたが、
やはり当時を思い出すと懐かしくなります。

その際にもブログで色々な方々に励ましのお声を頂きました...。
このブログが本当に生き甲斐でした。
今でも忘れられません。
皆さんお元気だろうか...。

また細々と、
むこうぶちをはじめ、
ヤマジュン作品など好きな漫画について語っていきたいと思います。

誰得ww
スポンサーサイト

スピリッツソード





DB超についにベジットが登場しました…。
先週の予告からワクワクが止まらず、本編でどんな活躍をするのか楽しみで仕方なかったです。
改を除いたら何年ぶりの登場となるんだろうか…。

本編をみた感想は、

・合体前に1時間という制限時間が発覚
・合体直後の「よっしゃあ!!」や「これがベジットブルーだ!」という掛け声のファンサービスとカッコよさ
・ブウ編ではブウを挑発するためにあえて相手を煽るような出で立ちだったが、
 今回も暫しそういう光景がみられて懐かしくなった…
・スピリッツソードが出てきたのも嬉しかった。あれはベジットの技というイメージが強いので…。
・ファイナルかめはめ波といい、戦闘シーンの迫力がすごい…。
・制限時間が1時間とはいえ次週とまたがってベジットの活躍が展開されるのだと途中まで思っていた
・泣いてるザマスを見てドン引きするところがベジットらしい…。

パワーを使いすぎたという理由で途中で変身が解除……は悲しかったです…。
各話タイトルにベジットの名前がでてこなかったのはこういうことだったのか……。


やはりベジットの魅力はブウ編で見せた全キャラの頂点に君臨するほどの圧倒的な強さですよね…。
またカカロットとベジータの性格や戦闘スタイルが上手く融合して、
また新たな別人として誕生しているところが良いと思います。

変身時間が短かったので堪能しきれなかった感もありますが、
ファイナルかめはめ波直後の瞬間移動からの一撃もかっこよかった…。
原作のベジット登場シーンを読み直したくなりました。

未来トランクス編も佳境に入ってきていますが、
今後はまた新章に突入するのか気になるところです…。
復活のフリーザ→未来トランクス→…
と来たら、今度はブウ編のオマージュとなるのでしょうか。

サダハル




先日、TVでドラゴンボール復活のFを見ました!
映画館に見に行けなかったので初見の状態です。
感想は…。
フリーザ様復活の瞬間の盛り上がりがすごかったと思います。
きっと映画館でも湧いたんだろうなぁ…。

今までの映画作品と違って、強敵を前にして緊張感よりも安心感があって見れるものがあったと思います。
きっとビルス様たちが観戦していたからでしょう。
それもそれで違った感覚で見れて面白かったですね。

■ドラゴンボール【復活のF予想】
  http://manganikki.com/43/

でも、こちらの予想のようなフリーザ様がビルス様並みの実力を持ってしまう展開も
悪として蘇った宇宙の帝王感が感じられて見たかったのもあります(゜o゜;)


あと、今TV放映されているドラゴンボール超未来トランクス編がとても面白いです…。
ゴクウブラックという謎の存在…。
かつてのセル編のように未知の敵の正体に迫っていくサスペンス要素が引き込まれます。
ヒロインのマイちゃんも目が離せません。(一体何歳なのか)

また、セルが乗ってきたタイムマシンの伏線や、
未来トランクスがバビディ襲来をどう対処したのかが明かされたのも衝撃的でした。
未来にはバビディ達は来ないものだと思っていただけに…。
そもそもバビディはなんで地球を選んだんでしたっけ…また見なおさなければ…。

最新話ではザマスとブラック相手にカカロットとベジータでも刃が立たず、
地球に一旦避難するという展開にまでなったのが驚きました。
あっさりと決着がつくものかとおもいきや、
ここまで圧倒的に苦戦するというのも久しぶりな感じが致しました。
シリアス展開というか、緊張感が良いですね…。
トランクスのファイナルフラッシュが見れたのもよかった…。

また、未来と現在を行き来しながら戦うというのも斬新というか、
話がリンクしているのが面白いですね。
ザマスという、同情しにくくてこれはちょっと痛い目を見て欲しい思わせるほどの悪役というのも良いですね。
一体スパドラゴンボールでどんな願いを叶えたのか…。
ゴクウブラックとはどこから…。
毎回ワクワクが止まりません…!


あと、今週のキン肉マン…。
何がサダハルを変えたのか…。
少年時代の真弓とボテちんが報われない…。

モップ



■自らマスクをかち割り、モップを被ってバラクーダに変身するロビンマスク
 http://matome.naver.jp/odai/2130260904777189201/2130261377177231803


最近、ふとこのシーンが気になって仕方なくなりました。
最近トイレ掃除でモップを使用したのですが、
それだけにこの光景はどうなんだ!?という風な思いが強くなってしまいました…。

いやいや、凡人以上の意識の高さを持ち合わせた英国紳士だって、
そんなことは承知の上だったのだと思います。
それほどまでに自体は一刻の猶予を争っていたのでしょう…。
ウォーズマンがピンチでしたし!

そして今まで10年以上特に疑問に思わなかったのですが、
ソルジャーが牧師に変身するシーンでソルジャーが発していた、
「オヤジ、このペンキは黒だな?」
という台詞はなんだかちょっとだけおかしいことに気が付きました。
見れば分か…

そういうのもあって、アニメ版のソルジャーは同じ場面で
「ご主人、ペンキを少々拝借…」(うろ覚え)という紳士チックな発言に代わっていたのでしょう…。


連載中のキン肉マンはいよいよこれからネメシスとの闘いが始まる!というところですね…。
どちらも万全の状態でリングに臨んでいますから、真剣勝負というものが見られそうな予感です。
それだけに勝敗がわからないところであります…。
王道的展開でスグルの勝利となるのか、
何かまた刺客が現れるなどの超展開が起こるのか…。

おお



キン肉マン 第173話 闘うこととの闘い!!の巻
 http://bookstore.yahoo.co.jp/shoshi-624723/


ネプチューンマン…。
最初誰かと思ってしまいましたがあのボンバーで気付くべきだった…。
フェニックス戦で共闘してくれたネプが戻ってきてくれたかと思うと泣けてきます。
今回ネプとブーが現れた目的とは一体…。
ウォーズの励ましも虚しく逃げ出したスグル…。

サイコとシルバーの涙の退場も良かったです…。
思えばサイコは誰よりも始祖同士の絆を大事にしていた気がします…。
シルバーの部屋をあの日のままにしていたのもそういうことだったのかと…。


■『新テニスの王子様』最新話のギリシャ代表がどうみても中3じゃない件www
 http://seiyufan.livedoor.biz/archives/8411192.html

こ、これは…。

生着替え





こ、これは……。
どういった客層がターゲットなのだろうか?!


イチゴ味も出たら面白そうです。

なんと業界初のケンシロウ様生着替えリーチがあるらしいのがとても気になります…。
零(レイ)アタッカーは許されるのだろうか。

キン肉マン感想



キン肉マン 第168話 消えゆく者!!の巻
http://bookstore.yahoo.co.jp/free_magazine-136077/

これで長かった闘いも終焉を向かえるのだろうか…。
サンシャインも見事な泣き上戸を披露してくれたなぁと思っていると
まさかのサイコマンの細工を施していたという発言に驚かされ、
消えるのがサイコマン自身のみというのにさらに度肝を抜きました。
サイコマンのことだから何か企んでいそうなものと思っていましたが、
次回で潔く退場してしまうのでしょうか…。
サイコマンが良き悪役だっただけに退場が物悲しくなります。

このままトーナメントは引き続き続行という流れになるのでしょうか。
武道の閻魔としての戦いぶりをまだ見ていないし、
将軍様の激闘をもう一度拝みたいですしこの展開は有りだと思います。


■柿崎とは
http://dic.nicovideo.jp/a/%E6%9F%BF%E5%B4%8E

最近マクロス劇場版をみました…。
昔スパロボで見かけたくらいしか予備知識が無かったので、
よく死に際の台詞がネタになっている柿崎は壮絶な死を遂げた感動的な人物だと思っていたのですが、
全く違ったことに度肝を抜かれました。
あの一瞬で彼の人生が終わってしまうなんて…。

ミンメイが最後に歌うシーンが感動的でした。
セル画の美しさも合わさりミンメイが本当に可愛くみえて仕方がなかったです。
聖子さんや明菜さんがモデルとなっているらしいというのもあり、アイドル好きにはたまらないデザインだと思います。
三角関係を題材にしているのもあり未沙派、ミンメイ派と別れてることもあるそうですが、
劇場版だけを見るとミンメイ派ですね…。最後報われないのが可哀想になってきます(゜o゜;)
アイドルはその名の通り偶像崇拝的なものがあるので、誰かのものになっちゃいけないんでしょう…。

フォクトゥ無双







CR真・北斗無双の詳細です。
こ、これは…。

本機最強リーチがなんと、
4兄弟がリュウケンに命ぜられ力を合わせてアミバ様に捕らわれたユリアを助けるという内容となっています。
えええええ
シンならわかりますがなぜアミバ様なのかっ!というところが気になります。

とにかく全体的に4兄弟が仲良さそうであり、原作にはないパラレル感を楽しむ感じの機種なんだなというのが伝わってきます。
ジャギ様がガキ大将といいますか、ヤンチャな雰囲気を醸し出しているのが面白いです。
個人的にジャギといえば同情の余地がないほどに悪人なところがカッコイイものがあると思っていますが、
こういった愛嬌を振りまいている感じなジャギ様も面白いものがあるかもしれません。

スペック的には良台な予感が致しますが、評判がいかなるものとなるのか気になります。
あえて今までの北斗シリーズとは別物として作っている感が感じられます。
既存のファンが「これは別物だ!」と腹をくくれる感じに仕上げているような……。





郷原さん回の実写化と聞いて驚きました!
しかも郷原さん役がヒロシさんだというのが驚きです。
郷原さんが付け馬をしていた浅井さんの役回りを完全に及川さんが担っているところも意外性があります。
内容が気になるところです。


■キン肉マン 第159話 至福の時間!!の巻
 http://bookstore.yahoo.co.jp/shoshi-572801/

「あなたのその美しい寝技で攻められるのは
 私にとっては至福の時間 さぁもっとやりなさい」

今週のキン肉マンすごかったです…。
上のセリフを聞いてドン引きしているスグルの表情が見るたびに笑えてきます…w。
最初はシルバーが劣勢になってるから心配してる表情なのかと思ったのですが、
次ページでオカマラスがでてきたあたりでドン引いてるのだと確信しました…。
至福の時間ってそういうことだったのかー!
バッファローマンの冷静な切り返しのセリフもグッドです。

マグネットパワーが発動して劣勢になりつつあるシルバーマンでありますが、
マグネットパワーの本来のあり方を示してサイコさんを同様させそうな気がします。
来週の更新がないのがわびしいところです…。

ポポ







こ、これは…。
一体どんな感じになるのだろうか…。
牙大王がかっこいいです。
今回は盤面にちゃんと4兄弟がいるのがいいところ。
役物の中央を陣取っているフォックスらしき物は一体。
とにかく主題歌がかっこいいです…!
ああ、いつのまにかDD北斗&イチゴ味も終わってしまった…。
全話みましたが!、これで終わっちゃうのかーっというのが結構あります。


■キン肉マン 第155話 サイコマンの願い!!の巻
 http://bookstore.yahoo.co.jp/free_magazine-136077/

新年一発目のキン肉マンですが…、
今回はサイコマンさんが泣いちゃったところがくるものがありました。
純情な乙女のような素振りがなんともいえません…。
シルバーマンとスグルのやり取りもカッコイイので目を見張るものがあります。
次回でサイコマンご乱心とありますが、本当に一体どうなってしまうのか。



この間フジで4時間に渡って放映されていた事件特集番組が面白かったです。
所謂後味が悪いものもあったりで心にくるものがありました。

今回特集にはなかったですが、
事件のなかでもマインドコントロール系の事件が恐ろしいものがあると思います。
以前世界仰天ニュースでもマインドコントロールについて特集がやっていたのを覚えています。
それによると、コントロールされる側は最初は相手の虐待から逃げようとするものの、
虐待を繰り返されるうちに、いつでも逃げられる状態であってもその意欲や感情すらも失ってしまうのだそうです…。
他にも、自分が落ち込んで精神的に弱っている際に、
アドバイスや助言で自分を導いてくれるような相手がいた場合、
その相手に安心感を抱く延長でマインドコントロールにかかるということもあるのだそうです。
そういったコントロールから抜け出せず……というのはむごすぎるものがあります。

マインドコントロールで検索するとブラック的な企業という単語もでてきたり、
意外と知らず知らずに日々の生活でマインドコントロール的な状態になっていたりするのかもしれません。
なんだか恐ろしいです(・。・;)




ブロッケンは負け確定なのか?
シルバーマンはどっち側につくのか、または第三勢力となるのか
来週のキン肉マンが楽しみでなりません…


まどかオンラインがいつの間にか終わってました…。
オリジナルストーリーとかキャラメイキングとか楽しかったなぁ…。

最近ドラゴンボール超で悟空さたちがエプロンを来ていたり、
ピッコロさんがパンをあやしていたりする姿が映っていて驚きました。
Z時代よりも、キャラ達のコミカルな面が強調されてるなぁと思います。
これからはフリーザ様の活躍の場が広がりますし毎週楽しみです。

ピッコロさんがパンをあやすシーンは、
あたかも孫(まご)を可愛がるようなものを感じて心温まるものがありました。
可愛がっていた悟飯の子供となると、ピコさんにとっても特別なものがあるように思います。


今週のキン肉マン展開も目が離せません。
サイコマンvsブロッケンですが、意外にブロッケンに握力という長所があったことが驚きました。
血盟軍であんなトレーニングをしていたとは。
アシュラマンが行っていた6本腕で行う謎の懸垂(?)も気になるものがあります。
善戦しているように見えるブロッケンですが、
サイコマンはフリーザ様の声で再生されるものがありますし、
マグネットパワーやサンダーサーベルもありますし負ける図が浮かばないものもあります。
でもバッファやテリーが結果的に次々とオリジンを撃破しているのをみると、
ブロッケンもなんとかしてくれそうなようにも思います…。
でもここでブロッケンが勝つとなんだか悪魔六騎士のプラネットマンさんが浮かばれないような気もします。

モヒカン



■【画像】最もカリスマ性がある漫画・アニメ・ゲームの悪役決定戦wwwwwwwwwwwww
 http://news4vip.livedoor.biz/archives/52122593.html


最近こちらのスレッドが興味深かったです。
中でも幻想水滸伝Ⅱのルカ・ブライトの名前が挙がっていてうなずけるものがありました。
戦闘狂であり、命乞いをする人間をブタ呼ばわりするなど、
清々しいまでに悪を貫いてる姿というのが印象的なものがあります。
彼にも悪に染まった暗い過去があるわけですが、
それをアピールして同情をさそうこともなく、
最期まで「おれが想うまま、おれが望むまま邪悪であったぞ!」っと、
その意志をブレずに貫いているところがかっこいいものがあります。
そういえばハート様をブタ呼ばわりする主人公もいた気がします…。

他にカリスマ性のある悪役といえば、
パッとフリーザ様はキン肉マンの悪魔将軍様が思い浮かびます。
作中で部下からも信頼が厚くありつつ、
読者からも人気がある悪役キャラこそカリスマ性が感じられるように思います。

逆に、カリスマ性のかけらもなくヒャッハー!などと心のままに暮らしている北斗のモヒカン達も清々しいものがあります。
水や食料を略奪し、食べたい時に食べ、
強そうな人を探して部下として潜りこんだり、
世紀末の荒野で衣食住を堪能しきってる感じが面白いですw

レロレロ




■ジョジョの奇妙な冒険、第4部TVアニメ化決定

  http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1858013.html

おおっ
これは楽しみです…。
一体いつごろ放映されるのでしょうか!
3部の時のようにカットなしでやって欲しいものです。
吉良吉影が何色で登場するのか激しく気になります!

DD北斗+イチゴ味3話視聴しました。
DD北斗はデビルリバースが可愛かったです。
3話は1話に比べてテンポがよくなっているように思います!
トキがゲスキャラと化しているのがもはや一般的になっている点がシュールです。
アミバ様が影のある雰囲気を醸しながらで一瞬登場したのが気になります。
白衣っぽい出で立ちでしたが何設定なんだろう( ゚д゚)

イチゴ味はやはり2分なのがもったいないですね…。
いつ終わっちゃうんだ!?という気持ちでみてしまいます。
声つきで本編では見られないサウザー様の陽気な姿が垣間見れるのが面白いです…!
円盤が売れたりしたら普通に2期とかで30分枠になって欲しいものです。。

ワイルドワイバーン



■マンガのビーダマンと現実との差wwwwwwwwwwwww
 http://damage0.com/articles/11705.html


漫画のスーパービーダマン面白かったなぁと懐かしくなりました…。
キャラクター達が純粋で、ひとつの物に皆で熱中する姿というのは見ていて熱くなるものがありました。
ビー玉と言えど様々な対戦方法が確立していたのもユニークでした。
ビー玉を撃ちあって時限爆弾を動かし、敵陣地で爆発させたら勝ちなどw

最近、9月にやっていたMステ10時間スペシャルのXJAPANの凄い演奏を見てから、Xに興味を持ち始めました。
hideさんのニュースなどでリアルタイムでも凄いグループなんだなぁというのは知っていたのですが、
どんなグループなのかを改めてwikiなどで調べているとその凄さを改めて実感します…。
今ではヒトカラで紅を歌うのがマイブームです…。

■X JAPANの「紅」が1位 上手く歌われても引くカラオケ曲ランキング

 http://news.livedoor.com/article/detail/10635798/

特に紅はここにもあるように、ヒトカラで歌ってこそ盛り上がる歌だと思っています…。
紅を歌うと本当すっきりするというかテンションがハイになります!一人でww
MステでのToshlさんの歌声が全く衰えていなくてそれがまた素晴らしかったです…。あんな風に歌ってみたい!


最近びっくりしたのは、
北斗のスロットやパチンコでほぼほぼ出演しているモヒカン雑魚の声優さんが、
しまじろうの空野とりっぴいでおなじみの山崎たくみさんだったということです。
あのモヒカン達は毎回特徴的な声だったので、一体どなたなんだろうと気になっていたのですが、
トリッピーだったのかと思うと衝撃的でした…。
モヒカンの声質がトリッピーのものに近いので、トリッピーが「ケ、ケンシロウ!?」と言っているのかと思うとシュールです。
他にも山崎さんといえば、すごいよマサルさんでたくみというキャラを演じられていたのが印象的です。

今回の新台のスロット北斗強敵、個人的には好きです!
わかりやすく、よりシンプルで遊びやすくなっているような気がします。
目押しできなくてもダイジョウブなところがいいですね…。
何よりケンシロウ様がもっとカッコよくなってるし、
衣装変えたりするカスタムのパスワード入力画面で入力をミスると
アミバ様が「間違えたかな?もう一度入力する必要がありそうだ」 と優しくフォローしてくれるのです!
前作の転生の章も好きなのですが、今回はアミバ様がちゃんと出てきてくれるのが嬉しいところです…。

というか!東京が11月からパチ・スロ共に等価禁止?になっちゃうようですね…。
どうなってしまうのか

フネが…

おお



噂によると北斗の拳イチゴ味は2分枠らしい…。
あのオープニングだけで尺がほぼ終わっちゃいそうな予感!

エルフェンリートみて○○おっきっき!





777townでついにCR聖戦士ダンバインが登場!
早速打ち込んでいますが、いつになったらオーラロードが開かれるのか…。
自分のオーラ力のなさに愕然とします…。


最近エルフェンリートという作品のwikiを読んでいて懐かしくなりました…。
一時期この記事のタイトルのようなフレーズが囁かれていたが、果たして…。

この作品で衝撃的だったのはやはりグロ描写というか、残酷な演出ですね…。
主人公となる女の子たちは、人間に危害を及ぼす人外という設定であり、
人間に捕獲され研究所で過酷な生活を強いられています。
最初は彼女達が持っている謎の能力の得体の知れなさが怖かったです。
アニメ冒頭で主人公が脱走する際に、警備兵たちが突然切り刻まれるシーンなどは衝撃的でした。

その彼女達は見えない手を所持しており、
それを用いて人を切ったりちぎったりしていることが明らかになっていきます。
それにしてもどうやって?と思っていたのですが、北斗の拳をみてからその謎が解決したように思います。
南斗聖拳みたいな感じか!と…。
それにしてもアニメ北斗は人が爆発したり千切りにされたりしまくっているのに、
あんまりグロテスクだなぁと思ったことがないんですよね…。
断末魔が面白すぎるからでしょうか…。

wikiによるとエルフェンは海外で絶大な人気があるらしいです。
確かに海外映画にありそうな設定が込められていると思います。
アニメは途中で終わってしまっているのが残念です。第二期もやればいいのに…。
この作品を見てからピンク髪の女の子にハマった気がします…。




■「デスノート」最終回14・1%で有終の美!中盤から右肩上がり
 http://news.2chblog.jp/archives/51857973.html


デスノドラマ全部みました…。
なんだかんだで毎週楽しみでした。

色々と辻褄が合わない点なども挙げられますが、
月と総一朗のやり取りが原作よりも掘り下げられていて、
一貫性があったのが面白いと思いました。
最初に月がデスノートを使ったきっかけが総一朗を救おうとしたからっというのが、
終盤まで重要なファクターとして語られているのも良かったと思います。

でもやっぱり原作とは別物っていう感触といいますか、
まぁ最初から別物なんですが…、
番外編的な感じで楽しむ感覚があります。
ただ、魅上が本人かと思うほどハマリ役だったと思います。

気になるのは2016年に公開されるという映画版です。
夜神月復活や、6人のキラ、コンソメ味、真第二のキラなど気になるワードばかりです…。
キャストはやはり以前の映画版のキャストをそのまま踏襲するのでしょうか。
藤原さんの演技に期待です。

キン肉マン感想



ラ、ラーーメンマーーーーーン!!!!!!

パチ日記・終焉





貯玉9万発がなくなっただと…。

嗚呼、なんと3日間くらいで貯玉していた分が全部なくなりました…。

以前北斗拳王で出玉アリ29連をして貯玉がいい感じになったのですが、
その後、2000ハマリしました…。
その後もツキが来ず、600ハマリ→単発を数回繰り返し、貯玉がゼロに戻りました。
おいwww

トータルがプラマイ0になるか、
マイホの北斗が回らなくなるか、
貯玉が無くなるか、
で養分を辞めようと思っていたのですが、
ついにやめる時がきました…。
もう聖帝サウザー様及びトキに怯える日はなくなる…。

現金投資しようか迷いましたが、
「続くうちは先がある」というむこうぶちの佐野さんの台詞がフラッシュバックして、
これは佐野さんの二の舞いになるなと手が止まりました。

波が…荒すぎる…。
確かに続けるうちはまだ先があるのかもしれませんが…。
どうなんだろうww
例えばマックスタイプをひたすら打ち続ければ-100,000発を捲れるのだろうか。

もう実機で実験するしかない!
データランプが欲しいところです…。

闘将!ラーメンマン感想



■ キン肉マン 第140話 闘将!ラーメンマン!!の巻

  http://bookstore.yahoo.co.jp/shoshi-509661/


今回もすごいです…。
ラーメンマンファンにはたまらないなぁって思いました。
タイトルも素晴らしいです。

7人の悪魔超人編で救世主(メシア)が登場した時の救世主感といったらなかったのですが、
今回もそれを感じずにいられませんでした。
モンゴルマンがラーメンマンの中に対となって存在しているわけでもなく、
ラーメンマンの中に眠るメシア魂が蘇った感がよかったです…。うまく言えないですが…。
まさに、モンゴルマン時代も合わさり、ラーメンマンの今までの総決算を発揮してるんだなぁと思いました。
九龍城落地(ガウロンセンドロップ)もめっちゃかっこいい!
ラーメンマン負けないで!(´Д⊂

ケンシロウ様あん





■アニメ「北斗の拳 イチゴ味」天然気味のケンシロウ役は小西克幸に決定
  http://natalie.mu/comic/news/157615

おお…。
イチゴ味の新情報が明らかになってきました。
10月から深夜帯での放送となるようです。
何分枠かは明らかではないようですが、
DD北斗の拳2と合わせて放送されるというのが気になります。
DD北斗の二期を放映されるというのも驚きなものが有ります(゜o゜;)

イチゴ味の声優は、サウザー様以外は本家とは違うキャスティングのようですね…。
千葉さんはでるんでしょうか!?




【弾球黙示録カイジ3】心の怪物バトル - 弾球黙示録カイジ3攻略wiki

CRカイジ3で気になっていたことがあります。
ST中、カイジは一体なにと闘っているのだろうと…。
ぐぐってみるとその答えがわかりました。
カイジの脆弱な心がガーゴイルや死神のような怪物となってカイジに襲いかかり、
そういった者達と神拳勝舞しているという、そういうことだったようです…。
全部心のなかの出来事であれば、
原作に登場しない怪物達が登場しても確かに整合性はとれるのかもしれません。
そういうことだったのか…。






あと、こちらの動画で天翔百裂のレポートが紹介されていました。
演出がかなりトキメインで一新されていてすごいです…。
CR北斗拳王でトキのバトルモードは前作を継承したものだったのですが、
次作に新演出を持ち越していたというわけだったのですね…。
なによりトキが7図柄というのがイイです。
今の今まで7図柄といえばケンシロウ様だったのですが、
今回こそまさにトキが主役なんだなぁと感じさせられます。

CR北斗覇者からトキはバトルモードで選べるようになったわけですが、
それ以来、トキの無敵なイメージが個人的に薄くなりつつあります。
しかしこの天翔百裂なら多分トキが負ける演出ってそんなになさそうですし、
無敵で悪魔的で思わず仮病を感じさせるトキを堪能できるのだと思います。
CR拳王でバトルモードでアミバ様を選択するとトキは絶対的な悪魔となり代わりますが…。

養分日記



先日のパチンコ収支を載せたいと思います…。
飽きずにCR北斗6拳王を打ちました。

朝一から打ち始め、当たりもないまま16時を過ぎ、まさかの1200ハマリ…。
差玉は-25,000発にもなっており、こりゃ負けるなと思っていたその時、1217回転目で初当たりを引けました。
この当たりが出玉有り29連にまで伸び、差玉+20,000発にまで回復しました…。
ケンシロウ様が本当に強かった。途中でアミバ様が降臨したのですがレイばっかりが現れてくれて無双状態でした…。
最高ハマリと最高連を同時に経験した実践でした。
本当、1200ハマった時の心理状態っというのは恐ろしかったです…。低貸玉ですけども。
今度打ったらこんな風に取り戻すことは無理なんだろうなぁと思うと怖いものがありますが、
それでもまたちょっと打ちたいと思ってしまうのが恐ろしいところであります。
勝ちはしたものの、トータル収支はマイナスであります…。(((( ;゚д゚))))


■ハッカ油すごすぎワロタwwwwwwwww
 http://workingnews.blog117.fc2.com/blog-entry-8478.html

以前探偵ナイトスクープで、
お風呂にハッカ油を入れると夏場でありながら強烈な寒さに見舞われるという様がやっていました…。

自分も日頃の暑さ対策に薬局でハッカ油をかってみました。
手のひらで水に薄めつつ肌に直接ぬると、
結構ピリピリしますがそれでもそのまま屋外にでると暑さを感じない?!という不思議な感覚を感じることができます。
これはすごい!
持続性はないように思いますが、数時間おきに塗れば快適に日々を過ごせるように思いました…!うおお

シェルターとは







こ、これは…。
ひたすら神々しいものがあります。

以前でていた有情と違って、完全なるトキの主役機なのが見受けられます。
デカいおばあちゃんまででてきたり、原作をあますところなく映像化しているのが凝ってるように感じられます。
若トキやシェルターのおばちゃんなども出てきてもらいたいものです。

スペック的には初代の百裂に寄せてきているようですね。
初代は人気だったので、それくらいまた人気機種となって欲しいものです。

1:26に一瞬映るアミバ様やジャギ、シン、サウザー様の姿が気になります。
今回彼らはどのような出演を任されるのでしょうか。

個人的にST機は相性が悪いので打つのが怖いものがあります…。
確変機の確変中で普通に100などハマってしまうので…。

これのライトバージョンとして、CR北斗の拳6天才がでることを期待しちゃいます…。


スロットで今度でるという新台の北斗の拳強敵の方も気になります。
今度は北斗3兄弟が一丸となって雑魚達と戦う図が印象的でした。
ジャギ…。

っというか、2010年にでた剛掌からもはや5年が経っているんですね…。
今もこうして北斗シリーズが出続けているのが凄いですし、
ルパンやエヴァと違ってネタも限られているのに奮闘しているのに関心致します。
初めて剛掌をホールに見に行った時の感動は忘れられません…。

ポテチとは






■【新台】メーシー「CRミリオンゴッドライジング」前評判まとめ 導入前から潜伏ハイエナの話題ばっかりでワロタ
  http://slotpachil.com/archives/44814648.html


パチンコのゴッドが凄そうです。
当たると200回転の電サポなしだったりありだったりのSTに必ず突入し、
200回転以内の台は朝一以外潜伏が確定しており、ハイエナなる者達が多数現れるそうです。
潜伏時も200回転以内で約1/124.6 を引かなければならなかったり、難易度が高そうなものがあります。
その分爆発力が高いのが魅力だそうです。
自分が打ったら潜伏ループしちゃいそうで恐ろしいです(゜o゜;)


ドラマデスノート3話目を視聴しました…。
レイペンバーの倒し方や、ミサが途中で助けに入るところなど、展開が結構違うのが意外でした。
その分、月の天才的な引き出しの細工などが原作と同一なところが印象的でした(・。・;)
公式サイトにもありましたが、月はノートを手にすることによって隠れた天才性が引き出されてくる設定なのだそうです。
急激に天才になりすぎなような気もしますが、
火事場のクソ力といいますか、人は追い込まれてこそ真価を発揮するものなのかもしれません。

次回は月とLのテニス勝負がやるみたいで気になります…。
漫画版ではリュークがラインズマンの存在を知っていることに笑った記憶があります。

あとポテチのシーンも気になりますね…。
アニメ版では派手な表現が人気を呼びましたが、
実写で果たしてそれがどうなってしまうのか…。
ポテチといえば、「実はポテチも」とカイジが地下帝国でつまみにポテチを選出していたのが思い出されます。
ポテチという略語はもうきんぎょ注意報!という少女向けのアニメで初めて知ったのですが、
男たちがポテチという略語を用いるのはなんだかシュールに思えてなりません。

日記


DB超2話目、視聴しました。
感動したのはベジータが遊園地にきた理由が、
ブウ編でのあのトランクスとの稽古の途中にいった約束を守るためだったのが泣けてきました…。
20年越しの伏線回収だと思います。
まさに、あの続きがいま始まってるんだぁと思うと胸が熱くなってきます…。
今後もビルス様パートと修行パートが交互にくる感じになっていくのでしょうか。

伏線といえば、キン肉マンの方も凄いと思いました。
ここでタツノリがでてくるかーっと…。

新ドラマデスノ感想



おお…

ライトがドルヲタだという斬新な設定が面白いと思いました。
平凡な学生でアイドルにハマりそうな感じではない風貌な人物がドルヲタだというギャップがいいのかもしれません。
アイドルのミサミサが好きだからミサ一家を襲った強盗に制裁を与えたというのも説得性があるように思います。
お父さんも係長だったり、全体的に設定が一般家庭化?しているのが一般人ウケを狙っているのかもしれません…。

月が凡設定なため、果たしてデスノートを得てそもそもキラになりたがるのか気になるところではありましたが、
結構トントン拍子にキラを志すようになっていくのが意外に思います。

リンドLテイラーが普通に出てきたり、次回にはレイ・ペンバーが出てきたり、
設定が変わっていながらも原作をなぞっている部分が多く見受けられますが、
予想としては、こう、
ライトの動機や心情はやや変えつつも今後も原作通りの行動をとっていくような展開になりそうな予感がします。
ミサをハメて寿命を半分の半分にさせるところなんかはどうするんだろうとは思いますが…。

あと、Lは…。
設定的に天才vs凡人なため、
一般的にLが勝つ図しか浮かばないと考えられるものですがあ
その予想を裏切ってキラが勝つように仕向けられて欲しいなぁと思います…。


ドラゴンボール超の感想も一緒に述べたいと思います。
開幕直後にやはり、悟空さが働いてる!!!!というところが驚きでした…。
やればできるじゃないかと思いました。
ビーデルが皆口さんだったのが嬉しかったです…。
DBの日常回はやはり面白いです!
今後はビルス様編→復活のF編→新編と続くらしいですが、
再放送でもなく、また長編でDBアニメが見られるかとおもうとワクワクです。

イチゴ味とは





■「北斗の拳 イチゴ味」TVアニメ化、サウザー役はもちろん銀河万丈!
 http://grasoku.blomaga.jp/articles/40645.html



こ、これは…。
まさかアニメ化するとは思いませんでした…。

サウザー様役が銀河さんなのはとても嬉しいです。
他のキャラたちもアニメ版準拠になっているんでしょうか。
ッキャラデザや作画も昭和アニメ準拠だと嬉しいところです…。
果たして可能なのだろうか…。

DD北斗の拳は30分アニメというすごいものでしたが、
このイチゴ味、尺はどうなるのか気になります。
単発の話が多いので5分アニメになりそうではないかと予感しています。
30分アニメがみたいですが、一体どのようになるのか…w




ジョジョアニメ終わっちゃいましたね…。
金曜の夜、これから何を楽しみすればいいのかという喪失感があります…(・。・;)
OPが最終決戦仕様になっているのは本当に格好良かった…。
承太郎がDIOのザ・ワールドに気が付けるようになったという物語性が感じ取れます。

あと、承太郎の「終わったよ」という台詞が印象的でした。
原作だとジョセフか承太郎がいってるのかはっきりしないものがありましたが、
承太郎の台詞だったんだなぁと確認できました。
いつもオラついた口調であるのに、こういった部分で穏やかになるのがグッときます…。

4部の予告などがあるかと期待しましたが、どうなるんでしょう…。
絶対作られる予感しかしません…!





たてかべさん…。ご冥福をお祈りします…。
金曜日のジャイアンのガキ大将っぷり、
映画ジャイアンの頼もしさっぷりも、今でも脳裏に焼き付いています…。


オラオラ






■【悲報】悟空、新アニメでとうとう働く
 http://gahalog.2chblog.jp/archives/52335830.html



DB改の最新話見ました…。
最後の方ではDB超の予告もやっていてオラワクワクすっぞとなってしまいました。

今週の話はほぼ終盤で、ブウが元気玉で消滅するところでした。
原作にはなかった部分として、
元気玉を放つ力がない悟空をみて焦りを感じたベジータが、
サタンに地球人はどうせまたドラゴンボールで生き返るんだから命がけで元気よこすように説得しろ!とせかす場面が見受けられました。
それに対しサタンが、自分は地球人を見殺しにはできない…と苦悩して返答するところが良かったと思いました…。
思わずドラゴンボールでなんとでもなると考えているベジータや悟空の方が悪役に見えてくる場面でした(・。・;)

でもその経緯があって、ドラゴンボールにまだ3つ目の願いが残っていることに気付き、
それで悟空の気を元に戻すという展開なのがスムーズで面白いと思いました。

あと決着後に、デンデにブウを治してやってくれ!と頼むサタンが、
ベジータに怒られて「貴様も一緒に粉々にされたいか!」と脅されてもなおブウをかばおうとするところもジーンときました…。
ブウ編ってもうサタンがいないと成り立たないようなぁと思うものがありました…。

DB改は残り2話のようですが、
次回と次の次の回でオトコスキーなどが登場する天下一武道会を繰り広げて終わりとなるのでしょうか…。
新作はビルス様達もでてくるようですが、
映画に準拠したかたちでストーリーが進むのか、全くの新しい作品となるのか気になるものがあります。
やっぱり完全なる新作ストーリーが見たいところであります。

Top|Next »

HOME

矢尾板の麻雀・アニメブログ~目指せ鳳凰卓~//矢尾板様 喪ぐら//伊東様 蒼天遍歴//MOZ様 StarShip//オリオン様 はんちく荘//ぶぼ様

YRN

Author:YRN
趣味はひとり桃鉄、DX人生ゲーム2など。
好きな作品は北斗の拳 DB キン肉マン Zガンダム
ヤマジュン作品 初代ときメモ )等。
 

当ブログはリンクフリー・アンリンクフリーです。
  
何かございましたらこちらへ!
amii_k_r@yahoo.co.jp


-天気予報コム- -FC2-

生活習慣

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。